東京電力ホールディングス㈱大型蓄電池システムの火災事故はなぜ...

東京電力ホールディングス㈱大型蓄電池システムの火災事故はなぜ頻発するのか【会場受講先着15名様限定】【JPIセミナー 1月14日(木)開催】

◆ライブ配信有◆ 蓄電池システムの国際標準化 火災事故の未然防止 ~海外の事故分析と日本発案 IEC62933-5-2:2020 の誕生秘話~

日本計画研究所は、東京電力ホールディングス株式会社 スペシャリスト 田代 洋一郎 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。
本セミナーは、会場(先着15名様限定)及び、ライブ配信受講のいずれかをご選択いただけます。

タイトル

蓄電池システムの国際標準化 火災事故の未然防止
東京電力ホールディングス㈱大型蓄電池システムの火災事故はなぜ頻発するのか
~海外の事故分析と日本発案 IEC62933-5-2:2020 の誕生秘話~

講義概要

韓国を中心に大型蓄電池システムの火災事故が継続している。ここでは、最新の事故事例分析を基にその原因・メカニズムを明らかにし、その対策を検討する。また、本講演においては、2020年4月に演者が国際リーダーとして制定に関わったIEC62933-5-2の活用を考える。この国際規格は日本発案であり、2021年初頭のJIS化も予定されているため、今後の蓄電池システム導入には不可欠な規格となることから、その内容と活用方法を早期に理解することは有益と考える。

講義項目

1.韓国の事故事例分析
  (1)第2次事故調査委員会の報告概要
  (2)韓国における安全対策
2.米国の事故事例分析
  (1)APS事故分析
  (2)LG化学の事故分析
3.国際標準化の動向
  (1)IECにおける蓄電池規格の現状(安全性、リユースほか)
  (2)IEC62933-5-2(JIS C 4441)の概要
4.IEC62933-5-2の活用方法
5.関 連 質 疑 応 答
6.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

講  師

東京電力ホールディングス株式会社
経営技術戦略研究所(TRI) 技術開発部需要家エリア(Energy Storage System)
兼 リソースアグリゲーション室(eMobility)
兼 蓄電池ビジネス準備室 スペシャリスト
田代 洋一郎 氏

開催日時

2021年01月14日(木) 16:30 - 18:30

会  場

JPIカンファレンススクエア

東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL:03-5793-9761
FAX:03-5793-9766
https://www.jpi.co.jp/access

参加費

▶民間参加費 1名: 33,380円 (資料代・消費税込)
 2名以降 28,380円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費込)

ライブ配信について

ライブ配信受講ご希望の場合は、お申込時「ご連絡・ご質問欄」にご記入をお願いいたします。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを
   開催日の2営業日前にお送り致します。開催日時にZoomミーティングへ
   ご参加ください。
<3>当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
   受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、
   ご遠慮なくお申し付けください。
※ご希望の方には事前の受講接続テストをさせていただいております。

〔詳細・申し込み〕

【お問合せ】

JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  https://www.jpi.co.jp

【株式会社JPI(日本計画研究所)】

“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。