Open XDRを使用しているセキュリティ運用の専門家から学...

Open XDRを使用しているセキュリティ運用の専門家から学ぶ Open XDR Summitが6月7日~8日にサンフランシスコで開催

Open XDRを使用するサイバーセキュリティ専門家の世界最大のコミュニティであるOpen XDR Summitが、2022年6月7日と8日にサンフランシスコで初のイベントを開催します。このサミットは、今日の最も広範なサイバーセキュリティの脅威に対抗するためにOpen XDRを使用しているセキュリティ運用の専門家の実体験から学ぶことができるユニークな機会を提供します。このサミットでは、産業界、学界、MSSPのセキュリティ専門家、および投資、メディア、コンサルティング分野のリーダーが参加し、Open XDRが今日のセキュリティ運用をどのように変えているかについて同業者から話を聞き、ネットワークを構築する機会を提供いたします。



■ESGシニアプリンシパルアナリスト兼ESGフェロー Jon Oltsik氏のコメント

Open XDR Summitは、セキュリティチームがOpen XDRの利点と実際の成果を理解する機会を提供します。より多くの企業がXDRの導入を検討している中、このサミットでは、参加者が実務経験に基づく具体的な運用上の質問を同業者に行うことができます。このようなフォーラムは、組織のサイバー防御を向上させる技術の採用を加速させます。


Open XDR Summitのアジェンダのハイライトは以下の通りです。



■Open XDRの企業での使用例:Open XDRがリスクを低減し、生産性と信頼性を向上させるために学んだ教訓と具体的な成果をセキュリティリーダーが共有します。


●デンバー大学 副総長兼CIO Russ Kaurloto氏

統合プラットフォームアプローチによるリスクとサイバーセキュリティコストのバランス。リスクとコスト、そしてセキュリティ・スタックに漸進的な回復力を組み込む方法について説明します。


●ボイシ州立大学Pervasive Cybersecurity研究所 CISSP所長 Edward Vasko氏

リソースの最大活用によるWin-Winの実現とサイバー人材の拡大と恵まれない地域社会の保護に貢献。Edward氏は、Open XDRを使用して学生を訓練し、農村地域にSecurity-as-a-Serviceを提供する方法について説明します。また、同僚と協力して、データ侵害に対処するための心理学的な方法についても説明する予定です。


●Plastipak インターナショナルIT&セキュリティディレクター Jon Mayled氏

攻撃対象領域全体に360°の可視性を提供。Open XDRプラットフォームへの移行により、どのようにセキュリティカバレッジを向上させたかについて説明します。



■Open XDRのリーダーシップ、将来像の共有:Open XDRはどこまで進化できるのか?


●Ballistic Ventures 共同創業者兼ゼネラルパートナー、AT&T Cybersecurity/AlienVault元社長 Barmak Meftah氏

Barmak氏は、企業の創業者でありセキュリティリーダーとしてXDRの必要性を認識しながらも、それをどのように呼ぶべきか分からなかったこと、また、顧客のROIを最大化するためにはなぜオープンシステムが中心であるのかについて話します。


●HARMAN Automotive 戦略アカウント&パートナーシップ担当副社長 Ravi Puvvala氏

Ravi氏は、自動車だけでなく車両コンポーネント(オーディオシステムなど)のIPフリートのダイナミクスについて説明し、多数のモバイル資産を一元的に管理しリスクを評価することによって、XDRを使用して資産管理を新しいレベルに引き上げる方法について説明します。


●Omdi プリンシパルアナリスト、エマージングテクノロジー Rik Turner氏

2018年にXDRについて初めて執筆したアナリストであるRik氏が、この4年間でどのように進化してきたのか、その見識を披露します。また、Rik氏はOpen XDRとXDRの違いを明らかにしようとし、もしかしたら議論にユーモアをもたらすかもしれません。


●CYRISMA グローバルチャネルアライアンス担当副社長 Mike Goin氏

セキュリティ技術の検知・対応分野が、ポイントソリューションからプラットフォームへと変貌を遂げ、コスト削減とリスク低減の両立を実現するためにどのような恩恵を受けているか、Mike氏の見解を紹介します。


