Pao@Officeバーコード4製品同時バージョンアップ~ ...|

Pao@Officeバーコード4製品同時バージョンアップ ~ [医療業界向けバーコード等、GS1-128を各産業向けに対応] [Barcode.Offce 英語版リリース] ~

有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠、以下 Pao@Office)は、以下のバーコード4製品を同時にバージョンアップし、2014年3月12日にリリースしました。

サービスイメージ1
サービスイメージ1

・.net開発環境下でのバーコード作成ツール「Barcode.net」(税込21,000円)
・java開発環境下でのバーコード作成ツール「Barcode.jar」(税込21,000円)
・php境下でのバーコード作成ツール「Barcode.php」(税込12,600円)
・Office製品(Excel / Word / Access)用バーコード作成ツール「Barcode.Office」(税込3,780円)


◆製品の詳細は各製品サイトをご覧ください。
Barcode.net (.net開発者向け)   : http://www.pao.ac/barcode.net/
Barcode.jar (java開発者向け)   : http://www.pao.ac/barcode.jar/
Barcode.php (php開発者向け)    : http://www.pao.ac/barcode.php/
Barcode.Office (Excel等Office向け): http://www.pao.ac/barcode_office/


【Pao@Officeのバーコード製品について】
Pao@Officeは、2002年10月より.NET用バーコード作成ライブラリ、2006年7月よりJava用バーコード作成ライブラリ、2010年11月よりExcelやWord用のバーコードツール、2011年3月よりPHP用バーコード作成ライブラリを販売しており、開発者向けバーコードツールにおいて開発・販売の実績を持ちます。

Pao@Officeのバーコード製品は、プログラム開発者だけでなくExcelを操作できるコンシューマ向けに低価格で販売し、多くのユーザに利用されています。


<Pao@Office バーコード製品の特長>
1.ランタイムライセンスフリー(無償)
「Barcode.Office」を除いては、開発ライセンスのみ販売しております。開発機1台に1ライセンスが必要になります。
運用時においては、サーバであろうが、各クライアントであろうが、ライセンス無償でご利用いただけます。

2.出力バーコードの読み取り精度が高い
単なるバーコードリーダでの検査でなく、RJSのレーザーインスペクターModel L2000というバーコード検査機にて細かくバーコードの精度を検査しております。それにより、他社の従来のバーコード作成ツールに比べても精密なバーコードを作成することが可能です。
プリンタによって線がにじみ、読み取り精度が悪くなる場合は、ドット単位でバーコードの線幅を微調整することができます。

3.バーコード生成が容易で使いやすい
わかりやすいインターフェイスになっております。マニュアルの使用例にも記述してある通り、2~3ステップのロジックでバーコードの出力を行うことができます。
シンプルでわかりやすく、機能的にも豊富なサンプルも付属しています。

4.軽い
バーコードフォント等と異なり、バーコード生成においてシステムに与える負荷は微小で、数MBのメモリ上で動作します。

5.汎用性がある
バーコードのアウトプットは、各言語のグラフィックオブジェクトまたは、バーコード画像ファイルです。皆様が作成されるアプリケーションから、様々な用途で利用することが可能になっております。
また、「Barcode.Office」の場合は、ActiveXコントロールか、画像データです。ActiveXコントロールを使用できれば、Office製品以外でもバーコードの出力が可能です。(ブラウザ等)


【今回のバージョンアップについて】

【1】GS1-128 各種(各産業)バーコード対応
対象:Barcode.net / Barcode.jar / Barcode.php / Barcode.Office

GS1-128は、旧UCC/EAN128という位置付けのバーコードです。
今回、EAN128クラスを単純に派生したGS1-128クラスを実装しました。下位互換のためEAN128クラスは残してあります。中身は同じです。

GS1-128(UCC/EAN128)において、AI(アプリケーション識別子)挿入時、これまでは必ずFNC1を挿入しておりました。
今回バージョンアップで「FNC1を挿入する・しない」の両方を可能に致しました。
この機能追加により、これまでの「コンビニバーコード(標準料金代理収納用バーコード)」に加え、下記のような各種GS1-128バーコードに正式対応いたしました。その他業種の全GS1-128に対応できているはずです。

・医療用医薬品のGS1-128
・医療機器のGS1-128
・食肉標準物流バーコード「基本バーコード」のGS1-128


具体的には、以下のように入力コードを指定していただきます。

・可変長項目(データブロック)の後のAIには、FNC1を挿入
 ⇒これまで通り“{FNC1}”を付ける。例:“{FNC1}21” のようにコードを指定
・固定長項目(データブロック)の後のAIには、固定長のため目印のFNC1は不要
 ⇒新しく追加した“{AI}”を付ける。例:“{AI}21” のようにコードを指定
  “{AI}”を指定してFNC1を挿入しない場合も、カッコ()付コード文字は出力されます。
  例えば入力コードに“{AI}21”を指定した場合、添え字には(21)と出力されます。

{FNC1}0104512345670016{AI}211
  ↓
(01)04512345670016(21)1 ⇒(01)の前にはFNC1が挿入され(21)の前には挿入されない。

