法人税申告書作成SaaS『決算ロボット』を10月6日販売開始...

法人税申告書作成SaaS『決算ロボット』を10月6日販売開始  第一弾として会計ソフト「PCA会計DX クラウド版」と WEB-API連携スタート

株式会社ROBON(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荒木 岳夫、以下 ROBON)は、この度、会計ソフト/ERPソフトとWEB-APIで自動連携してデータを取得、そこから申告に必要なデータへ加工を行い、法人税申告書を作成するSaaSを開発し、10月6日よりサービスリリース致します。



【開発の背景】

このコロナ禍でより明らかになりましたが、バックオフィス業務、特に経理部の皆様の業務内容は資料やデータへのアクセスの観点から、ワークスタイルの変革を行うのが非常に困難です。しかし、この状況を変革しなければなりません。一方、税理士の状況を見てみると、年々受験者人口が減っています。しかし、逆に企業ではM&A、個人では副業のために確定申告が増え、結果、税理士事務所/会計事務所の数は増えています。根本的に税理士/会計士が不足しているのです。このような背景から企業様も士業の皆様も共に、業務の生産性向上が急務となっています。



【『決算ロボット』で出来ること】

(1)会計ソフト/ERPソフトとWEB-API連携して、「決算ロボット」が法人税申告書を作成します。


(2)「電子申告」にも対応します。Webブラウザで申告まで一連の作業が完結します。


(3)AWS環境で提供する完全クラウドサービスです。「時間」「場所」「クライアントライセンス数の制限」のすべてから解放されます。



【このサービスが持つ意味】

(1)企業にて会計ソフトやERPパッケージで会計処理されたデータと弊社の提供する「決算ロボット」がデータの連携を自動化することで、法人税申告書作成業務の負荷を大幅に軽減します。


(2)税理士/会計士の皆様におかれましても、クライアントの決算期が集中する時期に過密化する業務量を減らす事で、人的リソースの圧迫を解消し、更なる顧客満足を提供できるようになります。


(3)専門的な業務領域の様々な障壁をなくすことで、スムーズなビジネス環境を構築し、真の意味の「働き方改革」を実現します。



【「グループ通算制度」にも対応】

2022年4月事業年度スタートの法人様から適用される「グループ通算制度」にも対応を予定しております。

「グループ通算制度」対応のシステムをご検討されている企業様、まずは一度お問合せください。


これからの人口減少社会において、業務の生産性向上は不可欠です。コロナ禍により半ば強制的に進んだ社会的環境変化において、営業面や単純作業に関わる分野の自動化は劇的に進みました。しかし、専門家の業務知識が必要とされる分野においては、いまだ十分な自動化が実現できていません。

ROBONでは、豆蔵ホールディングスグループが技術力世界一を目指して展開しておりますソフトウェア開発を実践することにより、この課題を克服してまいります。



【エンドースメント】

ピー・シー・エー株式会社は、「決算ロボット」と「PCA会計DX クラウド」のWeb-APIによるデータ連携発表を心より歓迎いたします。

「決算ロボット」と「PCA会計DX クラウド」の連携で実現する会計データのシームレスな連携により、法人税申告書作成業務の負荷を軽減し、お客様の業務効率化を大幅に向上させるものと確信しております。

今後もピー・シー・エー株式会社は、株式会社ROBON(ロボン)様と連携し、お客様の業務効率化に貢献してまいります。

ピー・シー・エー株式会社 代表取締役社長 佐藤 文昭



【会社概要】

商号  : 株式会社ROBON(ロボン)

所在地 : 〒163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル22階

設立  : 2019年4月

代表者 : 代表取締役社長 荒木 岳夫

資本金 : 80百万円

株主構成: 株式会社豆蔵ホールディングス 100%

URL   : https://www.robon.co.jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報