「今の子は旦那の子じゃない」恐ろしすぎる女性の浮気の実態を調...

「今の子は旦那の子じゃない」恐ろしすぎる女性の浮気の実態を調査!  77%の女性が浮気経験アリと回答

リベラシオン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:山田 秀平)が運営する女性向けメディア『コイスルカラダ』では、女性の浮気の実態について調査しました。今回はその結果についてご報告致します。

浮気をしたことがありますか?_グラフ
浮気をしたことがありますか?_グラフ

12月の『コイスルカラダ』特集テーマは「浮気」。そこで、20~40代の女性会員5,940人に「浮気したことがあるか」という主旨のアンケート調査を実施しました。その結果、実に77%が浮気の経験ありと回答。女性の本音が浮き彫りとなる結果となりました。

アンケート結果詳細
http://koisurukarada.com/new/special/cheating/4732/


■浮気をしたことがありますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/84635/img_84635_1.jpg
ある      :77%
ない      :12%
なんとも言えない:11%

なんと77%もの女性が「浮気をしたことがある」と回答しました。なぜ浮気をしてしまったのか、その理由を聞きました。

<コメント>
・「パートナーと性格や性癖が合わず倦怠期。そんな時に合う人と出逢い、浮気してしまいました。」(東京都・23歳)
・「パートナーと一時期うまくいかなくて、息抜きしたくて。」(奈良県・31歳)
・「私の事をずっと好きと言い続けていた彼の押しに負けました。」(富山県・36歳)

「寂しかった」「彼とうまくいっていなくて」という回答が目立ちました。女性の浮気は「寂しさ」が一番の原因のようです。


■具体的には何をしましたか?(複数回答可)
https://www.atpress.ne.jp/releases/84635/img_84635_2.jpg
カラダの関係     :75%
パートナーに秘密で会う:53%
キス         :47%
手を繋ぐ       :45%
その他        :16%

「浮気をする」ということは、ほとんどがカラダの関係になることを意味するようです。しかし、意外にもキスをしたのは半数以下。浮気相手にキスはしない!という浮気経験者の意外な守りが垣間見えました。そして回答者にもプラトニック派が意外と多かったです。

<コメント>
~プラトニック派~
・「相手にしてもらえなくて淋しくて、ご飯に行ったりした。」(福岡県・31歳)
・「たまたま彼と上手くいってなかった時に、元彼からメールが来て…食事に行って、帰りにキスしました。その時点で罪悪感があったから、それ以上には発展しませんでしたが…」(東京都・31歳)

~最後までしちゃう派~
・「男友達と飲んでいて、最後までしたことがある」(岡山県・24歳)
・「職場の先輩と飲み会の後にホテルに行った。お互い恋愛感情はなし」(福岡県・26歳)
・「今の子は旦那の子じゃない」(東京都・43歳)


■今後、浮気する可能性はありますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/84635/img_84635_3.jpg
ないと思う   :38%
あると思う   :34%
その時の状況次第:28%

「ないと思う」「あると思う」は僅差、「その時の状況次第」という回答も多いという結果になりました。「絶対にない」とは言い切れないのが浮気の怖いところです。

<コメント>
・「本気になっていないから浮気とは思っていない。バレなければいいと思う」(長野県・24歳)
・「良い条件の人が居れば乗り換えちゃうかも」(福岡県・37歳)


■アンケート調査について
方法:インターネット調査
期間:2015年10月
性別:女性
年代:20~46歳


【コイスルカラダとは】
恋愛やSEXについてよく分からないまま大人になってしまった女性のための、恋愛・SEXウェブマガジン。
セフレを好きになってしまった、別れた彼をずっと引きずって次の恋愛に進めない、今更セックスのやり方を誰にも聞けない、恋愛したいのに出会いがない…そんな、恋愛やセックス迷子の20~30代の女性をターゲットにし、最新情報をお届けするメディアです。

コイスルカラダwebサイト
http://koisurukarada.com/


■会社概要
商号 : リベラシオン株式会社
代表者: 代表取締役 山田 秀平
所在地: 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-16-6 モワビルB1
URL  : http://libelation.co.jp/

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。