【ECサイトリニューアル】テーマは和風柄パーテーションで上質...

【ECサイトリニューアル】テーマは和風柄パーテーションで上質な空間づくり

選べる4種類の和風柄と名入れでこの世に1つしかないパーテーション。感染症対策だけではなく、店内の空間づくりにもこだわってみませんか?

 有限会社ジャックスクリーン(本社:大阪府八尾市、代表取締役:今岡 和雄)は感染症対策用アクリルパーテーションのECサイト(URL:https://sign-jac.com/)をリニューアルしました。

リニューアルのポイント

 これまではネットショップBASEにてECサイトを運営してまいりましたが、より見やすいサイトを目指して和風柄アクリルパーテーション専門のECサイトをリニューアルオープンしました。ECサイトは、店内にパーテーションを置いた時のイメージをより具体的にしていただけるようデザインを刷新しました。

和風柄アクリルパーテーションでできること

店舗名などの名入れが可能

 店舗名やロゴを入れることができるので、オリジナルのアクリルパーテーションが作れます。

選べる和風柄は全部で4種類

 日本の伝統文様である紗綾形、麻の葉、市松、青海波の4種類からデザインをお選びいただけます。

紗綾形とは・・・
 「卍」という漢字を斜めに崩して連続的につなげた文様です。卍が変化してできたのが「万」だという説もあり、大きな数を表す模様がどこまでもつながる様子から、「不断長久」を意味し、「家の繁栄」「長寿」の願いを込めたとされています。

麻の葉とは・・・
 麻の葉をモチーフとして正六角形と結びつけた幾何学模様。もともと魔除けの意味がある三角形が集まってできた六角形は、より強力な魔除けの力があると考えられました。また、麻は生長が早く、真っ直ぐにグングン伸びていくので、健やかな子どもの成長を願う意味も込められています。

市松模様とは・・・
 同じ柄がどこまでも途切れることなく続く様子から「子孫繁栄」「事業拡大」の意味があります。
市松模様の「市松」は、江戸時代の歌舞伎役者「佐野川市松」に由来。当時、佐野川市松が舞台衣装として白と紺の市松模様をあしらった袴を着用したことをきっかけに大流行しました。

青海波とは・・・
 青海波は、広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄で、無限に広がる穏やかな波の文様に「未来永劫へと続く幸せ」への願いと、「人々の平和な暮らし」への願いが込められた縁起の良い柄。また、末広がりの扇形にも見え、重ねて縁起が良い柄とされています。

サイズは2種類

 ご使用のテーブルのサイズに合わせて、幅330mm or 幅600mmの2種類からお選びいただけます。

新ECサイトURL

当社について

商  号:有限会社ジャックスクリーン
代 表 者:代表取締役 今岡 和雄
所 在 地:本社
     〒581-0064 大阪府八尾市跡部本町1丁目4-40
     東京営業所
     〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目3-18 三光ビル1F    
設  立:1995年10月
事業内容:看板・サイン設計、製作、施工など
U R L :https://jacscreen.com

本件に関するお問い合わせ

有限会社ジャックスクリーン
T E L : 072-999-5301
メール : info@jacscreen.com

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。