京セラはクラウド型マネージド・プリント・サービス(MPS)お...

京セラはクラウド型マネージド・プリント・サービス(MPS)および 分散型ワークフォースに関するIDC MarketScapeベンダー評価 において「メジャープレイヤー」に位置付けられました

 京セラ株式会社のグループ会社である京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:安藤 博教)は、米国IT調査会社 IDCによる二つのベンダー評価レポート、「IDC 

Marketscape:Worldwide Cloud MPS Hardcopy 2022 Vendor Assessment※1」および「IDC Marketscape:Worldwide Print in the Distributed Workforce 2022 Vendor 

Assessment※2」において、「メジャープレイヤー」として評価されたことをお知らせいたします。

 これらの調査は、IDC MarketScape調査方法論に基づいて、該当分野におけるベンダーの製品やサービスを評価するものであり、特に近年は分散化するワークフォースにおいて変化する顧客ニーズに対する各印刷機器ベンダーの対応能力と戦略を分析しています。

「Worldwide Cloud MPS Hardcopy 2022 Vendor Assessment」調査は、機器の利用状況などを管理するクラウド型MPSなどのクラウド型契約印刷サービスについて、また、「Worldwide Print in the Distributed Workforce 2022 Vendor Assessment」は、自宅とオフィスを組み合わせたハイブリッド・ワークフォースにおけるドキュメント印刷やドキュメントワークフローをサポートする製品、サービスを評価しています。

 当社は、環境性・経済性に優れる複合機・プリンターと共に、セキュアな環境の実現やドキュメントのキャプチャや管理など業務間の連携を可能にする様々なソフトウェアを提供することに加え、近年は企業内の情報を包括的に管理・運用するECM / CSPソリューションも強化しています。今回の調査では、このような幅広いソリューションに基づき、分散化するワークフォースへの対応など変化する顧客ニーズに最適なサービスを提供している点を主に評価いただきました。

 ワークフォースは従来のオフィスだけではなく、自宅やサテライトオフィスにまで多様化する中、当社は、これからもお客様のニーズに寄り添い、生産性向上・課題解決をサポートするハードウェア、ソリューション / サービスを提供してまいります。

※1  IDC MarketScape: Worldwide Cloud MPS Hardcopy 2022 Vendor Assessment, 

doc #US #US47337721, January 2022

※2  IDC MarketScape: Worldwide Print in the Distributed Workforce 2022 Vendor 

Assessment, doc #US48596221, January 2022


IDC MarketScapeに関して

 IDC MarketScape は、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力の適応度を把握できるベンダー分析モデルです。 調査方法には、定量 / 定性的な基準に基づいた厳密な採点手法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置付けを示す、1つのグラフによって表されます。IDC MarketScape は、ICTベンダーの製品とサービス、実力と戦略、現在および将来の市場における成功要因を深く掘り下げて比較できる明確なフレーム

ワークを提供します。このフレームワークを利用しITユーザーはITベンダーの強みと弱みを包括的に把握することができるようになります。


※ ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。

ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報