日本一高級な箱ティッシュ「十二単ティッシュ」、毎月80箱が完...

日本一高級な箱ティッシュ「十二単ティッシュ」、毎月80箱が完売  1箱1万円の超高品が売れ続ける理由は?開発の経緯や製造の苦労を紹介

ティッシュペーパーなどの紙製品を扱う大昭和紙工産業株式会社(本社:静岡県富士市、代表取締役社長兼COO:齋藤 重徳)が、2014年3月10日に発売した「十二単ティッシュ」は、1箱1万円(税込み)という日本一高価格な箱ティッシュですが、毎月80箱が完売となる売れ行きとなっています。

十二単ティッシュ 1
十二単ティッシュ 1

発売から2年近く経つ現在でも月におよそ80箱が安定して売れており、これは一般的なティッシュを5箱で250円と換算した場合、約16,000箱分に相当します。

「十二単ティッシュ」
http://www.daishowa-first.com/products/detail.php?product_id=35


■なぜ高価格でも売れ続けているのか?購入者の傾向は?
高級箱ティッシュが売れ続けている理由として、購入者の購買目的が挙げられます。自分で利用するために購入する人よりも、プレゼントや贈答品として購入する人の割合が多く、ほとんどの方がプレゼント購入だと考えられます。
人気の理由としては、“1万円”という価格のインパクトが消費者層の関心を引き付けていることや、高いデザイン性と1枚毎にめくる楽しみを感じられる十二単のモチーフにあると分析しています。
また購入者の傾向としては、男性54%、女性46%と男性の方が多く、職業別では主婦30%、経営者24%、年代別では20代22%、30代26%、40代24%、50代以上28%となっています。


■開発の経緯と製造工程での苦労
もともと2012年に日本が世界に誇る伝統工芸品の「七宝」をイメージした7色のカラーティッシュを発売し、その他にも「漆」をイメージした商品も開発し販売してきました。
そのノウハウを最大限に活かし、「日本人の美意識、繊細な色彩感覚を表現しているものは何か?」と思案した結果、思い浮かんだのが「十二単」でした。「七宝」「漆」という“物”のモチーフから、古の人々が日々楽しんでいたコーディネートの『かさねの色目』という“美的感覚”に着目をしました。

製造過程ではティッシュの染色作業が最も大変で、1色分のティッシュの原紙を作るのにも手作業で相当な労力が必要となります。別の色を染色する際には一度機械をまるごと洗浄しなくてはなりません。ティッシュを箱に詰める際もすべて手作業で行っているため、数量限定での生産となっています。


■今後の動向
大昭和紙工産業株式会社では、生活に欠かすことのできない紙製品を製造しています。
ティッシュといえば白が一般的ですが、「カラーティッシュを通じて、日常生活に彩りを広めたい」という想いから、2012年に7色の「七宝」ティッシュを発売し、より高級品として2014年に「十二単」を発売いたしました。
豊富なカラーバリエーションと手作業による箱詰めは大変な作業ですが、今後も消費者の日々の生活に彩りを加えるため、生産を続けていきます。
「厳選された“優しい”素材で、生活に彩りを」をテーマに、これからは日本の良い文化、良い商品を海外市場に広げていきたいと考えています。


<商品概要>
品名   :十二単ティッシュ
発売日  :2014年3月10日
販売価格 :1万円(税込)
枚数   :144組(288枚)

数量限定で主にネット販売、期間限定で大手百貨店にて販売
通販ページ:
http://www.daishowa-first.com/products/detail.php?product_id=35

十二単の鮮やかな色合いをイメージして製作しており、「桜、緋、蘇芳、
橘、菜の花、若緑、苗色、常磐緑、わすれな草、瑠璃、桔梗、藤」の
十二色のティッシュが特製箱に入った優雅なつくりになっています。


<会社概要>
会社名      : 大昭和紙工産業株式会社
代表者      : 代表取締役社長兼COO 齋藤 重徳
資本金      : 49,960万円
創業       : 昭和15(西暦1940)年11月20日
所在地      : 静岡県富士市依田橋61-1
従業員数     : 660名
事業内容     : 紙袋および紙加工品の製造ならびに売買 など
家庭紙部サイトURL: http://www.daishowa-first.com/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。