「星天(ホシテン)qlay(クレイ)」のオープン延期について...

「星天(ホシテン)qlay(クレイ)」のオープン延期について【相鉄ビルマネジメント・相鉄アーバンクリエイツ】


相鉄グループの㈱相鉄アーバンクリエイツ(本社・横浜市西区、社長・森村 幹夫)と㈱相鉄ビルマネジメント(同)は、2022年11月9日のニュースリリースで、相鉄本線 星川駅~天王町駅間の高架下空間に新施設「星天qlay(ホシテンクレイ)」の第1期オープンを2022年12月14日(水)としていましたが、11月15日に発生した火災の影響により延期します。また、併せてオウンドメディアの開設と、星川駅の「東口」出口の供用開始も延期となります。

なお、新たなオープン日程につきましては、正式に決定次第、お知らせいたします。

近隣の皆さま、関係者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

火災については、次の通りです。

1.発生日時

2022年11月15日(火)早朝

2.発生場所

星天qlayの建設現場〔相鉄本線 星川駅(横浜市保土ケ谷区星川1-1-1)高架下〕
1階店舗区画内のバックヤード

3.状況

(1)2022年11月15日(火)5時50分頃、星川駅2階 駅事務室の自動火災報知設備が発報。火元の捜索を行い、店舗区画のバックヤードにて火元を発見しました。
(2)6時3分頃、星川駅の駅係員が119番通報。
(3)6時5分頃、工事関係者他2名で、初期消火を開始。6時10分頃には、ほぼ鎮火し、その後、消防の方に引き継ぎました。

4.対策

工事関係者と火災防止対策を検証し、再発防止に努めます。

5.損傷範囲

天井10㎡、台車3台
※その他、施設への影響につきましては、現在調査中です。

6.原因

現在調査中です。

7.火事によるけが人や相鉄線の運行への影響

けがなどをされた方は、いらっしゃいません。また相鉄線の運行にも影響ありません。


取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。