新たなヘルスケア事業分野の展開を強化 (株)ミルテルへの出資...

新たなヘルスケア事業分野の展開を強化  (株)ミルテルへの出資および業務提携契約の締結

帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)は、このたび、広島大学発のベンチャー企業で未病・疾患早期発見検査を提供する株式会社ミルテル(本社:広島県広島市南区、社長:田原 栄治)に出資し、業務提携契約を締結しました。

今後、帝人グループでニュートラシューティカル製品(健康の維持に明確な科学的根拠を有する食品)の販売を手がけるNOMON株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山名 慶)が、ミルテルが展開する医療機関を介した血液検査による未病検査、およびがんなどの疾患の早期発見を促す検査の販売支援を行い、ミルテルがNOMONのサプリメントを販売するなど、相互の販路活用によって販売協力し、双方の認知拡大に取り組んでいきます。



1.背景・経緯

(1)帝人グループは、中期経営計画において「少子高齢化・健康志向ソリューション」の提供を掲げており、既存事業で培った強みを活かして、保険内外領域での画期的なヘルスケアサービス・製品の創出を目指しています。


(2)その中にあって、ニュートラシューティカル製品を販売展開するNOMONは、高純度NMN(*)を配合したサプリメント「NADaltus(ナダルタス)」、本わさび抽出物を含有する「WASAbis(ワサビス)」などの販売を通じて、前向きに歳をとるプロダクティブ・エイジングの実現を目指しています。

(*)NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド):加齢で減少する生体内物質の前駆体で、細胞内濃度を維持することにより、健康的な体のコンディションを維持することが期待されている。


(3)一方、ミルテルは、広島大学大学院 田原 栄俊 教授の研究成果を実用化すべく、2012年9月に起業した大学発のベンチャー企業です。2013年9月には遺伝子検査業務を行う衛生検査所として登録し、未病検査「テロメアテスト」、「がん」などの疾患の早期発見を促す検査「ミアテスト」などの「ミルテル検査」を医療機関に提供しており、疾患の予防と早期発見を通じて、国民の健康長寿や医療費の削減に貢献することを目指しています。


(4)帝人グループとミルテルは、健康寿命延伸および医療費削減への貢献という理念を共有できたこと、事業の展開領域や戦略、保有技術などからシナジーが期待できることから、このたびの出資および業務提携契約の締結に至りました。



2.NOMONの提供製品について

(1)「NADaltus(ナダルタス)」

NMNを高配合したサプリメントで、体のコンディションを維持し、健やかな心と体づくりをサポートします。NMNは人や生物の体内で自然につくられる物質で、ごく微量ながら、母乳やブロッコリー、アボカド、枝豆などの野菜にも含まれています。


(2)「WASAbis(ワサビス)」

本わさびの根茎から抽出された健康成分「わさびスルフォラファン」を含有するサプリメントです。多くの研究成果が報告されており、体の中からきれいにする多面的な有用性が期待されています。



3.ミルテルの提供サービスについて

(1)「テロメアテスト」

細胞の老化を決める重要な構造体である「テロメアGテール」の長さを解析する、世界オンリーワンの技術(2020年8月時点)を用いた血液検査による未病検査です。これまでの生活習慣の影響を実年齢との差で示した「テロメア強度」や、日々受けるストレスなど現在の生活習慣の影響を示した「テロメア疲労度」を測定することができます。


(2)「ミアテスト」

各臓器から出る疾患特異的な因子(マイクロRNAなどの小分子RNA)を検出し、がんなどの疾患の早期発見を促す血液検査です。2013年より開始し、2020年8月末時点で既に700以上の登録医療機関に検査サービスを提供しています。採血による検査のため、既存の検査に比べて患者さんの負担が少なく、画像検査などでは発見しにくいレベルの疾患も検知することが期待できます。



4.今後の展開

(1)帝人グループは、「少子高齢化・健康志向ソリューション」の提供を通じて持続可能な社会の実現に貢献し、NOMONを含むヘルスケア事業は、今後も「あらゆる年齢の人々の健康的で快適な生活を支える製品・サービスの提供」を目指していきます。


(2)ミルテルは、人々の健康長寿社会と医療費削減のため、「未病・予防」の知見に基づいた革新的なサービスの開発・提供に取り組み、「未病状態の把握」と「疾患の早期発見」のサービスを様々な切り口で提供することで、より健やかで豊かな人生の実現を目指していきます。


(3)今後、NOMON、ミルテルの両社は、相互の販路を活用した販売協力と認知拡大に取り組むとともに、「テロメア」などの老化マーカーとNMNとの関係性を明らかにするエビデンス構築を目指していきます。



以上

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報