動画で「教えたい」と「学びたい」をつなげ、日本の学びのスタイ...

動画で「教えたい」と「学びたい」をつなげ、日本の学びのスタイルを変える。 日本初の双方向eラーニングサービスmanebiを提供開始。

株式会社manebi [マネビ](東京都江東区 代表取締役:田島 智也 以下、manebi)が、オープンプラットフォーム型双方向eラーニングサービスmanebi(URL:http://manebi.jp/)を、2013年11月5日より提供開始いたします。

manebiトップ画面
manebiトップ画面

■manebiについて(URL:http://manebi.jp/
 manebiは、誰もが自分の知識を投稿することで『先生』になれ、また見る側の『生徒』は自分の興味関心に応じたコースを閲覧することでその知識が得られる、『教えたい』と『学びたい』をつなぐオープンプラットフォーム型双方向eラーニングサービスです。
 manebiは「“自立”という幸せを追求する」をテーマとし、その“自立”の実現を「自己決定」「自己能力の活用」「社会参加」と定義し、それを実現し、「あなたらしい人生の答え」と出会うためのプラットフォームとして生まれました。
これまでのWebサイト提供型eラーニングサービスでは、一部のプロや専門家のみの参加や、オフラインの講義、リアルでの学校組織などを基点とするものが多く、教える側も、学ぶ側も限定されるサービスがほとんどでした。
 manebiでは専門家やプロ、企業はもちろん、一般消費者だれもが自己の意思により先生として参加ができ、コースの有償提供をすることで収益を得ることができ、新しいワークライフを実現できます。 
また、生徒は動画形式でのeラーニングを受講後、必要に応じて疑問点やより深い内容を先生とのオンライン面談によるマンツーマンレッスンで学ぶことができるため効率的に学習を進めることができます。先生は生徒からのフィードバックを受け、より質の高いカリキュラムを作り続けることが可能です。
 manebiは日本でもっともオープンで、多彩な知が行き交う双方向eラーニングサービスのスタンダードとなることを目指して参ります。


■manebiの特徴

●自分の知識を手軽にお金にできる
・会員登録をすることで、だれもが先生として自分の知識を伝える「コース」を作成できます。コースは動画やテキスト、Q&Aなどを組み合わせた複数のチャプターから自由に構成できます。登録費用は無料です。
・コースは自分の決めた値段設定で有償提供することができ、販売金額の70%を自らの収入として得ることが可能です。
・コース料金は1,000円から50,000円程度を想定しています。(先生による自主設定となります。)
・学ぶ側は、manebi内で独自のポイントを購入し、受講コースに応じたポイントを消化することで有償コースを受講できます。決済は「銀行振込」と「クレジットカード決済」に対応しています。


●使いやすく、教える側と学ぶ側の「双方向性」に配慮した機能
・manebiは教える側も、学ぶ側もカンタンで使いやすいサービスを目指して機能を提供しています。
1.学びの双方向コミュニケーション機能:
・各コースで動画を介したラーニングを行なった後、Skypeを用いた先生への個別レッスンやQ&Aなどのシームレスなラーニング機能を提供しています。
2.マルチデバイス&ソーシャルログイン対応:
・PC / スマートフォン / 各種タブレットに対応し、いつでもどこでも学びを得ることが可能です。
・FacebookやTwitterのアカウントを使ってカンタンに登録・ログインが可能です。
3.コース作成機能:
・教える側は、1つのコースをたった5ステップ10分程度で作成することができます。
・また、作成した複数のコースやその売上情報に関する多彩な管理機能を利用できます。
4.コース監視検閲:
・コースの公開には事前監視承認制を採用しており、独自のポリシーによって公序良俗に配慮したコンテンツの検閲を行なっております。また、「子どもから大人まで、安心して利用できるサービス」を目指し、年齢制限に応じたコース利用の仕組みも今後導入する予定です。
5.企業向けシステムOEM:
・企業内での知識の共有、社内研修等への利用に対応するため、企業向けOEMサービスの提供も行います。

●カテゴリにとらわれない多彩な知を流通する
・manebiでは特定のテーマに絞ることなく、あらゆるカテゴリのコース提供を推奨します。
開始時では以下のカテゴリを設定し、先生を募集いたしますがご要望に応じて順次拡張してまいります。

<初期提供カテゴリ>
「IT・パソコン・スマホ・ビジネス」「教育・受験」「資格・検定試験」「スポーツ・健康・美容・ファッション」
「趣味・旅行・占い・ペット・音楽」「料理・お酒・お菓子・グルメ」「出産・育児・結婚・就職」「住宅・お金」

