「Oishii JAPAN2014」10月16日、17日、18日開催  日本(32都道府県)から、過去最多、266団体がシンガポールに出展へ

 Oishii JAPAN実行委員会(事務局:OJ Events Pte Ltd内)は、農林水産省、JETRO、観光庁、JNTO、CLAIR、鹿児島県、栃木県、北海道、一般社団法人 日本食品機械工業会、在シンガポール日本国大使館、シンガポール政府観光局などの後援を受け、2014年10月16日(木)から18日(土)の3日間、シンガポール・サンテック国際会議場(サンテック)にて、日本食品見本市「Oishii JAPAN 2014」を開催いたします。

MAFFブース
MAFFブース

 今年で3回目を迎える本見品市には、過去最多となる日本(32都道府県)より266団体(※1)が一堂に会し、農林水産品・加工食品、飲料・酒・焼酎・泡盛、食品機械、調理器具、食器・包丁、食品素材を出展します。

 農林水産省では、「Oishii JAPAN 2014」において、被災地産品を中心とした日本食品輸出回復のためのプロモーションを目的に日本食・食文化の紹介ブースを出展するとともに、和食・日本産品の新しいニーズの発掘と開拓、また“和食のプロセス提案”に関するデモンストレーションを実施します。(※2)

 Oishii JAPAN 2014期間中は、東南アジアを中心としたシンガポール周辺国バイヤーを選定・招聘、Oishii JAPAN事務局にて出展者との商談アレンジを設定します。会場内には、ジャパンブランドの食品機械・調理ソリューション、関連製品に焦点を絞った「J-Food Techエリア」に加え、新たに製菓・菓子を訴求する「J-Sweets Collection」、別会場では一般消費者を対象に「J-Food Street」を開催します。
 従来海外で「日本食」といえば、“Sushi”(寿司)や“Tempura”(天ぷら)といった、高価な料理が主流でしたが、日本産米を使用した“おにぎり”や“寿司ブリトー”、日本食材を使用した“洋菓子”“スナック菓子”など、より身近な商材、メニューに評価・関心が広まっています。事務局では現地で事業展開する店舗との連携を通じて、日本の食文化の多様性を東南アジアに発信し、地域の中小企業等がもつ知恵や工夫を凝らした商品の海外展開を後押しします。

 またASEAN市場へ日本の食に関連する事業を展開・検討する食品メーカー・フードサービス・自治体へ支援していくサービスを、株式会社おいしいJAPAN(本社:東京都中央区 ※3)と協力して展開します。

【概要】
名称:Oishii JAPAN 2014
会期:2014年10月16日(木)・17日(金)・18日(土)
   10:00~17:30(18日(土)のみ11:00~17:00)
   ※16日(木)・17日(金)はビジネスデイ、18日(土)はパブリックデイ
会場:シンガポール・サンテック国際会議展示場
主催:Oishii JAPAN 実行委員会 (事務局:OJ Events Pte Ltd内)
後援:農林水産省、JETRO、観光庁、日本政府観光局、CLAIR、
   日本アセアンセンター、鹿児島県、栃木県、北海道、
   一般社団法人日本食品機械工業会、在シンガポール日本国大使館、
   シンガポール政府観光局

公式WEB: http://www.oishii-world.com


※1:「Oishii JAPAN 2014」への参加出展者の合計数。(2014年10月7日現在)
※2:農林水産省「平成26年度日本食・食文化の世界的普及プロジェクト事業 (被災地産品を中心とした日本食品輸出回復のためのプロモーション(シンガポールOishii JAPANにおける情報発信))
※3:株式会社おいしいJAPANは、シンガポールでの日本の食品・飲料に関連するマーケティング・調査事業を展開。

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
フード・飲食 経済(国際)
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「52413」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報