100ギガアップリンクに対応した10ギガビットレイヤ3スタッ...

100ギガアップリンクに対応した 10ギガビットレイヤ3スタッカブルスイッチ 『DXS-3610シリーズ』を8月27日より受注開始

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下:D-Link)は、最大100ギガビットのアップリンクポートを搭載した、10ギガビットレイヤ3スタッカブルスイッチ『DXS-3610シリーズ』2製品4品番を、パートナー各社を通じて2021年8月27日より受注を開始し、9月以降順次出荷を開始いたします。


DXS-3610シリーズ


『DXS-3610シリーズ』は、標準ポート48ポートがすべて10ギガに対応しており、アップリンクとして40ギガまたは100ギガビット対応可能なQSFP28スロットを4スロット搭載したレイヤ3スタッカブルスイッチです。

シリーズとして2製品をラインナップしており『DXS-3610-54T』は、10G BASE-Tを48ポートとQSFP28を4スロット、『DXS-3610-54S』は10G SFP+を48スロットとQSFP28を4スロット搭載しています。


更にこの2製品は、必要とする機能によってソフトウェアイメージを選択することが可能です。

BGPやMPLS、VRF-Liteなど大規模ネットワーク向けのエンハンスドイメージ(EI版)、またはEI版までの機能が不要であればスタンダードイメージ(SI版)と、2つのソフトウェアイメージからネットワーク要件に合わせて選択可能です。


『DXS-3610シリーズ』は、前機種である『DXS-3600シリーズ』の後継機種にあたり、前機種と比較してポート密度は約2倍に、アップリンク帯域やスイッチ全体の帯域も2倍以上に拡張され、さらに処理能力やソフトウェア機能も大きく向上するなど、トラフィックが増え続ける企業ネットワークのニーズに対応しています。

企業や官庁、大学、病院など、広帯域と冗長性、信頼性を必要とする大規模法人の中継スイッチとして、または中規模法人のコアスイッチとしての利用に適しているとともに、中規模データセンター向けのリーフスイッチとしても適した製品です。


『DXS-3610シリーズ』は、法人のコアスイッチや中継スイッチ、或いはデータセンターなど信頼性を求められる場所に設置されるスイッチとして、信頼性を高める冗長化機能や管理機能、その他高い機能性を搭載しています。

万が一の故障の際にネットワーク経路を切り替えることで通信を途絶えさせない冗長化機能として、VRRPやリングプロトコル(ERPS)をはじめ、最大12台までの『DXS-3610シリーズ』を仮想のシャーシスイッチのように運用可能な物理スタック機能を搭載しています。またY.1731準拠のイーサネットOAMや、双方向フォワーディングテーブル(BFD)などイーサネット上の運用・管理・保守機能を高める機能や、Open FlowによるSDN管理を実現するなど、管理性を向上させる様々な機能に対応しています。


その他にも、L3レベルでネットワークを分離することが可能なVRF-Liteや、モードによってスイッチのDBリソースの割り当てを変更可能なスイッチリソースマネジメント(SRM)に対応するなど、高い機能性を有しています。


D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の保証)にも対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減いただくことが可能です。



【販売開始製品・価格】

DXS-3610シリーズ製品URL:

https://www.dlink-jp.com/product/switch/layer3_managed/dxs-3610/index.html


(1) 製品名:DXS-3610-54T

標準価格(税別):1,998,000円(SI版)、2,198,000円(EI版)

製品概要   :10ギガビットL3スタッカブルスイッチ、

        10G BASE-Tポート×48、40G/100G QSFP28スロット×6


(2) 製品名:DXS-3610-54S

標準価格(税別):1,498,000円(SI版)、1,698,000円(EI版)

製品概要   :10ギガビットL3スタッカブルスイッチ、

        10G SFP+スロット×48、40G/100G QSFP28スロット×6



【D-Link社について】

世界50国、120拠点を有する世界的なネットワーク機器メーカーD-Linkは、1986年創業から30年以上の歴史を持ち、エントリーレベルからハイエンドまでのスイッチ、無線LAN製品群、メディアコンバーター、IPカメラ、ネットワークセキュリティ等、ネットワーキングの全分野を網羅したネットワーク機器を、企画・製造・販売しております。

D-Linkは『Building Networks for People』の理念の元、お客様と社会全体にネットワーク機器を通して貢献できる製品作りをグループ全体で行い、約600の製品を年間3,000万台以上世界各国に向けて出荷しています。日本では約10年間OEM事業を中心に展開した後、2005年7月にD-Linkブランド製品の販売を目的とした日本現地法人を設立し、D-Link製品の国内への浸透を図っています。


URL: http://www.dlink-jp.com

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報