パスロジ、数万ユーザにも対応した大規模向けモデル『PassL...

パスロジ、数万ユーザにも対応した大規模向けモデル 『PassLogicエンタープライズ・エディション』6月11日(水)出荷開始

~ 「Interop Tokyo 2014」6月11日(水)から13日(金)に出展 ~

パスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、同社が提供する国産のワンタイムパスワード「PassLogic(パスロジック)」の、大規模向けモデル『PassLogicエンタープライズ・エディション』を6月11日(水)より出荷開始いたします。

PassLogic方式について
PassLogic方式について

新製品『PassLogicエンタープライズ・エディション』は、従来の強固で使い勝手のよいPassLogic認証をそのままに、大規模システム向けに刷新したエディションであり、すでに数社から案件の引き合いをいただいております。
数千・数万ユーザを超える規模の管理性を向上させるとともに、災害対策や可用性向上のための高度な信頼性設計を容易に構築可能とするなど、標準版のPassLogicでは他製品との組み合わせで対応していた機能要件にもPassLogic単体でご提案できるようになります。

また、今後のアップデートで、すでに発表済みのスマートフォンアプリ「Passlogyトークン」にも対応する予定です。これによりさらに高セキュアな2要素2経路の認証が可能になります。また今後、「Passlogyトークン」との組み合わせでフィッシング詐欺、MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃対策にも対応範囲を広げることで、従来のエンタープライズ・ソリューション市場に加えて、金融サービス市場も視野に入れ仕様を拡張していく方針です。

「Passlogyトークン」URL
http://www.passlogy.com/passlogytoken

『PassLogicエンタープライズ・エディション』はソフトウェア提供となり、ライセンスは500ID版(¥2,760,000)から購入可能です。詳細な価格やライセンス体系は、『PassLogicエンタープライズ・エディション』の価格表にてご確認ください。

価格表ダウンロードURL
http://www.passlogy.com/cp/inquiryForm.php


■『PassLogicエンタープライズ・エディション』動作環境
サーバOS  :Red Hat Enterprise Linux 6.1以降 x86_64
ウェブサーバ:Apache

なお、20ユーザ版からご購入いただける標準版のPassLogicについては、今後も開発・販売・サポートを継続いたします。

今回発表した『PassLogicエンタープライズ・エディション』は、6月11日から幕張メッセで開催される「Interop Tokyo」において、Interopパビリオンブース内で展示いたします。


■「Interop Tokyo 2014」
会期   :2014年6月11日(水)~13日(金)
      10:00~18:00(11日[水]は10:30開始、13日[金]は17:00終了)
会場   :幕張メッセ
主催   :Interop Tokyo 実行委員会
出展ブース:Interopパビリオンブース


■「PassLogic(パスロジック)認証」概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/47061/img_47061_1.png
ブラウザ上に表示される乱数表の中から、各ユーザに設定されている“位置”および“順番”(この部分が認証情報)から数字を抽出してパスワードを生成します。マトリクス型の乱数表を取得するたびに表内の数字が変わるため、パスワードとすべき数字も毎回変わり、ワンタイムパスワードとなります。(米国特許第6141751号、日本国特許第5276658号)

乱数表を見ても他者にはワンタイムパスワードがわかりませんので、従来のワンタイムパスワードそのものを表示する製品とは異なり、トークンやデバイスを紛失・盗難・借用された場合でも安全です。この安全性と使用感、管理性などが評価され、リモートアクセスを重視される企業を中心に92万超の利用者がおります。


■パスロジ株式会社 概要
住所     : 東京都千代田区神田小川町3-26-8
設立     : 2000年2月24日
資本金    : 1億円
代表取締役社長: 小川 秀治
URL      : http://www.passlogy.com/
主要製品   : PassLogic


※特許発明に係わるサービス・製品を正当な権限なく実施すること(第三者から購入してエンドユーザとして利用する場合や、自社開発により実施する場合も含む)は、特許権侵害となります。(パスロジの正規ライセンスを受けたサービス・製品には、パンフレット等にパスロジのライセンス表示が付されています。)

※2014年6月現在、パスロジは、他社製品に対し、特許ライセンスを実施しておりません。(クラウド等のサービスを除く)

※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。記載されている商品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報