介護見守りロボット「Neos+Care(ネオスケア)」と 「Buddycom(バディコム)」の連携ソフトを 2021年11月より提供を開始

~音声通知により介護スタッフの課題解決に貢献~

ノーリツプレシジョン株式会社(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:星野 達也)は、介護見守りロボット「Neos+Care(以下、ネオスケア)」と未来型チームコミュニケーションアプリ「Buddycom(以下、バディコム)※」の連携ソフトを11月より販売開始します。本連携ソフトの導入により、見守りシステムからの通知を音声で確認できるようになり、介護現場で画面を確認できない状況にある介護スタッフの利便性の向上が期待されています。


イメージ画像


※バディコム(バディコム)は、株式会社サイエンスアーツ(本社:東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル7階、代表取締役社長:平岡 秀一)が提供するマルチ機能を備えたチームコミュニケーションアプリです。



■介護従事者の方の負担を軽減し、働きやすい環境へ

厚生労働省は介護現場の深刻な人手不足を解消するため、IoT機器やロボットなどのテクノロジーを活用した介護現場の革新が喫緊・重要な課題として挙げております。特に見守りセンサーを導入し、夜勤職員がインカムを活用することで、利用者1人あたりの業務時間が減少し、夜勤職員1人あたりで対応可能な利用者が増加するという効果もあり、今年度の地域医療介護総合確保基金を活用した介護ロボットの導入支援(※1)では見守りシステムとインカムを導入することで補助率が従来の1/2から3/4へ拡充されております。

今回の連携は、まさにこの見守りシステム(ネオスケア)とインカム(バディコム)の2つの機能の連携により、現場の介護従事者の利便性をさらに向上させるものです。



■バディコム、ネオスケア連携内容

ネオスケアが介護施設に入居している高齢者の危険動作を検知すると、バディコムでつながるスタッフ全員に検知内容が自動的に送信されます。検知内容はバディコムの読み上げ機能により音声で読み上げられ、スタッフはスマホ画面を開くことなく「どこで」「誰に」「何が起こったのか」を共有することができます。

スタッフの方は離れていても、すぐにバディコムを使ってグループ全体でコミュニケーションが取れますので、誰がどのように対処するかを打ち合わせて、迅速に対応することができます。


通知内容例:

「101号室太郎様“起き上がり”」

「102号室次郎様“離床”」

「103室三郎様“転倒”」


※1:出典 厚生労働省 地域医療介護総合確保基金-介護ロボット導入支援事業

https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000666690.pdf

自治体により補助金・助成金の内容は異なりますので、詳細については自治体に直接お問い合わせください。



■バディコムとは

デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「バディコム」は、音声や動画、位置情報(IoT)に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能です。利用実績では、航空、鉄道、建設、福祉施設、流通など様々な業種でのコミュニケーション手段として利用されています。

https://www.buddycom.net/ja/index.html



■ネオスケアとは

赤外線距離センサーを用いた予測型見守りシステム「ネオスケア」は、入居者の転倒事故予防と介護職員の負担軽減を両立し、介護サービスの質を改善することが可能です。経済産業省ロボット介護機器開発・導入促進事業により「優秀機器認定」を受賞した唯一の見守りシステムです。

https://neoscare.noritsu-precision.com/



■営業情報

発売日 :2021年11月より販売開始

購入方法:販売代理店へお問い合わせください。

価格  :販売代理店へお問い合わせください。



■会社概要

社名  : ノーリツプレシジョン株式会社

代表者 : 代表取締役社長 星野 達也

創業  : 1951年2月

設立  : 2011年2月

資本金 : 100,000,000円

事業内容: 写真処理機器・介護機器の開発・製造・販売/

      医療機器の開発・製造受託

本社  : 〒640-8550 和歌山市梅原579-1

URL   : http://www.noritsu-precision.com

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
介護 福祉 保険
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報