インターシステムズ、クラウドデータベース管理システムについて...

インターシステムズ、 クラウドデータベース管理システムについての 初めてのガートナー・マジック・クワドラントレポートで、 ビジョナリーの1社に位置づけられる

インターシステムズの「実行能力」と「ビジョンの完全性」を評価

米国マサチューセッツ州ケンブリッジ - 顧客の最も重要である、拡張性、相互運用性、およびスピードに関する課題の解決を支援する創造的なデータ・テクノロジー・プロバイダーであるインターシステムズは、クラウドデータベース管理システム(DBMS)のための初めてのガートナーマジック・クアドラントにおいて、ビジョナリー・クアドラントに位置づけられました。


概要はこちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/gartner-magic-quadrant-cdbms/


このマジック・クアドラントレポートには、16社のベンダーが含まれ、インターシステムズはビジョナリーと位置付けられている4社のうちの1社です。


InterSystems IRIS(R) Data Platformは、高性能な分析およびトランザクションの同時処理と、あらゆる種類のデータのネイティブな相互運用性を組み合わせた統合データ・プラットフォームで、医療、金融、その他の業界のアプリケーションを強力に支援します。インターシステムズは、論理データウェアハウスのユースケースとオペレーショナル・インテリジェンスのユースケースにおいて、上位4社にランクされています。



セルフサービスBI機能を提供するInterSystems IRIS Adaptive Analyticsや簡単に自動機械学習の利用を可能にするIntegratedMLなどのソリューションにより、拡張トランザクションの開発が容易になります。InterSystems IRISは、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどの複数のパブリック・クラウド・マーケットプレイスで利用可能で、世界中に展開されています。



■Data Platform製品担当副社長 スコット・ナウ コメント

「今年は組織のレジリエンス(回復力)が限界まで高められ、多くのデジタルトランスフォーメーション戦略が加速しています。当社は、InterSystems IRIS Adaptive Analytics(*2)やIntegratedML(*1)などの新しいツールから、データの相互運用性への継続的な取り組みに至るまで、こうした変革を実現するためにInterSystems IRISの開発に重要な投資を行ってきました。当社は、世界で最もミッション・クリティカルなアプリケーションの一部を支援できることを誇りに思い、今後もお客様に俊敏で回復力のある組織を実現するために必要なツールと機能を提供していきます。」



インターシステムズは、2019年および2020年の「オペレーショナル・データ管理システムについてのガートナー・ピア・インサイト・カスタマーズチョイス(Gartner Peer Insights Customers' Choice for Operational Database Management Systems)の1社にも認定されています。

InterSystems IRIS Data Platformのレビューはこちらをご覧ください。

https://www.gartner.com/reviews/market/operational-dbms/vendor/intersystems



2020年のクラウドDBMSについてのマジック・クアドラントは、こちらから無料でご覧いただけます。

Gartner, Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems, Donald Feinberg et al., 23 Nov 2020

https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-24NM3UP3&ct=201125&st=sb



InterSystems IRISの詳細については、こちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/jp/products/intersystems-iris/



(注記)

*1: InterSystems IRIS Adaptive Analytics: InterSystems IRISのセルフBIツール機能。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/jp/news-events/news/news-item/introducing-intersystems-iris-adaptive-analytics-new-solution-expands-self-service-business-intelligence-capabilities-within-intersystems-iris-data-platform/


*2: IntegratedML - InterSystems IRIS からAutoMLを簡単に利用できる機能。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/jp/news-events/news/news-item/intersystems-announces-general-availability-of-integratedml/



【ガートナー免責事項】

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

インターシステムズは、2020年4月にガートナー社の「オペレーショナル・データ管理システムについてのガートナー・ピア・インサイト・カスタマーズチョイス」の1社に選ばれました。


Gartner Peer Insights “Voice of the Customer”: Operational Database Management Systems, 6 April 2020 

Gartner Peer Insights Customers' Choiceは、個々のエンドユーザーのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。


Gartner Peer Insights for Operational Database Management Systems (ODBMS)は、こちらをご覧ください。

https://www.gartner.com/reviews/customers-choice/operational-dbms



【インターシステムズについて】

1978年に設立されたインターシステムズは、医療、金融、製造、サプライチェーン分野における極めて重要なデータを扱うためのテクノロジーを提供するリーディング・プロバイダーです。インタシステムズのクラウドファースト・データ・プラットフォームは、世界中の大規模組織の相互運用性、処理スピード、拡張性の問題を解決します。インターシステムズはまた、病院のEMR、地域や国のための統一ケア・レコード、検査情報管理システムのための独自のマネージド・サービスの開発とサポートも行っています。インターシステムズは、受賞歴のある24時間365日のサポートで、80カ国以上の顧客やパートナーに卓越したサービスを提供しています。米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置き、世界中に拠点をもつ株式非公開企業で、世界各地に25のオフィスを構えています。

詳細については、こちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報