京セラが、世界的なESG投資指標である 「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に選定

 京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本秀夫)は、世界有数のESG(環境・社会・ガバナンス)投資指標の1つである「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」において、日本を含むアジア・太平洋地域を対象にした「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index(DJSI Asia Pacific)」の構成銘柄に選定されましたので、お知らせいたします。

 DJSIは、1999年に米国のS&P Dow Jones  Indices社とスイスのRobecoSAM社が、共同で開発したインデックスで、ESGの観点から企業を評価し、優れた企業がDJSI銘柄に組み入れられます。DJSIの構成銘柄は、毎年見直しが行われ、2021年度のDJSI Asia Pacificは、主要企業約600社の中から、153社(うち日本企業77社)が選定されました。

 今回の選定にあたっては、昨年度、サステナビリティサイトを刷新するなど、環境関連に加え、人権やダイバーシティ、サプライチェーンといった社会関連の情報開示を積極的に行ったことが、高い評価につながったものと考えています。

 京セラグループでは、今後もステークホルダーの皆様との価値共有をはかるため、コミュニケーションや情報開示の充実に努めてまいります。



プレスリリース画像画像一括ダウンロード

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
経済(国内) 経済(国際)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報