KVHとCiena、商用環境下での400Gbps光伝送の実証実験に日本初の成功

アジアの情報デリバリー・プラットフォームを提供するKVH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:東瀬 エドワード、以下「KVH」)は、Ciena(本社:米国メリーランド州、代表取締役社長 兼 CEO:Gary B. Smith、以下「Ciena」)と共同で実施した400Gbps光伝送の商用環境下での実証実験に日本で初めて成功しました。当実証実験はKVHが東京・大阪間に展開しているバックボーン・ネットワーク上で実施され、日本市場におけるイーサネット技術のイノベーターとしてKVHの高い技術力を証明しました。
両社は、KVHが2013年3月に日本初の東京・大阪間100ギガビット・イーサネットをローンチした際と同機種であるCienaの6500 Packet-Optical Platformを利用し、2015年1月から2月にわたり実証実験を行いました。また、CienaのWaveLogic 3コヒーレント光学プロセッサーを実装した200Gbpsコヒーレント光トランスポンダー2セットを用い、KVHの東京ネットワーク・ノードから大阪ネットワーク・ノードまでの660km区間において、100ギガビットクラスの複数商用トラヒック(DP-QPSK)併走のもと、信号再生成することなく400Gbpsの伝送(デュアル・キャリアDP-16QAM)を実現しました。
KVH株式会社テクノロジー本部 執行役員、濱田義之は次のように述べています。「このたびの商用環境下での実験成功は、今後の光伝送技術発展にKVH、Cienaが貢献する貴重な機会であったと捉えています。東京・大阪間の高速ネットワーク接続実現はこれら主要都市の距離を事実上短縮し、大容量データ転送のさらなる促進へとつながると考えています。KVHはイーサネット・サービスの発展に向けて常にイノベーターであり、今回の実証実験成功はこれまでの実績をともなって、KVHが今日すでに400ギガビットのバックボーン・ネットワークを実運用可能であることを示したといえるでしょう。」
日本シエナコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長、久米博之は「私どもは、今回のKVH様の400Gフィールド・トライアルにCienaの最新鋭デジタル・コヒーレント光トランスポンダーを通じて参加させていただきましたことを大変光栄に感じております。」とコメントを寄せました。「デジタル・コヒーレント光技術の先駆者、そしてグローバル市場でのマーケットリーダーとして、今後も日本国内のネットワークサービスの大容量化、高品質化に貢献していきたいと考えております。」
なお、本実証実験に際する実験環境構築および検証作業については、ユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:入部 泰)による協力・支援のもと施行されました。

商用環境下での400Gbps光伝送の実証実験
商用環境下での400Gbps光伝送の実証実験

KVH について
KVHはアジア太平洋地域で事業展開するITサービス、データセンター・プロバイダーとして、クラウドとネットワークを統合したソリューションおよび業界最高クラスのサービスを提供すべく日本で設立されました。KVHは自社保有する通信インフラに通じ、お客様の重要なビジネス情報の配信、共有、処理、保管における課題をIT、クラウド、データセンター、マネージド・ネットワーク、プロフェッショナルの各種サービスで解決します。
Colt(ロンドン証券取引所:COLT)傘下であるKVHは、Coltの有する世界規模のネットワーク、ITサービス、データセンターを活用し、ヨーロッパ、アジア、米国における28ヶ国200以上の都市を接続し、47主要都市にてメトロポリタン・エリア・ネットワークを展開しています。Coltはヨーロッパにて22カ所のキャリア・ニュートラルなデータセンターを所有・運用し、KVHはアジア太平洋地域にて7カ所を運用しています。 詳しくはwww.KVHasia.comをご覧ください。

Cienaについて
Ciena(NYSE:CIEN)はネットワーク・スペシャリストです。当社は世界中のお客様と協力し、お客様のネットワークの潜在的な戦略能力を最大限に高めて、お客様の事業運営および他社との競合方法を根本から変革をサポートいたします。Cienaは、パケット、光ネットワーキング、分散ソフトウェアの自動化に関する豊富な専門知識を活かし、次世代のネットワークを構築するOPnアーキテクチャに沿ったソリューションを提供しています。Cienaは、ネットワークレベルのアプリケーションによって制御、適応が可能なスケーラビリティの高いプログラム可能なインフラストラクチャを実現し、統合された仮想環境でコンピューティング、ストレージ、ネットワークのリソースを調整するオープンなインターフェイスを提供します。
Cienaの最新ニュースについては、ツイッター(@Ciena)またはLinkedIn(http://www.linkedin.com/company/ciena)でCienaをフォローください。投資家の皆さまは、Cienaのウェブサイトにある「投資家」セクション(www.ciena.com/investors)をぜひご覧ください。定期的にプレスリリース、有価証券報告書、最近のニュース、財務結果、その他の発表を掲載しています。Cienaは、当社が使用しているその他の開示チャネルのほかに、このウェブサイトにのみ重要情報を掲載する場合があります。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「57613」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報