LGBTQなどの取り組みが総合的に評価される 「PRIDE指標」で最高評価「ゴールド」を2年連続受賞

 京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫)は、このたび、企業などの団体に対して、LGBTQなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体work with Prideが策定する「PRIDE指標2022」において、最高評価である「ゴールド」を2年連続で受賞しましたのでお知らせいたします。

■PRIDE指標とは

 2016年に日本で初めて制定された、職場におけるLGBTQなどの性的マイノリティへの取り組みの評価指標です。5つの評価指標の名称も、PRIDEの各文字に合わせて、Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティ)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)としています。

※PRIDE指標の詳細はこちら:http://www.workwithpride.jp/pride.html


■京セラの性的マイノリティに関する取り組み

 京セラでは「社員一人ひとりが持つ個性・価値観を尊重し、多様な人材が働きがいを持って活躍できる職場環境を実現することで、将来にわたって挑戦し、成長し続ける、活力と魅力にあふれた企業となる」を目指す姿として掲げ、「働きやすい環境づくり」と「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」に取り組んでいます。具体的には、社内にアライ(支援者)を増やすため、LGBTQ等の性的マイノリティへの理解促進に向けた教育を積極的に実施しているほか、社内報やWEBサイトなどを通じ、社内外への情報発信を行っています。また、制度面においても、同性婚を「結婚と同等」として取り扱う社内ルールの策定・運用など、充実を図っています。

※京セラWEBサイト「ダイバーシティ&インクルージョン」:https://www.kyocera.co.jp/diversity/


プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報