Stellar Cyber(ステラサイバー)とBlackBerryが提携、 AIを活用したエンドツーエンドのセキュリティを提供

AIをエンドポイントセキュリティおよび セキュリティ運用プラットフォームに導入するパイオニアが統合ソリューションを提供

カリフォルニア州サンタクララ - 2021年8月2日 - 主要な次世代セキュリティ運用プラットフォームであるStellar Cyber(ステラサイバー) は本日、BlackBerryと提携して、企業およびMSSP向けのAIを活用したセキュリティソリューションの採用を加速することを発表しました。両社は、AIと機械学習を使用してセキュリティソリューションから署名と手動スクリプトを排除するパイオニアであり、AIベースのセキュリティ採用の刺激として、統合ソリューションを一緒に市場に提供する予定です。このソリューションは、BlackBerryの初のAI主導による防止の統合エンドポイントセキュリティ製品とStellar Cyberのセキュリティ運用プラットフォームを組み合わせたものです。


BlackBerryは、AI主導の防止優先アプローチを利用することにより、エンドポイント保護ソリューションが組織に対してできることとすべきことを再定義しました。Stellar Cyberは、セキュリティ運用環境にAIを追加する先駆者であり、手動によるルールの作成と管理を排除するのに役立ちました。市場に参加することで、企業とMSSPにより高い効率、より低い誤検知率、そして今日の多層サイバー攻撃に対する大幅に優れた保護を提供します。


“人工知能は、今日のサイバーセキュリティ環境における大量のデータとますます複雑化する攻撃を理解する唯一の方法です。Cylance AIを活用することで、BlackBerry(R)ProtectとBlackBerry(R)Opticsは、既知および未知の攻撃を実行前に検出および防止できます。”と、BlackBerryのグローバルセールスエンジニアリング担当副社長であるアレックス・ウィリス氏は述べています。“AIをセキュリティオペレーションセンター(SOC)ソリューションスペースに導入しているリーダーであるStellar Cyberと提携することで、その市場への参入を加速することが期待されます。”


“BlackBerryはサイバー攻撃防止のリーダーであり、Stellar Cyberは脅威の検出と対応を自動化することでソリューションを補完します。”と、Stellar Cyberの製品管理担当副社長であるサム・ジョーンズ氏は述べています。“このパートナーシップを通じて、当社の再販業者と市場開拓パートナーは、既存の投資に高度なセキュリティオペレーションセンター機能を追加することで、BlackBerryの顧客に付加価値を提供できます。”



■リソース

Stellar Cyber(ステラサイバー)導入事例

https://stellarcyber.ai/jp/case-studies/



■Stellar Cyber(ステラサイバー)について


Stellar Cyber ロゴ


Stellar CyberのOpen XDRプラットフォームは、すべてのツールからデータを取り込み、攻撃対象領域全体のインシデントにアラートを自動的に関連付け、より少ない忠実度のインシデントを配信し、AIと機械学習を通じて脅威に自動的に対応することで、すべての検出と応答を提供します。MITRE ATT&CKフレームワークと完全に互換性のあるXDR Kill ChainTMは、直感的に理解しながら、最新の攻撃のあらゆる側面を特徴づけるように設計されています。これにより、すべての攻撃活動を早期かつ正確に特定して修正すると同時に、コストを削減し、既存のツールへの投資を維持し、アナリストの生産性を向上させることで、企業のリスクを軽減します。通常、当社のプラットフォームはMTTDで20倍、MTTRで8倍の改善を実現します。同社はシリコンバレーを拠点としています。詳細については、下記のコーポレートサイトからお問い合わせください。


Stellar Cyber(ステラサイバー)コーポレートサイト

https://stellarcyber.ai/jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報