インフラジスティックス Ultimate 2021 Vol.1 - UX/UIツールキットをリリース  デザイナーとデベロッパーの共同作業を促進

~ Indigo.Design、Angular、React、Web Components、 Windows Forms、WPFに革新的な新機能を発表 ~

インフラジスティックス・ジャパン株式会社(代表取締役:東 賢)は、Infragistics Ultimate 21.1のリリースをお知らせします。今回のリリースでは、デジタルプロダクトデザインプラットフォームである「Indigo.Design」を搭載。アプリのデザインと開発者のコラボレーションに新境地を開き、アプリ構築を通常のプロセスに比べて最大10倍のスピードで実現します。


Ultimate 21.1 image


■Infragistics Ultimate 21.1、3つのテーマ

1. 完全なDesign-to-Codeプラットフォームである「Indigo.Design App Builder」で開発者およびデザイナーの生産性が向上

2. Angular、React、Web Components 、ASP.NET Coreにおけるイノベーションと新しいエクスペリエンス

3. Visual Studio 2019に対応したWindows FormsとWPFの強化



■Design-to-Codeで卓越したプロダクトを実現

今日のアプリ開発における最大の課題は、デザインからコードまでのアプリ制作を効率化することです。Indigo.Design App Builderは、業界初のWebベースのWYSIWYG IDEを備えた新しいDesign-to-Codeプラットフォームです。App Builderは、デザイナーと開発者のコラボレーションを改善し、UIやUXのバグを排除しながらアプリの提供を高速化します。

Indigo.Design App Builderでは、Webベースのプラットフォームであることを除けば、Visual Studioのようなツールと同様のWebベースの統合開発環境(IDE)を手に入れることが出来ます。

またツールボックスには、Infragistics IgniteのUIコンポーネント・ライブラリに直接マッピングされたIndigo Design Systemから本物のUIコンポーネントが満載されています。

App BuilderはIndigo.Designの画期的な新機能であり、アプリ制作プロセスで最終的な開発に至るまでの主な5つのステップにおいて、UIとUXのベストプラクティスが統合されたプラットフォームです。


1. UIプロトタイプの作成:使用可能なコンポーネント、60以上のUIコントロール、事前に用意されたアプリテンプレート、プリセットされたレイアウトやデザインパターンのオプションを含む完全なデザインシステムを使用して、インタラクティブなプロトタイプを作成できます。また、Sketchから自分のカスタムデザインをインポートすることも可能です。(Adobe XDとFigmaについても近日サポート予定)


2. アプリデザインの構築:Indigo.DesignのApp Builderは、開発者向けWYSIWYGドラッグ&ドロップツールです。直感的なUIで画面をデザインできるため、ハンドコーディングよりも最大80%速くアプリを構築することができます。


3. コーディング前に、どこからでもアプリをテスト:リモート環境でユーザーテストを実施し、ステークホルダーからのフィードバックをコーディング前の早い段階で得ることで、コストのかかる反復作業を避けることができます。開発フェーズに入る前に、画面ごとにビデオ分析を行い、デザインが正しいかどうかを確認できます。


4. アプリとコードをリアルタイムにプレビュー:デザイナーは、アプリデザインの過程でリアルタイムプレビュー機能により、リアルタイムのソースコードを確認したり動作を体験することができるため、コードを1行も書かずにデザイン作業を繰り返すことができます。


5. コード生成:UIをピクセル単位で完璧に仕上げた後、ユーザーはそのデザインをAngular用のHTML、TypeScript、CSSに変換し、開発者に渡すことができます。(React、Web Components、Blazorについても近日リリース予定)


App Builderを含むIndigo.Designの全ての機能は、Infragistics Ultimate 21.1のリリースに含まれています。



■Angular・Blazor・Web Components・Reactへの機能強化

Infragistics Ultimate 21.1は、Angular・Blazor・Web Components・Reactに対応した、業界をリードするインフラジスティックスのツールキットの強化など、最新のWebに対応した革新的な新コンポーネントや機能を提供します。

Ignite UI for Angular v12は、Googleフレームワークの最新版であるAngular 12をサポートするマテリアルデザイン対応のUIライブラリです。新しいAngular Treeコンポーネント・テーマの強化・Excelへのエクスポートによる階層型グリッド機能・日付時間&時刻のカラムタイプ・リファクタリングされた日付&時刻ピッカーコンポーネントなど数十種の新機能を搭載しています。



■WPFとWindows Formsにおける継続的なイノベーション

Windows Formsと WPFは、企業でアプリケーションを開発する際に最も人気のあるプラットフォームです。インフラジスティックスは20年以上にわたり、デスクトップ開発者向けに最も機能が充実したリッチクライアントツールを提供してきたこの分野のリーダーであり、今後もこれらの人気プラットフォーム向けに革新的な製品を提供していきます。

今回のリリースでは、チャート、地理空間マップ、Visual Studioでの.NET Core / .NET 5デザインタイムのためのデザイナーの更新など、30種類以上の改善が行われています。開発者の皆様は、Infragistics Ultimateの21.1リリースにより、デスクトップアプリケーションでお客様に価値を提供し続けることができます。

インフラジスティックス開発ツール製品担当シニアバイスプレジデントJason Beresのコメント:

「Infragistics Ultimate 21.1は、それぞれの開発プラットフォーム上で最も優れた開発環境を実現します。Infragistics Ultimate 21.1は、Windows Forms、WPF、.NET CoreといったInfragistics Ultimateの主力フレームワークに加え、Blazor、Angular、React、Web Componentsといった最新のWebフレームワークや、アプリの設計・開発を飛躍的に加速させるための新しいApp BuilderであるIndigo.Designなどのアップデートを提供します。」



■Infragistics Ultimateについて

Infragistics Ultimate 21.1は、デザイン・開発チーム向けUX&UI製品のフラッグシップモデルです。MicrosoftのBlazorや標準ベースのWeb Componentsといった新しいWeb開発プラットフォームを、レガシーなWeb製品からの移行や、デスクトップからWebへのデジタルトランスフォーメーションを推進する開発者に提供いたします。

Infragistics Ultimate 21.1は、最新のツールや技術を用いて、世界中の開発者を強力に支援します。



■インフラジスティックスについて

インフラジスティックスは、UX/UI開発ツールキットやコラボレーションツールを30年以上にわたって全世界で提供しているリーディングカンパニーです。全世界で200万人以上の業務アプリケーション開発者が利用しているUX/UI開発ツールキット「Infragistics Ultimate」「Infragistics Professional」「Ignite UI」のほか、組込分析ソリューション「Reveal」やコラボレーションツール「SharePlus」等のビジネスツールを提供し、業務ソフトウェア開発における生産性向上や優れたUXデザインの実現を支援しています。

ホームページ: https://jp.infragistics.com

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報