関西初上陸!ドローンサッカー常設アリーナ

~サンガスタジアム by KYOCERA内へ設置~

 株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)は、関西エリア初となるドローンサッカー常設アリーナ「オートバックスセブンドローンサッカーアリーナ京都」を合同会社ビバ&サンガ(代表社員  株式会社ビバ 職務執行者 小森敏史)が運営する京都府亀岡市のサンガスタジアム by KYOCERA内に設置、2021年10月20日(水)にグランドオープンし、本格運営を開始します。


ここがポイント!

・関西エリア初となるドローンサッカー常設アリーナ「オートバックスセブンドローンサッカーアリーナ京都」をサンガスタジアム by KYOCERA内に設置しました。

・ドローンサッカー(R)の実機に触れ、操縦体験やミニゲーム形式の試合も可能です。

・ドローンサッカーアリーナの運営だけではなく、AIやIoTといったデジタル技術の活用による地域課題解決のソリューション発信拠点としても活動します。      


 ドローンサッカー(R)は、球状のプラスチックフレームに覆われた専用ドローンボールを使用し、5 対5 で戦う最新戦略型チームスポーツです。2チームに分かれ、ドローンボールを操作し、専用ケージ内の空中に設置したリング状のゴールにドローンを通すことで、得点を競う競技です。お子様から高齢者まで、年齢・性別を問わず、またお身体に障がいがある方でも同じフィールドで楽しみを共有できるバリアフリーな競技です。

 当社はドローンサッカー(R)に関する活動を通じて青少年の健全な育成、地域コミュニティの活性化やバリアフリースポーツの導入と展開、浸透、そしてドローン操縦技術の向上を目的としています。


 当社はこのたび、ドローンサッカー(R)を広める活動の一つとして、関西エリア初となるドローンサッカー常設アリーナ「オートバックスセブンドローンサッカーアリーナ京都」を合同会社ビバ&サンガが運営するサンガスタジアム by KYOCERA内に設置、2021年10月20日(水)にグランドオープンし、本格運営を開始します。

 お客様は実際にドローンサッカー(R)の実機に触れることができ、操縦体験や人数が揃えばミニゲーム形式の試合を楽しんでいただけます。

 また、当施設ではドローンサッカーアリーナの運営だけではなく、Society 5.0に向け、AIやIoTといったデジタル技術の活用による地域課題解決のソリューション発信拠点としても活動します。当社が展開する「WEAR+i」見守りサービス関連の商品の展示や体験ゾーンを開設し、最先端のIoT技術を活用したサービスの紹介も行います。


■施設写真










 施設概要は下記の通りです。

 


■施設概要

名称
オートバックスセブン ドローンサッカーアリーナ京都
所在地
〒621-0804 京都府亀岡市追分町
 サンガスタジアム by  KYOCERA 1Fフードコート内  
営業時間
11:00~18:00
利用料金
1セット(3分)300円、3セット(9分)700円、5セット(15分)1,000円
定休日
毎週月火、不定休

【ご案内】「オートバックスセブン ドローンサッカーアリーナ京都」グランドオープンセレモニー

日時
10月20日(水)14:30~15:00
場所
オートバックスセブン ドローンサッカーアリーナ京都
参加者
石野茂(亀岡市副市長)
川崎浩孝(京都府文化スポーツ部文化スポーツ施設課長)
小森敏史(合同会社ビバ&サンガ代表社員  株式会社ビバ 職務執行者)
則末修男(株式会社オートバックスセブン執行役員)  

 ※『ドローンサッカー(R)』は、AOSテクノロジーズ株式会社の登録商標です。


 

 今後も「常にお客様に最適なカーライフを提案し、豊かで健全な車社会の創造を使命とする」という当グループの経営理念に基づき、新たなライフスタイルを提供してまいります。

 

以上

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報