日本初!浅草で“屋内キャンプ”ができる宿泊サービスが11月1...|

日本初!浅草で“屋内キャンプ”ができる宿泊サービスが11月18日スタート 
日本ブランド専門の登山用品店、アウトドア体験と観光拠点を同時に提供

 日本のインバウンド観光の活性化に向けた総合的な観光サービスの提供を目指す合同会社観光創造ラボ(代表社員:赤穂 雄磨、所在地:東京都台東区、以下「観光創造ラボ」)は、運営する実験的な観光体験推進施設“Japonica Lodge(ジャポニカロッジ)”にて11月18日より実験的な宿泊サービス「東京ベースキャンプゲストハウス」を開始することをお知らせいたします。

都会のど真ん中のロケーション
都会のど真ん中のロケーション

【東京ベースキャンプゲストハウスとは】
 「日本のアウトドアメーカーによる高品質な製品」と「アウトドアに興味ある旅行者」をつなぐ日本初の屋内キャンプ場型宿泊サービスの総称です。以下の3つの新しい特徴を備えたユニークな簡易宿泊サービスです。


【3つの新しい特徴】
1. 天候に左右されない屋内型アウトドア体験施設
 従来のゲストハウスと異なり、これからキャンプや山小屋泊を体験してみたいという方や日本の自然地域に興味をもって訪日された外国人旅行者の方向けにデザインされた、テントや寝袋を使用して宿泊いただくアウトドア体験推進施設です。施設は屋内のため天候に左右されずにご宿泊いただけます。宿泊料はJaponica Lodgeのホームページにてご参照いただけます。
サービス&料金紹介ページ: http://www.japonica-lodge.com/base-camp/

2. 手ぶらでOK:レンタル用アウトドア用品は全て日本ブランド
 宿泊料金には宿泊に必要なすべてのアウトドア用品(テント、寝袋、マットなど)のレンタル料金が含まれており、お客様は手ぶらでご来店いただけます。なお当社は日本のインバウンド観光に寄与することを目的としており、訪日旅行者への日本製品のプロモーションも兼ねたショールームとしての機能も重視しております。そのためレンタルでご提供するアウトドア用品は全て日本メーカーのものを使用しています。お客様が宿泊に試用する商品は、併設のアウトドア用品店で宿泊料を差し引いた特別価格で購入することができます。

3. 観光の拠点(ベースキャンプ)になるロケーションと設計
 従来のキャンプ場と異なり、各方面間のアクセスと観光名所に恵まれた東京、浅草の中心に位置しています。さらに併設のアウトドアショップや日本茶カフェでは地方の自然地域の情報を併せて発信しており、ここで情報や道具を集めて、目的地にスムーズにアクセスできるよう設計されています。すなわち単なる宿泊施設ではなく、観光活動のための拠点(ベース)として活用できる特徴を備えています。


【今後の展望】
 最終的には浅草だけではなく日本の地方部や自然地域に興味のあるお客様をスムーズに東京から送客できるように旅行業許可の取得を目指しています。


【観光創造ラボとは】
 “日本”のアンテナショップとして、日本茶カフェで「文化」を、伝統工芸品販売コーナーで「伝統」を、日本ブランド専門のアウトドア用品で「技術」を訴求する総合的な観光体験推進施設“Japonica Lodge”を浅草で運営しています。このたびの日本初の屋内キャンプ場型宿泊施設の付設に向けた内装改装費用の一部調達のため、グローバルプロジェクトとしてクラウドファンディングに挑戦中です!お得な特典を用意しておりますので以下アドレスよりご参照くださいませ。
当社プロジェクトページ(キックスターター):
https://www.kickstarter.com/projects/1564683715/tokyo-base-camp-project

<会社概要>
代表社員 : 赤穂 雄磨(あかほ ゆうま)
設立   : 2015年2月
資本金  : 800万円
事業内容 : Japonica Lodge
      (物品販売業、軽飲食業、宿泊業を行う店舗)の運営
WEBサイト: http://www.japonica-lodge.com/
Facebook : https://www.facebook.com/Japonicalodge/

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「81489」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報