“日本の食材×イタリア料理×日本酒”食の体験イベント「Jap...

“日本の食材×イタリア料理×日本酒”食の体験イベント 「Japan-Italy 食の和プロジェクト」7月9日・10日ミラノで開催!

~日本のトップシェフが “日本人による日本発のイタリア料理”をプレゼンテーション~

日本を代表するイタリア料理のトップシェフが、イタリア・ミラノで“日本人のつくりだす日本発のイタリア料理”をプレゼンテーションする食の体験イベント「Japan-Italy 食の和プロジェクト ~FOOD TASTING EXPERIENCE 2015~」を2015年7月9日(木)、10日(金)に開催します。

食の和プロジェクト_ロゴ/参画シェフ
食の和プロジェクト_ロゴ/参画シェフ

URL: http://www.foodexperience.jp/


5月1日に開幕したミラノ国際博覧会がテーマとしてフォーカスするのは“食”。2013年、和食が無形文化遺産に登録され、日本の料理、日本ならではの食材への注目が高まる中、日本を代表するイタリア料理のトップシェフが、ミラノを舞台に、独自のプロジェクト「Japan-Italy 食の和プロジェクト」を発足。日本の食材、四季の旬を楽しむ感性、和のおもてなしの心が盛り込まれた“日本人のつくりだす日本発のイタリア料理”「Japanese ITALIAN」を発信します。

本プロジェクトは“日本とイタリアの食材の和”“料理を通してつながる人と人との輪”“日本人のおもてなしの和の心を届ける食”の意味を込めて「食の和」と題し、“日本の食材×イタリア料理×日本酒”を披露する食の体験イベントを開催。
日本を代表する最高級牛“神戸ビーフ”をはじめとする日本の食材を、イタリア人の味覚を知る日本人シェフが、イタリア料理を通して、その美味しさをプレゼンテーション。また、料理の一皿一皿にペアリングした日本酒も楽しんでいただく趣向を予定しています。ミラノ中心部に位置する大聖堂(ドゥオモ)至近のリストランテとのコラボレーション実現により、イタリア人シェフも含めた4名のシェフの饗宴“食の和コース”を特別に考案、提供します。


【イベント概要】
◆イベント名称
「Japan-Italy 食の和プロジェクト~FOOD TASTING EXPERIENCE 2015~」

◆開催スケジュール
2015年7月9日(木)、7月10日(金)

◆開催場所
イタリア・ミラノ市内リストランテ「ASOLA」
※ミラノ国際博覧会の会場とは異なります。

◆参画シェフ
<日本>
片岡 護(アルポルト)
日高 良実(アクアパッツァ)
山根 大助(ポンテベッキオ)
<イタリア>
マッテオ・トレッタ(ASOLA)

◆協賛
鈴廣かまぼこ株式会社、エム・シーシー食品株式会社、香住鶴株式会社、
櫻正宗株式会社、末廣酒造株式会社、天寿酒造株式会社、株式会社山本本家、
ARS ITALICA CALVISIUS 他

◆特別協力
兵庫県
日清フーズ株式会社

◆後援
一般社団法人全日本・食学会


【参画シェフ プロフィール】
<片岡 護 / アルポルト(東京・西麻布)>
1948年、東京生まれ。1968年、日本領事館の総領事付き料理人としてミラノに渡り、その後イタリア国内の店で修業。5年後帰国し、南麻布「マリーエ」の料理長などを務め、1983年4月、西麻布「リストランテ アルポルト」を開店。店名はミラノ時代に修業した同店舗名のリストランテから許諾を得た。オーナーシェフとして独自のイタリア料理を展開。美しい仕上げは「一皿のアート」とも称され、幅広い客層に支持されている。テレビや雑誌、料理教室など多方面で活躍中。著書も多く、日本のイタリア料理界の草分け的存在。
http://www.alporto.jp/

<日高 良実 / アクアパッツァ(東京・広尾)>
1957年、神戸生まれ。調理学校卒業後、神戸のホテルでフランス料理のシェフを目指すが、1983年銀座の「リストランテ ハナダ」でイタリアンの魅力を感じ、渡伊。1986年から3年間で、「エノテカ・ピンキオーリ」「グアルティエーロ・マルケージ」「ダル・ペスカトーレ」などの名店を含め、北から南まで計14軒で修行。1989年 帰国後、「リストランテ山崎」の料理長に就任。その後、「アクアパッツァ」のオーナーシェフに。カジュアルにイタリア料理を楽しめる「アクアヴィーノ」なども展開。
http://www.acquapazza.co.jp/

<山根 大助 / ポンテベッキオ(大阪・北浜)>
1961年、大阪生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、渡伊。帰国後、大阪・北浜「リストランテ ポンテベッキオ」をオープンし、2002年、イタリアのレストランガイド「ガンベロロッソ」誌にて、日本のイタリアンレストランの中で最高点の評価を獲得。イタリアのヴェネト州で開かれた国内最大のワインイベントの正式晩餐会にて、国外のイタリアンレストランBEST5に選出。2004年、イタリア政府より「カヴァリエーレ章」を受賞。西梅田「モード ディ ポンテベッキオ」をはじめ、コンセプトの違う店舗を展開。
https://www.ponte-vecchio.co.jp/

<Matteo Torretta / ASOLA(イタリア・ミラノ)>
1980年、ミラノ生まれ。「Gualtiero Marchesi」で修業後、ミシュランの星獲得レストランのシェフ、Giancarlo Perbellini、Carlo Cracco、Antonino Cannavacciuoloに師事。2005年、スペイン・サンセバスチャンの星付き「Martin Berasategui」で学び、再びミラノに戻る。2008年、28歳で1867年創立のミラノを象徴する伝統的 レストラン「Savini Milano」の料理長として活躍。2011年、Grand Visconti Palaceの「Al V Piano」を経て、2014年「ASOLA」の料理長に就任。
http://asolaristorante.it/

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
フード・飲食
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。