●3度の受賞歴のあるジャーナリスト Susanna Song氏

Susanna氏は、Open XDR/XDRの立ち上げから追いかけており、サミット期間中、スピーカーや参加者にインタビューを行う予定です。



■MSSP Open XDRの実践者:Open XDRを使用して、企業のセキュリティチームとパートナーシップを築き、効果的なセキュリティソリューションを管理可能なコストで提供するサービスプロバイダーです。


●Brite 上級副社長 Trevor Smith氏

さまざまなビジネスバーティカルが、そのビジネスモデルに特化したサービスをどのように求めているかについて話します。


●Solutions Granted CEO兼創設者 Michael Crean氏

お客様がMSSPを選ぶ理由や、お客様が決断する際に受ける質問についてお話しします。


●CyFlare CEO Joe Morin氏

お客様がどのように共同管理型デプロイメントを望んでいるか、また、誰もがハンズオフアプローチを望んでいるわけではないことについてお話します。


●Highwire Networks CEO Mark Porter氏

「オープン性」という考えに対するお客様の反応についての洞察を語ります。


●Xiologix 最高技術責任者 Brian Page氏

Open XDR が MSSPとして成功するだけでなく、顧客のビジネス目標の支援に関与するパートナーになるための準備について説明します。



■MSSP Open XDRの技術者:Open XDRを使用して、これらのプロバイダーが、機械学習と分析の進歩により、セキュリティチームが実際の攻撃を早期に特定する方法について説明します。


●Cerberus 情報サービス担当副社長 Scott Williamson氏

Scott氏のチームが経験した学習曲線、手動ルールから機械学習主導の相関関係への移行、そして「機械を信頼」するための「なるほど」モーメントについて話します。


●Abacode 最高技術責任者 Jeremy Rasmussen氏

ルールベースのSIEMから自動化およびML駆動のXDRの考え方に移行することについて、業界の大量採用のためのハードルは何かについて説明します。



■Open XDR Summitに参加しましょう!

第1回Open XDR Summitへの参加登録は無料で、どなたでも参加できます。サミットは、モスコーンコンベンションセンターから2ブロックのOpen XDR Houseで開催されます。毎日、定期的に開催される基調講演やパネルディスカッション、質疑応答、ネットワーキングの機会、そして終日無料のフード&ドリンクが用意されています。


●Open XDR Summit

日時: 2022年6月7日、8日

会場: Open XDR House、858 Folsom Street、San Francisco

日程: ・8:00-12:00  セッション1

    ・12:00-18:00 セッション2

    ・18:00-22:00 イブニング・ネットワーキング・レセプション

登録: https://openxdrsummit.org/open-xdr-event/rsa-conference-open-xdr-summit-2022/



■リソース

●Open XDR Summitサイト

http://openxdrsummit.org/


●Open XDR Summit登録

https://openxdrsummit.org/open-xdr-event/rsa-conference-open-xdr-summit-2022/



■Open XDR Summitについて

Open XDR Summitは、Open XDRを使用して、生産性と信頼性を劇的に向上させながら、リスクをコスト効率的に削減するサイバーセキュリティの専門家のコミュニティです。2022年に設立されたこのサミットの目標は、セキュリティリーダーたちがネットワークを構築し、Open XDRを使用した経験や実際の成果を共有するためのフォーラムを提供することです。


Open XDR Summitには、Abacode、Agio、Ballistic Ventures、Banyax、Boise State University、Brite、Cerberus Sentinel、CyFlare、CYRISMA、EBSCO、HARMAN Automotive、HighWire Networks、M-Theory Group、McKinsey & Company、Plastipak、Quanti、SISAP、Solution Granted、Stellar Cyber、University of Denver、Vale Capital PartnersおよびXiologix等の参加企業がいます。


詳細については、以下をご覧ください。

http://openxdrsummit.org

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報