UML技術者認定資格試験『OCUP2』日本語版 2015年3月25日より提供開始

株式会社デジタルデザイン(本社:大阪市北区、代表取締役社長:寺井 和彦)は、連結子会社である株式会社UML教育研究所が保有する認定試験につき、国際標準化団体OMG(Object Management Group、本部:アメリカ、以下 OMG)と共同で、2015年3月25日より、汎用モデリング言語であるUMLに基づく認定資格試験『OCUP2』(OMG Certified UML Professional 2(TM))日本語版の提供を開始します。

UMLは、50以上存在しているモデリング言語の中から1997年にOMGが認定したソフトウェア開発、モデリングの世界標準言語です。そのUMLに準拠した認定資格試験として『OCUP』を提供してまいりました。『OCUP』は、今日まで世界130か国以上で提供されており、日本国内では株式会社UML教育研究所がプログラムの運営と普及促進にあたり、数多くの資格者を輩出しています。
この度『OCUP』の後継試験として、UMLの最新仕様であるUML2.5に準拠した、新たな認定資格試験として『OCUP2』日本語版をリリースする運びとなり、日本語での受験が可能になります。
また、試験開始に合わせて受験料が割引になるキャンペーンを下記の通り開始いたします。


【OCUP2リリースキャンペーン】
・期間
2015年3月25日~8月25日

・新規受験者向け「スタートアップキャンペーン」
受験料 一律10%オフでの提供 20,000円→18,000円

・旧資格OCUP取得者向け「アップグレードキャンペーン」
受験料 30%オフでの提供   20,000円→14,000円

※受験の際は、受験料を前もってお支払いの上『受験チケット(バウチャー)』をご購入いただきます。キャンペーンにて購入頂ける受験チケット(バウチャー)の有効期限は発行日より半年間です。
※詳細URL: http://www.umlcert.org/


【認定資格試験プログラム『OCUP2』の構成】
1.ファウンデーション
OCUP2における基礎レベルとして、UMLで使われる用語や基本的なダイアグラムに関する知識、モデルの意味を理解する能力を認定します。
<<今回のリリースは、ファウンデーションのみといたします。>>

2.インターミディエイト(未リリース)
ファンダメンタルでは出題されないダイアグラムやUML2.5で新たに追加されたダイアグラムが扱われており、UMLに関する知識を完全なものとするにはインターミディエイトまで押さえる必要があります。

3.アドバンスド(未リリース)
クラス図、複合構造図、アクティビティ図、ステートマシン図などのダイアグラムに加え、OCL(オブジェクト制約言語)が主な出題範囲となっており、UMLモデルの変換といった応用的な利用方法をとる開発者、ツール開発者、アーキテクトに求められる、高度な内容となります。

・新OCUP2インターミディエイト&アドバンスド試験がリリースになるまでの暫定対応図
http://www.atpress.ne.jp/releases/57830/img_57830_2.jpg


【価格と試験配信開始日】
受験料  :20,000円
配信開始日:2015年3月25日

※本試験(OCUP2・ファウンデーション)提供開始にともない、旧試験(OCUP・ファンダメンタル)の提供は3月24日をもって終了となります。
※旧試験(OCUP)用受験チケット(バウチャー)については、新試験(OCUP2)でもご利用が可能です。


【会社概要】
商号  :株式会社デジタルデザイン <ジャスダック:4764>
所在地 :〒101-0048
     東京都千代田区神田司町2-9-2 ディーキューブビル4F
代表者 :代表取締役社長 寺井 和彦
設立  :1996年2月
資本金 :11億1,960万円
事業内容:圧縮転送ソフト「FastConnector」シリーズ製造販売
     画像配信、解析ソリューション製造販売
     OMG認定試験OCUP、OCEBの提供


【お問い合わせ先】
株式会社デジタルデザイン
Tel:03-5259-5300

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「57830」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報