会議、教育、研修スタイルを革新する新世代のワイヤレスプレゼン...|

会議、教育、研修スタイルを革新する新世代のワイヤレスプレゼンシステム  McTiVia PRO.2(マックティビア・プロツー)を2014年10月21日に発売

エー・リンク株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役:小林 保雄)は、テレビやプロジェクターとPC、タブレット、スマートフォンなどをWi-Fi無線接続するMcTiVia PRO.2(マックティビア・プロツー、以下 プロツー)の販売を2014年10月21日より開始します。

会議風景
会議風景

現在販売中のMcTiViaシリーズ(McTiVia:主にB to C、McTiVia PRO:主にB to B)は、各種PCやモバイルなどの端末をTVモニターやプロジェクターに簡単に接続でき、画面転送できる他に、接続されたこれらの端末をTVモニターやプロジェクター側からマウスやキーボードにより、リモートコントロールできる製品として注目を集めてきました。


今回の「プロツー」はPRO(プロ)で不足していた機能を更に追加し、会議、教育、研修等での使い勝手を充実させました。
需要が年々拡大しており、当社では「プロツー」は向う2年間で5,000台、又既存製品も併せて10,000台の販売を予定しております。


1.「プロツー」の主な特長
複数OSが混在した環境でのワイヤレスプレゼンテーションを簡単に実現!

現在、会議や研修会などの現場ではタブレットやスマートフォンを使ってのプレゼンテーションも当り前の光景となりました。もちろん従来どおりパソコンを使ってのプレゼンテーションもまだ見られます。
新旧プレゼン機器の混在に伴い、会議システムそのものの見直しが必要となっています。
「プロツー」はこれらの課題に対し、複数のOSが混在した環境でのワイヤレスプレゼンテーションを簡単に実現する環境を提供するものです。


2.「プロツー」の主な機能及び仕様
(1) マルチOS対応
PC:Windows、Mac
iOS、Android対応

(2) 4分割画面投影
会議参加者の端末を4分割して表示することができ、グループの学習を可能にします。

(3) 司会者モード
会議参加者の端末の投影、投影中止、4分割画面の表示位置指定などの制御を司会者に集約できます。

(4) プラグアンドショ―
ソフトをインストールすることなく、USBドングルからセンダ―ソフトを起動。セミナーや勉強会では参加者のそれぞれの端末からスピーディーに投影ができます。

(5) HDMI、VGA出力対応
HDMI端子に加えVGA端子も追加し、古いプロジェクターなどにも対応可能になりました。

(6) 拡張画面
投影画面を拡張デスクトップとして表示でき、パワーポイントのプレゼンモードにも力を発揮します。


3.販売価格、時期
(1) メーカー希望小売価格 ¥43,800(税込¥47,304)
(2) 発売時期 2014年10月21日
(3) 商品についての紹介サイト http://www.alinkcorp.co.jp


4.販売元
エー・リンク株式会社
所在地: 〒182-0002 東京都調布市仙川町1-8-4 フェアリービラ202
資本金: 3,500万円
設立 : 2002年11月6日
代表 : 代表取締役 小林 保雄
URL  : http://www.alinkcorp.co.jp


<参考>
1.会議風景
http://www.atpress.ne.jp/releases/51527/img_51527_1.jpg
2.McTiVia PRO.2(マックティビア・プロツー)本体イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/51527/img_51527_2.jpg

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「51527」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報