明治大学平和教育登戸研究所資料館がオンラインシンポジウム「『...

明治大学平和教育登戸研究所資料館がオンラインシンポジウム 「『戦争を伝える』ということ」を開催

明治大学平和教育登戸研究所資料館は、2022年7月30日(土)にオンラインシンポジウム「『戦争を伝える』ということ―歴史・平和教育の大ベテランから次世代の教育者たちへ託すメッセージ―」を開催します。参加費は無料です。

学校教育の現場で長年、歴史教育・平和教育に尽力してきた3名の教員から、これからの平和教育の担い手である現役の学校教員の方、教員を目指す学生の方を主な対象とし、「戦争を伝えるということ」をテーマに講演とパネルディスカッションを行います。

【開催概要】

日時
2022年7月30日(土)13:00~15:00
開催方法
Zoomのウェビナー機能を利用したオンライン形式(ライブ配信)
対象
現役の学校教員の方、教員を目指す学生の方、当シンポジウムに興味がある方  
参加費
無料
定員
400名(事前申込制、先着順)
申込方法
1.氏名 2.メールアドレスをご記入のうえ、下記アドレスまでメールでお申し込みください。7月25日(月)締め切り。
Mail  noborito@mics.meiji.ac.jp  

【プログラム】

l3:00-14:00   講演

(登壇順)

渡辺 賢二 氏(明治大学平和教育登戸研究所資料館展示専門委員)

川口 重雄 氏(元  田園調布学園中等部・高等部社会科教諭)

橋本 暁 氏(和光中学高等学校校長・社会科教諭)

14:00-14:30   登壇者3名によるパネルディスカッション

14:30-15:00   質疑応答

 

登壇者プロフィールおよび本シンポジウム詳細は、平和教育登戸研究所資料館HPをご覧ください。

https://www.meiji.ac.jp/noborito/info/2022/mkmht00000010ad8.html


カテゴリ:
イベント
ジャンル:
教育 社会(国内)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。