マークスタイラーのハイファッションセレクトショップ「valv...|

マークスタイラーのハイファッションセレクトショップ「valveat 81」、 2011年8月28日(日)でオープン1周年  ~日本初!MARIA RUDMANスペシャルオーダー会ほか記念イベント実施~

2011.08.22 14:00

MARK-STYLER株式会社(代表取締役会長:惠藤 憲二 本社:東京都渋谷区 以下、マークスタイラー)が展開する、ハイファッションスタイルを提案するセレクトショップ「valveat 81(ヴァルヴィート エイティーワン)」は、このたび2011年8月28日(日)をもちましてオープン1周年を迎えます。

ショップ内観・外観
ショップ内観・外観

マークスタイラーは、かつてパリの老舗セレクトショップ「L'ECLAIREUR TOKYO(レクレルール東京)」の運営を行っておりましたが、そのノウハウをもとに独自の世界感を演出した「valveat 81」の事業を展開しております。ヤングレディースブランドを展開する一方、ハイエンドのファッションスタイルの提案にも現在注力しており、幅広い顧客のニーズに応えられる企業を目指しております。

なお、これまで「valveat 81」を応援してくださった皆様への感謝をこめて、FILIP PAGOWSKI(フィリップ・パゴウスキー)の限定コラボレーションアイテムやMARIA RUDMAN(マリア・ルドマン)のスペシャルオーダー会をはじめとする、1周年記念イベントを多数開催いたします。

【「valveat 81(ヴァルヴィート エイティーワン)」について】
「valveat 81」は、パリの老舗セレクトショップ「L'ECLAIREUR TOKYO(レクレルール東京)」の跡地である南青山に、マークスタイラーが2010年8月28日より展開する、ハイファッションスタイルを提案するセレクトショップです。
ボタニカルデザイナー東 信氏による、緑あふれる独創的な中庭と、白を基調とした明るく開放的な店内には世界中から集められたハイセンスなアイテムが揃い、心豊かな癒しと心地よい刺激の調和がとれた空間で上級のホスピタリティーを提供しています。
また、2階に併設されたギャラリースペースでは、これまでに国内外の有名アーティストの展示会をはじめ海外ブランドのイベントが多数開催されており、「valve」は「扉」、「at 81」は、日本の国番号である「81」を合わせた、「日本での扉を開け放つ」という意味が示すとおり、新たなハイセンスな情報発信スポットとして「valveat 81」は注目されています。

■ショップ内観・外観: http://www.atpress.ne.jp/releases/22170/1_1.jpg
 場所  :東京都港区南青山4-21-26
 営業時間:12:00~20:00(定休日:不定休)

■「valveat 81」オフィシャルサイト: http://www.valveat81.com

【1st アニバーサリーアイテム】
■FILIP PAGOWSKI × valveat 81自動開閉(ジャンプ)式折畳傘
9月3日~限定販売。日本へのエールの込もったFILIP PAGOWSKIとのコラボアイテムは、売上の一部を東北地方太平洋沖地震への復興義援金として募金団体に寄付させて頂きます。

FILIP PAGOWSKI × valveat ロゴ: http://www.atpress.ne.jp/releases/22170/2_2.jpg

■FILIP PAGOWSKI for valveat 81
9月3日~FILIP PAGOWSKIのショッパーが登場。商品をお買い上げのお客様には、購入金額に関係なくお渡しいたします。(なくなり次第終了致しますのでお早めに。) サンプル納期:8月下旬予定

■ORDER for MARIA RUDMAN & CATHERINE MICHIELS
9月3日(土)~9月11日(日)にて、日本で初めてMARIA RUDMAN(マリア・ルドマン)のスペシャルオーダー会を開催いたします。パリのアトリエでしか見られないコレクションブックを、今回valveat 81だけに特別制作。彼女の愛情が込められたこのブックの中からお気に入りのデザインを見つけて下さい。
また、同じく雑誌に多数掲載されているCATHERINE MICHIELS(キャサリン・ミシェルズ)のオーダー会も同時開催。ユニセックスなデザインで男女共に愛用者が多く、ひとつひとつ意味の込められたチャームはお守り代わりとしても人気です。
valveat 81で人気の2大ブランドを特別なラインナップでお届けします。

