インターシステムズ、コニカミノルタジャパンとパートナー契約を...

インターシステムズ、 コニカミノルタジャパンとパートナー契約を締結

IRIS for Healthが、すべてのデータの見える化による 医療の質・安全向上の取り組みを支援

顧客の最も重要である、拡張性、相互運用性、およびスピードに関する課題の解決を支援する創造的なデータ・テクノロジー・プロバイダーであるインターシステムズは、コニカミノルタジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大須賀 健、以下 コニカミノルタジャパン)と、パートナー契約を締結したことを発表しました。



コニカミノルタジャパンは、情報機器、ヘルスケア、計測機器の分野で、さまざまなソリューションを扱う、課題提起型デジタルカンパニーです。ヘルスケア分野においては、X線画像診断システムや超音波診断装置のほか、検査データや文書データなどを一元管理し、利活用するためのシステム(ファイリングシステム、ドキュメントシステム)を多くの医療施設に提供しています。


この度のパートナー契約により、インターシステムズは、医療データからの価値の抽出に特化して開発された世界初で唯一のデータプラットフォームであるInterSystems IRIS for Health(TM)をコニカミノルタジャパンに提供し、電子カルテ、画像診断システム、検査システム、ドキュメントシステムなど、さまざまなシステムに散在するすべてのデータの見える化と利活用を可能にし、さらなる医療の質・安全の向上に寄与する今後の同社のシステム開発を支援します。


インターシステムズジャパン株式会社 カントリーマネージャー林 雅音は、今回の協業について、次の様に述べています。

「InterSystems IRIS for Healthによる医療情報交換の新しい標準である HL7 FHIR(R) のサポートと、医療データの高速処理能力を高く評価いただき、コニカミノルタジャパン様のシステム開発の中核にご採用いただいたことを大変嬉しく思います。HL7 FHIR(R)による相互運用性と膨大な医療情報を高速に処理・分析・言語解析する同社の新システム開発への支援を通して、必要な情報を必要とされる医療従事者に確実に届け、さらに社会問題化している医療従事者のアラート疲労注低減に貢献していきたいと思います。」


注:過度のアラートを受信することによる医療従事者の疲労で、応答時間や応答率が低下して医療安全に関わる重大な事象と言われている。



【InterSystems IRIS for Health(TM)について】

InterSystems IRIS for Healthは、医療・健康データを扱い、そこから価値を引き出すために特化して開発された世界初で唯一のデータプラットフォームで、今日および将来の医療のニーズに対応するための相互運用性やツールを提供し、医療向けアプリケーションの開発を支援する製品です。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/jp/products/intersystems-iris-for-health/



【インターシステムズについて】

インターシステムズは、医療、金融、ロジスティクス分野における非常に重要なデータを扱うためのデータテクノロジーを提供するリーディング・プロバイダーです。インターシステムズのクラウドファーストデータプラットフォームは、世界中の大規模組織の相互運用性、スピード、拡張性の問題を解決しています。また、病院の電子医療記録、地域や国の統一医療記録、検査情報管理システムのための独自のマネージドサービスの開発とサポートも行っています。そのサポートは高く評価されており、80カ国以上の顧客やパートナーに24時間365日、卓越したサービスを提供しています。1978年に設立されたインターシステムズは、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く株式非公開企業です。世界25ヵ国に拠点を構えています。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://InterSystems.com/jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報