サービス業従事者のための「感情労働従事者(エモーショナルワー...

サービス業従事者のための 「感情労働従事者(エモーショナルワーカー)向け メンタルヘルスケアプログラム」を開始

人材育成コンサルティングのA&Cアソシエイツ株式会社(所在地:東京・大阪・上海)は、国内外のメンタルヘルスケアを行う株式会社MD.ネット(所在地:東京)と提携し、接客・サービス・医療業等に従事する「感情労働従事者向けメンタルヘルスケアプログラム」を2月1日より開始します。


コロナ禍により、「感情労働」とも呼ばれる様々な対人サービスに従事する方々が、顧客や上司という従来のストレスに加え、「感染予防対策」や「業績や自分の雇用の不安」などのストレスにさらされています。

それらストレスは、解決策や終わりが見えず、従来のストレスをより深刻にさせていると思われます。


本サービスは、そのような感情労働のストレスにさらされる方々へのサポートとして、ストレスチェック、オンライン研修、会社のサポート体制構築、専門家によるカウンセリングなどを一貫して行い、ストレスの軽減や解決に取り組むものです。

これら取り組みにより、メンタルヘルス問題の予防や、バーンアウト(燃え尽き)による離職はもちろんのこと、社員が自分の仕事への誇りを持ち、組織全体としてより活性化できることを目指します。



■サービス概要

【内容】

全てWEBで実施予定です。対面でのサポートも可能です。

・ストレスチェック

 個人と組織のストレス要因とその影響度合いを明確にします。

・オンライン研修

 スタッフだけでなく管理者も対象とし、ストレス発生のしくみや対処の仕方、怒りなど感情のコントロール方法を学んでいただきます。

・会社のサポート体制構築

 休憩の時間や場所の確保、高ストレス業務への支援体制など組織的に取り組むことをご提案します。

・不調者に対する専門家によるカウンセリング

 心身に不調を感じたスタッフに対し、できるだけ早期に精神科医や心理士がサポートします。


【対象となる方々】

・ホテル、飲食業、小売業などの接客スタッフ

・医療関係従事者


【対応言語】

日本語、英語、中国語。

従事者の中に外国人がいらっしゃる場合も、是非ご相談ください。


【サポートチーム】

豊富な経験を持つ、精神科医、心理士、コンサルタント、キャリアカウンセラーのチームで対応します。



■「感情労働」とは

アメリカの社会学者 A.R.ホックシールドが提唱した働き方の概念で、「肉体労働」「頭脳労働」と並ぶカテゴリとされ、労働そのものに「感情の抑制」「理不尽な要求への対応」「自主性の放棄」「尊厳の明け渡し」などを求められることがある職務のことです。

代表的な業界としては、宿泊・ホテル業、飲食サービス業、小売業、コールセンター、航空業、保育や教育、医療などが挙げられます。

「肉体疲労が身体的休養」、「頭脳疲労が気分転換など脳の休養」で回復しやすいことと比較して、感情疲労は回復や解消が容易ではなく、ストレスが蓄積しやすいという特徴があります。

本サービスでは、これら感情労働に従事される方々を「エモーショナルワーカー」と呼称しています。



■お問い合わせ窓口

以下、いずれかのメールにてお問い合わせください。

A&Cアソシエイツ株式会社: info@ac-a-jp.com

株式会社MD.ネット   : md-info@mdnet-tokyo.com



■会社概要

【A&Cアソシエイツ株式会社】

所在地 : 東京・大阪・上海

代表者 : 尾上 昌隆

設立  : 2007年

URL   : http://cp.ac-a-jp.com/

事業内容: 日本及び中国におけるコンサルティング及び社員教育


【株式会社MD.ネット】

所在地 : 東京

代表者 : 佐野 秀典(医学博士・精神科医)

設立  : 2004年

URL   : http://www.md-net.co.jp/

事業内容: 海外勤務者の健康管理支援、

      日本企業向け 休職者・復職者コンサルティング など

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報