クラウド型デジタル化サービス「BizIT(ビズイット)」 総...

クラウド型デジタル化サービス「BizIT(ビズイット)」  総務省「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」の委託先に採択

株式会社デジタルデザイン(本社:大阪市北区、代表取締役社長:寺井 和彦)は、平成26年度補正予算にて総務省が実施する「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」の委託先として、山形県高畠町を中心とする企業グループの共同提案が採択されました。

「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」(以下、本実証事業)とは、地方に整備したサテライトオフィス/テレワークセンターを拠点に、都市部の企業が人を派遣または移住させ、都市部の仕事を地方でも変わらずにできる「ふるさとテレワーク」の環境を構築し、地域の実情や企業のニーズに応じた有効なモデルを検証するものです。

当社は、本実証事業において、主要事業であるクラウド型デジタル化サービス「BizIT」を活用いたします。「BizIT」はクラウドを介して様々な企業システムやサービスと連携、接続を行い、手書きのドキュメントや名刺などの文字情報のデジタル変換を高精度で行うためのクラウドソーシング基盤であり、企業のデジタル化ニーズに応えることができます。
今回、このサービス基盤を利用し、その地域・環境に合った形の就労環境(システム)の準備や、高度な教育を必要とせずとも入力作業に従事することを可能にするために、必要なカスタマイズ開発を行い、その実証を山形県高畠町及びその周辺地域において行います。

又、今回の処理対象については、地元企業と連携し、その企業から発生する帳票類などを対象としておりますが、実証期間終了後については、クラウドソーシングの汎用的なサービスとして個人・企業・場所などを問わず広くデータの受け入れを行い、処理が可能なように広げていきます。


【業務提携等、ビジネスに関するお問い合わせ】
株式会社デジタルデザイン
担当 : 星川
Tel  : 03-5259-5300
URL  : http://www.d-d.co.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「71469」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報