余暇時間も「スマホゲーム」がTOP 「ほぼ毎日」プレイは10...

余暇時間も「スマホゲーム」がTOP 「ほぼ毎日」プレイは10~30代で5割超

-スマホアプリゲームの利用実態に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県13~39歳の男女を対象に「スマホアプリゲームに関する調査」を実施しました。スマホアプリの中でも、特にゲームは多くの時間が割かれているアプリの一つです。今回はスマホアプリゲームの利用実態やインストールしているゲームタイトル、余暇時間の使い方などについて10代にフォーカスし分析しました。
この調査では、LINE株式会社が提供する「LINEリサーチ」を、アライアンスパートナーのクロス・マーケティングが利用してアンケートを実施しております。
LINEリサーチについてはこちら・・・https://www.cross-m.co.jp/service/line_research/

■調査結果

10~30代の約半数がほぼ毎日スマホアプリのゲームをプレイ。

10~30代では、半数以上がスマホアプリのゲームを「ほぼ毎日」プレイしている。全くプレイしない人は2割に留まる。<図1>性年代別に見ると、男性では13-15歳、女性では35-39歳が最も「ほぼ毎日」ゲームをプレイする割合が高い。<図2>

余暇時間もスマホゲームがTOP。 女性16-19歳はゲーム・SNS・音楽と様々な時間の使い方を楽しむ。

1ヶ月以内にゲームをインストールした人を対象に、直近1ヶ月間の余暇時間(在宅中や移動中、暇な時間など)の行動について聴取した。スマホゲームは必然的に高くなると予想できるものの、選択肢の中で最も高い結果に。性年代別にみると、「スマホゲーム」は男性16-19歳で特にプレイされている一方、女性16-19歳ではゲームと同程度で「SNS・音楽」も高い。選択肢平均回答個数をみても、女性がより多くの選択肢を選んでおり、様々な時間の使い方をしている様子。また、女性同年代と比較して男性13-15歳では余暇時間に「SNSを見る」は低く、男性はSNSを始める年齢が遅めと推察される。<図3>

■調査項目

調査概要
調査サマリー
□10代の特徴まとめ
□普段のゲームプレイ頻度(スクリーニングデータ)
□余暇時間
□直近1ヶ月以内にインストールしたゲームジャンル
□直近1ヶ月以内にインストールしたゲームタイトル
□インストールきっかけ
□直近プレイ時期とインストールきっかけ
□ゲームプレイアクティブ率
□スマホアプリゲームの購入・課金経験
詳細編(グラフ集)
◆レポートのダウンロードはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/it/20201014gameapp

■調査概要

調査主体  : 株式会社クロス・マーケティング
調査手法  : LINEリサーチ プラットフォーム利用の調査
調査地域  : 一都三県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)
調査対象  :
 スクリーニング条件)  13〜39歳の男女
 本調査対象者条件) 普段スマホアプリのゲームをすることがある かつ
 直近1ヶ月以内にスマホアプリゲームのインストールした人
調査期間  : 2020年8月31日(月)~9月1日(火)
有効回答数 : スクリーニング8,237サンプル 本調査1,100サンプル  
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

【会社概要】

会社名 : 株式会社クロス・マーケティング [http://www.cross-m.co.jp/]{http://www.cross-m.co.jp/}
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 : 2003年4月1日
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業
◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : [pr-cm@cross-m.co.jp]{mailto:pr-cm@cross-m.co.jp}
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。