■提供コース
スタート時には主に「IT・パソコン・スマホ・ビジネス」のカテゴリを中心に約30のコースを提供しています。

(1):『「日本一の研修」とメガバンク、大手商社から認められたExcelを間違って覚えないための最初の一歩【Excel初級】』 by ビジネスITアカデミー
http://manebi.jp/ja/course-view-details/62) 10,500円

メガバンク、大手商社に「日本一の研修だ」と認められているExcelコースの決定版です。本コース受講後に現場で即活用できる、オリジナルテキスト、サンプル、成果物付。manebiでは従来型の集合研修に比べ、営業費用、開催費用等とコストを削減できるため、通常価格の70%OFFでのご提供が実現できました。


(2):『大道芸人が贈る人気バルーン・アート講座』  by バスカー・ディンゴ
http://manebi.jp/ja/course-view-details/90) 780円

子どもから大人まで幅広い世代に人気のバルーン・アートを手軽に自宅で習得出来るコースです。魔法のように、風船が動物やお花、不思議な装飾品に早変わりします。人気大道芸人が豊富なスキルを独自のスタイルで伝えます。子ども会やクリスマスパーティであなたも子どもの人気者に。「相手も自分も、あの頃のトキメキが蘇る」そんな不思議な体験をバルーン・アートを通じて感じることができます。


(3):『信託を活用した最新の相続・贈与対策』  by ビズアップ
http://manebi.jp/ja/course-view-details/93) 7,980円

これまでにない、新しい財産管理の手法として注目される信託ですが、まだ広く 普及しているとは言い難い状況です。しかしながら、資産家の様々な ニーズに 応えることのできるツールであるため、今後は資産家の方にとっても必須の知識 であると言えます。このコースでは、相続・贈与のシーンにおける信託の具体的な活用法について、最新の事例を紹介します。


■企業・団体とのパートナーシップ
manebiでは主旨に賛同いただいた様々な企業・団体と取り組みを行なって参ります。

●クラウドソーシングサイト『シュフティ』( http://www.shufti.jp/ )
・仕事を発注したい人(クライアント)と仕事を受注したい人(ワーカー)をマッチングするかんたんお仕事のクラウドソーシングサイト「シュフティ」と連携し、ワーカーへのビジネス関連スキル、知識の提供を実施いたします。

●教育事業を展開する『デジタルハリウッド』( http://www.dhw.co.jp/ )
・「実践的産学協同」を提唱する「デジタルハリウッド」と連携し、デジタル技術を活用した教育コンテンツの提供を進めていきます。

●独立行政法人科学技術振興機構 (JST)の研究開発プログラムへの参画
・JST公募の「問題解決型サービス科学研究開発プログラム」にmanebiが参画する「経験価値の見える化を用いた共創的技能eラーニングサービスの研究と実証」プロジェクトが採択され3年間研究が進められます。

■ビジネス展望
・manebiはeラーニングのB to C市場の追い風を捉え、さらに、B to Bも含めた学習・習い事領域の市場でeラーニングの適用が加速すると予測し、立ち上げから3年後に登録会員数100万人、コース数68万本、売上10億円規模の事業化を目指して参ります。更なる展望としましては、下記市場規模の合計の10%にあたる2,500億円規模の事業化を視野に入れていきます。
・2012年度の国内eラーニングの市場規模は、前年度比1.2%増の683億円と微増の見込み。法人向けB to B市場が微減推移である一方で、個人向けB to C市場は好調で125億円です。
・また、2012年度のお稽古・習い事市場規模は、前年度比0.9%増の1兆9,891億円(受講料ベース)と推計され、コンテンツカテゴリ別では、スポーツ教室6,300億円、日本文化教室3,404億円、外国語教室2,965億円、アート教室2,580億円、ダンス教室2,310億円(いずれも受講料ベース)などが上位を占める結果となっています。
・さらに、企業向け研修サービス市場規模は4,670億円(前年度比3.3%増、事業者売上高ベース)です。(以上参照:矢野経済研究所)
・株式会社manebiは2013年8月設立のスタートアップベンチャーです。今後2013年度中を目処にファーストラウンドの第三者割当増資を行い、3年後の上場を目指し、引き続き主旨に賛同し協業いただける、映像コンテンツホルダー、教育関連事業者、公共団体といった幅広いアライアンスに積極的に取り組んでまいります。

以上

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
その他IT・インターネット 教育
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「40284」を
担当にお伝えください。