※以前のバージョンでもGS1-128各種バーコードの出力自体は可能でした。ただし、お客様アプリケーション側でFNC1の挿入制御及び、添え字の描画を行っていただく必要がございました。今回の機能追加で、“{FNC1}”/“{AI}”の切替指定のみで自在に各種GS1-128バーコードを出力することができるようになりました。


【2】Barcode.Office 英語版リリース
かねてより、中国語や英語のニーズが多くございました。中国では、英語版でも構わないというニーズでもあったため、今回、「Barcode.Office」英語版を別ActiveXコントロールとして開発いたしました。
インストーラも別ですのでご注意ください。マニュアル・サンプルプログラムも英語で用意させていただいております。近日中に、英語製品サイトも公開させていただきます。


【3】Windows 8.1対応
対象:Barcode.net / Barcode.jar / Barcode.php / Barcode.Office

バーコード各製品をWindows 8.1に対応いたしました。Windows 8については、すでに対応済みです。また、「Barcode.net」は、Visual Studio 2013 / .NET Framework 4.5.1 に対応しました。


◆試用版
各製品サイトから試用版をダウンロードすることができます。
Barcode.net (.net開発者向け): http://www.pao.ac/barcode.net/#download
Barcode.jar (java開発者向け): http://www.pao.ac/barcode.jar/#download
Barcode.php (php開発者向け) : http://www.pao.ac/barcode.php/#download
Barcode.Office (Excel等Office向け): http://www.pao.ac/barcode_office/#download

※試用制限は、バーコードに「SAMPLE」と出力されます。
※試用版に、購入した製品ライセンスキーを入力すると、「SAMPLE」の試用制限が解除されます。


◆マニュアル
各製品サイトよりマニュアルを参照できます。
Barcode.net (.net開発者向け): http://www.pao.ac/barcode.net/file/Barcode.net.pdf
Barcode.jar (java開発者向け): http://www.pao.ac/barcode.jar/file/barcode.jar.pdf
Barcode.php (php開発者向け): http://www.pao.ac/barcode.php/file/Barcode.php.pdf
Barcode.Office (Excel等Office向け): http://www.pao.ac/barcode_office/file/Barcode.Office.pdf


<対応しているバーコード>
以下のバーコードの作成が可能です。
(1) JAN13(EAN13)
(2) JAN8(EAN8)
(3) ITF(インターリーブド2 of 5)
(4) Matrix 2 of 5
(5) NEC 2 of 5 (Coop 2 of 5)
(6) NW7(Codebar)
(7) Code39
(8) Code128
(9) GS1-128 (UCC/EAN128)
   - コンビニ向け標準料金代理収納用バーコード
   - 医療用 医薬品等のバーコード
   - 医療用 医療材料等のバーコード
   - 食肉標準物流バーコード「基本バーコード」
(10) 郵便カスタマバーコード
(11) QRコード


<製品価格>
Barcode.net  :1開発ライセンス 21,000円(税込)
Barcode.jar  :1開発ライセンス 21,000円(税込)
Barcode.php  :1開発ライセンス 12,600円(税込)
Barcode.Office:1開発ライセンス 3,780円(税込)

※1開発ライセンス=製品を使用して開発するパソコン1台
※ランタイムライセンスは無償
 「Barcode.Office」を除き、開発PCでない運用マシンでご利用いただく場合、ライセンスは無償です。

◆動作環境
・Barcode.net:
≪OS≫ XP/Vista/7/8/8.1/Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2/2013
≪.NET Framework≫ 2.0 / 3.0 / 3.5 / 4.0 / 4.5 / 4.5.1
≪Visual Studio≫ 2005 /2008 / 2010 / 2012 / 2013

・Barcode.jar:
JDK1.4 / JDK1.5 / JDK1.6 / JDK1.7 のいずれかが動作する環境
≪開発環境≫eclipse等がインストールされていれば、すぐにサンプルプログラムでお試しいただけます。

・Barcode.php:
PHP5以上が動作する環境 / GDが利用可能であるPHP環境

・Barcode.Office:
≪OS≫ XP/Vista/7/8/8.1/Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2/2013
≪Office≫ 2003 / 2007 / 2010 / 2012


【会社概要】
社名   : 有限会社パオ・アット・オフィス(Pao@Office)
設立日  : 2001年10月
資本金  : 350万円
代表者名 : 村井 誠
企業サイト: http://www.pao.ac/
社員数  : 10名
事業所  : 本社(千葉県習志野市谷津3-29-2-401)
       東京事務所(東京都港区新橋1-8-3 住友新橋ビル7F)
事業内容 :1.システム全般に関するコンサルタント(企画・立案)
      2.ソフトウエアの設計・製造・販売
      3.システム運用サポート
      4.ソフトウエア開発支援ツールの開発、および販売

会社(Pao@Office)のFacebookページ
http://www.facebook.com/pao.at.office

カテゴリ
商品
ジャンル
エンタープライズ-ソフトウェア

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「44078」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様

アクセスランキング