ビムーブ、HLS配信にファイルの直接アクセス制限をかけられる...|

ビムーブ、HLS配信にファイルの直接アクセス制限をかけられるサービスを NTTコミュニケーションズ株式会社『Bizホスティング Cloudn』上で実現

2013.08.28 10:00

ビムーブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:成尾 潤・竹内 信明、以下 ビムーブ)は、HLSでの動画変換・配信サービス『BeHLS』で利用可能なセキュリティ性の高いCDNを、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 彰、以下略称:NTT Com)のクラウドサービス『Bizホスティング Cloudn』上で構築しました。

システム構成図
システム構成図

■『BeHLS』とは
ビムーブが提供する動画変換・配信部分をAPIで提供するサービスです。
これまでの動画配信には、ストリーミングサーバの準備やサーバのレンタルなど、金銭的にも物理的にもさまざまな準備と用意が必要とされ、スペシャリストの存在は不可欠でした。
本サービスでは、ワンソースで自動変換をする変換サーバ、ストレージ容量100GBの配信サーバ、HLS(HTTP Live Streaming)での配信を月額1万円で提供しております。


■サービスの経緯と機能
HLSでの動画配信は大規模の場合、CDNサービスの利用が必須となり、既存CDNではファイルに直接アクセスされた際、データを取得できてしまうという問題がありました。これでは動画データを第三者が簡単に保存できてしまうため、せっかくのストリーミングという強みを活かすことができていませんでした。
このたびNTT Comの『Bizホスティング Cloudn』をインフラとして採用し、『Bizホスティング Cloudn』上で『BeHLS』独自のCDNを構築することで、配信部分の冗長化が図れたこと。また、業界初(※ビムーブ調べ)となるHLS配信でのファイルの直接アクセス制限に成功し、特定ドメインからのみの配信を実現いたしました。これにより、動画ファイルが直接ダウンロードされることはなくなります。


■HLS配信とは
HLS(HTTP Live Streaming)配信とは、主にiOS向けにストリーミング配信ができる規格です。PC以外へのストリーミング配信の手法として注目されています。


■想定される使用方法
ストリーミングのほか、『Bizホスティング Cloudn』の利用により、ファイルの直接アクセス制限が可能になり、更にセキュリティが強化されました。これにより、許可したドメインからのみ、動画の配信が可能となります。
多数のアクセスが想定され、かつ動画のセキュリティを高める必要のあるスマートフォン向けサイトの会員ページ内の限定動画などにご利用いただけます。
APIで提供しているサービスのため、お持ちのCMSに簡単に動画アップロード、変換、配信機能を追加いただけます。


■『BeHLS』の料金
初期費用:0円
月額費用:1万円(ストレージ100GB毎) ※税別

『BeHLS』サイトURL: http://www.bemoove.jp/lp/behls/


■NTTコミュニケーションズ株式会社様からのエンドースメント
NTTコミュニケーションズが提供する豊富なAPIを備えた高機能で低価格なパブリッククラウド「Bizホスティング Cloudn」上で提供されるビムーブ株式会社の動画変換・配信サービスBeHLSは、高セキュリティで多数のアクセスにも安定した動画変換・配信環境をスマートフォンなどを利用されるお客さまに提供できるものと確信しております。
NTTコミュニケーションズはこれからも品質と利便性に優れたICT環境のご提供へ向け、ビムーブ株式会社との連携を推進して参ります。

NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部 担当部長 奥平 進


■ビムーブ株式会社について
会社名: ビムーブ株式会社
URL  : http://www.bemoove.jp/
代表者: 成尾 潤(なるお ひろし)・竹内 信明(たけうち のぶあき)
所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-61-11 第2駒信ビル2F
設立 : 2007年7月
資本金: 67,750,000円

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「38249」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