Stellar Cyber(ステラサイバー)は、 3,800万ドルのシリーズBを調達して、 オープンXDRの成功を拡大し、 攻撃対象領域全体に360度の可視性を提供する緊急ニーズに対応

Samsungを含むオーバーサブスクライブラウンドは、 技術革新と急速な市場拡大に報い、 継続的なリーダーシップのために会社を位置づけます

カリフォルニア州サンタクララ 2021年11月16日:唯一のすべての検出および応答プラットフォームを提供するオープンXDRのイノベーターであるStellar Cyberは、既存のすべての投資家と新しい戦略的投資家であるSamsungの参加を得て、Highland Capital Partnersが主導するオーバーサブスクライブのシリーズB資金調達ラウンドで3,800万ドルを調達しました。この新しいラウンドにより、Stellar Cyberの総資金は6,800万ドルを超えます。


世界のXDR市場は、2021年から2028年にかけて19.9%の年平均成長率(CAGR)で20.6億ドルに拡大すると予想されています。XDRは、複数のセキュリティ製品を一元管理されたプラットフォームに統合することにより、脅威の検出およびインシデント対応機能に革命をもたらすという業界の約束です。XDRは、今日のセキュリティ運用チームの主要な問題を解決します。今日のツールは数が多すぎ単独で機能し、人間が手動で分析してツールをまとめる必要があり、セキュリティデータが多すぎて、アラートの疲労につながります。この問題の解決に役立つXDRがなければ、アナリストの過労とセキュリティアナリストの世界的な不足が、手遅れになるまで多くの攻撃が見過ごされてしまう理由を説明しています。


「今日の複雑な攻撃は、サイロ化されたスタンドアロンツールを使用する従来のアプローチでは迅速に検出することは事実上不可能であり、お客様は攻撃を遮断できないツールコレクションに大金を費やすことにうんざりしています。シリーズBへの投資により、Stellar Cyberは、イノベーションを推進し、市場フットプリントを拡大し、パートナーの拡大をサポートし、優秀な人材を採用することで、オープンXDR市場をリードし続けることができます。」と、Stellar Cyberの創設者CEO兼共同経営者のChangming Liu氏は述べています。


Stellar CyberのオープンXDRプラットフォームは、世界中で顧客が急速に増加しており、上位250のマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)のうち14が採用しており、平均検出時間(MTTD)が8分の1に短縮され、平均復旧時間(MTTR)が20分の1に短縮されます。これらの指標は、成熟度の低いセキュリティチームと高度なチームの方が、組織を保護するための日常業務において生産性と自信が高いことを示しています。


「Stellar Cyberは、業界初のオープンXDRプラットフォームを提供し、すべてのツールとソース、および独自のセンサーからのセキュリティデータを真に受け入れる唯一のプラットフォームです。さまざまな企業やMSSPが、セキュリティ運用の中心にStellar Cyberプラットフォームを導入しています。これは、進行中のサイバー攻撃や不正な内部関係者を見つけるための時間と労力を短縮し、非生産的なアラートが多すぎるという問題を根本的に解決します。」と、Highland Capital PartnersのパートナーであるCorey Mulloy氏は述べています。


「今日の冷酷な現実には、従来のセキュリティのサイロを分解してすべてのデータを単一の平面に集約し、アクティブな攻撃を迅速かつ正確に見つけることができる詳細な行動分析を行うという根本的に異なるアプローチが必要です。Stellar Cyberは、攻撃に関する実証済みの360度の知識を得て、攻撃者に優位に立つために必要な障壁を打ち破るために主導権を握っています。」と、Samsung NextのMDであるRaymond Liao氏は述べています。


Stellar CyberのAIを活用した検出、相関、応答プラットフォームにより、セキュリティアナリストは、ネットワーク、クラウド、エンドポイント、アプリケーション、ログ、ユーザーなど、あらゆるソースから収集された正規化された豊富なデータを通じて、攻撃対象領域全体を完全に可視化できます。これにより、攻撃の検出と応答時間が数日からリアルタイムに短縮されます。小規模なセキュリティチームであっても、ハッカーにサーバーやネットワークを危険にさらす機会がはるかに少なくなります。



■オープンXDR vs. XDR

標準のeXtended Detection and Response(XDR)プラットフォームは、ベンダーロックインと既存のセキュリティツールの放棄を強制しますが、ステラサイバーの独自のオープンXDRプラットフォームは、既存のEDR、SIEM、UEBA、NDR、およびその他のソリューションとシームレスに連携して投資を維持します。ステラサイバーのプラットフォームは、データの取り込み、データの正規化と強化、高度なAIと機械学習によるデータの検査、より忠実度の低いインシデントへの関連付け、AI主導の分析を適用してデータを検査、複雑な脅威に自動的に対応することで、これらの投資を大幅に強化します。さらに、プラットフォームは、攻撃対象領域の監視のギャップをカバーするために、無制限の数の軽量で自動管理されたセンサーを展開できます。 ステラサイバーのオープンXDRだけがこれらの利点を提供します。



■Stellar Cyber(ステラサイバー)について

Stellar Cyber ロゴ


ステラサイバーのオープンXDRプラットフォームは、すべてのツールからデータを取り込み、攻撃対象領域全体のインシデントにアラートを自動的に関連付け、より少ない忠実度のインシデントを配信し、AIと機械学習を通じて脅威に自動的に対応することで、すべての検出と応答を提供します。MITRE ATT&CKフレームワークと完全に互換性のあるXDR Kill Chain(TM)は、直感的に理解しながら、最新の攻撃のあらゆる側面を特徴づけるように設計されています。これにより、すべての攻撃活動を早期かつ正確に特定して修正すると同時に、コストを削減し、既存のツールへの投資を維持し、アナリストの生産性を向上させることで、企業のリスクを軽減します。通常、当社のプラットフォームは平均検出時間(MTTD)で8倍、平均復旧時間(MTTR)で20倍の改善を実現します。

同社はシリコンバレーを拠点としています。詳細については、下記のコーポレートサイトからお問い合わせください。


Stellar Cyber(ステラサイバー)コーポレートサイト

https://jp.stellarcyber.ai/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報