「英国王立化学会東京国際コンファレンス(RSC-TIC)」が 12月6日・7日にオンラインで開催

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA、所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:中本 晃/株式会社島津製作所 代表取締役会長)は、「英国王立化学会東京国際コンファレンス(RSC-TIC)」をオンラインで開催いたします。


今年は「Spectroscopic imaging and sensing」をメインテーマとし、国内外からの講演と一般公募のポスターを発表します。12月6日・7日の2日間、日本時間15:00~20:00にライブ配信形式で聴講可能です。

(ご案内のサイト: https://www.jaima.or.jp/ic/rsc-tic/index.html )



【日時】

2021年12月6日(月)・7日(火)

両日とも日本時間15時00分~20時00分



【参加方法】

RSC-TIC 2021サイトでの来場者登録が必要です。

上記案内サイトもしくはRSCの下記サイトで事前登録(Booking)してください。

来場事前登録は、2021年11月30日 24時00分までにRegistrationをお済ませください。

https://www.rsc.org/events/detail/47731/online-event-royal-society-of-chemistry-tokyo-international-conference-2021-rsc-tic2021-spectroscopic-imaging-and-sensing



【主な講演プログラム】 (言語は英語)

一日目 12月6日(月)

・MAIRS: Providing A Missing Gear for Thin-Film Analysis

・In-situ Fluorescence analysis on aggregation-induced emission manipulated by optical force

・Multiplexed and Sensitive Bioanalysis using SERS and SESORS

・Tuning of Chemical Interface Damping in Single Gold Nanoparticles


二日目 12月7日(火)

・Contribution of New Hyphenated Analytical Technology: LC-Raman System to Clearly Identify Components in a Mixture

・Ramanome, FlowRACS and RACS-Seq: linking metabolic phenome and genome @ single-cell for precision medicine and synthetic biology

・Development of SERS-based assay platforms for rapid and accurate diagnosis of SARS-CoV-2

・Publishing with impact

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報