オーストラリア生まれ「Crochead 蚊取り線香ホルダー」が 日本での累計販売個数15,000個を突破

日本におけるCrochead商品の売上の一部を 「ゼロマラリア」を目指すマラリア・ノーモア・ジャパンの活動に寄付

NPI合同会社(千葉県印西市、代表:川北 真司、URL: https://npi-jp.com )が日本で輸入・販売を行う、オーストラリアCrochead社の蚊取り線香ホルダーが、2022年の日本での販売開始より約2年間で国内で累計15,000個の販売を達成しました。

※販売個数はホルダー単品の販売個数で集計。複数個のセット商品はセット個数をカウント。


Crochead 蚊取り線香ホルダー

https://amber-ark.jp/pages/crochead-intro


Crochead 蚊取り線香ホルダー


■Crochead 蚊取り線香ホルダーについて

「Crochead 蚊取り線香ホルダー」は蚊取り線香を立てて、寝かせる、吊るすといった自由自在な設置ができるホルダーです。また残りわずかな線香でもしっかり固定でき、ムダなく最後まで使用できます。挟むだけでタイマーのように消火することも可能で、使い勝手抜群の画期的なデザインが特徴。

アウトドアやガーデニング作業など、蚊取り線香を使用する際にとても便利なホルダーとなっております。


使用イメージ


Crocheadが生まれたオーストラリアのクイーンズランドは年中蚊に悩まされるエリアです。日本生まれの渦巻き型の蚊取り線香は、安価で効果的な蚊の対策である一方、途中で折れてしまうなど、最後まで使いきれないという悩みを抱えていました。この問題を解決するため、3年間かけさまざまな試作品を経てこのホルダーを開発。

地元オーストラリアに貢献するため、国外で安く作るのではなく、オーストラリアで資材調達から製造まで行っています。屋外で長持ちする高い耐久性のある素材です。



■日本市場でのCrochead 蚊取り線香ホルダー

2022年の日本での発売から、その使い勝手の良さとデザインから日本でも好評を集めています。2023年からは、保管や持ち運び、灰受けとしても便利な東京・浅草橋の加藤製作所製造の日本製コラボ缶パッケージを発売。また、実店舗での販売も開始しました。

オーストラリアでは地域経済に貢献するため地元密着型の販売店で流通をしています。日本でもその方針を踏襲し流通しております。


日本製 コラボ缶入りパッケージ


■認定NPO法人「マラリア・ノーモア・ジャパン」へ売上の一部を寄付

私たちの世代でマラリアを終わらせる「ゼロマラリア」を目指す認定NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパンの活動に賛同し、2023年より日本におけるCrochead商品の売上の一部をマラリア・ノーモア・ジャパンの活動に寄付しております。

2023年のWHOの発表によると2022年のマラリアによる世界の死者数は約61万人を数えます。

「蚊」が存在することによって生まれる収益を、「蚊」によって奪われてしまう命を救うことに役立てたいという思いから当社はこの寄付を始めました。


認定NPO法人マラリア・ノーモア・ジャパンWebサイト: https://malarianomore.jp/



■販売について

直営オンラインショップ、Amazon、正規販売店で購入いただけます。


【直営オンラインショップ、Amazonでの販売商品】

・2個セット   :価格 1,900円

・5個セット   :価格 3,800円

・缶入り5個セット:価格 4,800円

※ 販売価格は2024年7月時点

※ 価格はすべて税込


直営オンラインショップ: https://amber-ark.jp/pages/crochead-intro

Amazon        : https://amzn.asia/d/07rl3NHJ


【正規販売店での取り扱い商品】

・ホルダー1個単位での販売


取扱店舗情報: https://amber-ark.jp/pages/crochead-intro#retailshops



■会社概要

NPI合同会社について

NPI合同会社は2022年に設立されました。日用品やアウトドア商品をメインに、これまでになかった日常を楽しく充実させるような魅力的な海外ブランドの商品を発掘し、日本での販売を手がけています。


会社Webサイト           : https://npi-jp.com/

直営オンラインショップ“Amber Ark”: https://amber-ark.jp/

プレスリリース動画

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。