MARIA RUDMAN イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/22170/3_3.jpg
CATHERINE MICHIELS イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/22170/4_4.jpg

◆FILIP PAGOWSKI(フィリップ・パゴウスキー)
ニューヨークを拠点にするグラフィックアーティスト。ボーランド生まれ。ワルシャワ芸術アカデミーにて絵画、イラストレーションとポスターデザインを学ぶ。パリのグラフィックデザイングループ「Grapus」の仕事やオスカー受賞映像作家ズビグ・リプチンスキーのPVの美術を担当するなど、多岐にわたりイラストレーションやグラフィックデザインの仕事を始める。代表作の一つにTV番組『Pee-wee's Playhouse』のアニメーションやMTVのアニメーションシークエンスなど。1980年代からNYCに在住。クライアントは『New Yorker』『Le Monde』『New York Times』『Visionaire』『コム・デ・ギャルソン』『Saks Fifth Avenue』『Barney's New York』『Levi's Asia』など。「コム・デ・ギャルソン」との長期に渡るコラボレーションでカタログや「PLAY」のロゴなど様々な作品を提供。

◆MARIA RUDMAN(マリア・ルドマン)
1977年、故郷スウェーデンよりモデル活動のためパリに移住。TV番組の司会者、執筆活動等をこなし、1966年、南フランスの小さなお店のためにスリーメタルのブレスレットをデザインすると、それが瞬く間に人気に。その頃から、1,000年以上の歴史を持つスウェーデンのサミ族に依頼し、伝統工芸からなるモダンなアクセサリーを展開。トナカイの皮を使用した独特なブレスレットは年を重ねるごとに朽ちた色になるのが美しい。世界中のトップスターから愛用されているブランド。

◆CATHERINE MICHIELS(キャサリン・ミシェルズ)
ベルギー出身。インドの文化、芸術性、そして人々の生き様に大きな刺激を受け、現在拠点となるロサンゼルスとインドとを行き来している。インド、ジャイプールのフェアトレードと提携し、ストリートチルドレンにジュエリー制作を教え、貧困から脱する手段とさせているなどの貧困経済への貢献活動も行う。
アンジェリーナジョリー、ジュリアロバーツ、ユマ サーマン、サンドラブロック、シェリルクロウ、シャロンストーン、など数々のセレブリティを虜にしている。

なお、2011年9月2日(金)には、1周年記念パーティを開催致します。パーティの様子は、マークスタイラーのニュースリリースにて追ってお知らせする予定です。

MARK-STYLER株式会社は、レディースアパレルブランド事業のほか、ハイファッションスタイルを提案するセレクトショップ『valveat 81』やハイセンスな公式通販サイト『RUNWAY channel WEB STORE』、業界では珍しい一企業での複数ブランドの合同コレクション『touchMe Collection』等の運営も行っており、“ファッション”をキーワードに世の中に新たな提案を積極的に行っている企業です。
今後のマークスタイラーの展開にご期待ください。

【MARK-STYLER株式会社 会社概要】
社名   : MARK-STYLER株式会社
本社所在地: 〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-19-9 広尾ONビル
設立   : 2005年11月
資本金  : 1億円
       (ファッションをコアとする生活関連商社として投資事業を行う
       ETOAM株式会社の100%子会社)
代表者  : 代表取締役会長 惠藤 憲二
事業概要 : ブランド事業の総合プロデュースをメインとしたアパレル・
       アクセサリーの企画、製造、販売、卸および輸入
URL    : http://www.mark-styler.co.jp

カテゴリ
企業動向
ジャンル
ファッション・アパレル

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「22170」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