Ansys Discoveryで製品設計プロセスを大幅に改善

エンジニアリングの工数を26%削減しつつ、 これまでより60%多くの設計代替案を評価して、 実機試験および安全確保のためのコストを19%削減

ペンシルバニア州ピッツバーグ、2020年7月16日 - Ansys( https://www.ansys.com/ )(NASDAQ:ANSS)がリリースするAnsys(R) Discovery(TM)( https://www.ansys.com/products/3d-design )は、エンジニアリングチームの生産性を大幅に向上させ、イノベーションを加速して、開発期間を短縮できるよう支援します。この次世代アプリケーションは、Ansys(R) Discovery Live(TM)が成し遂げた飛躍的な進歩を基盤に、対話的なリアルタイムシミュレーション、高忠実度のAnsysソルバー技術、およびダイレクトモデラーを単一のツールに統合した包括的なソリューションであり、高品質な製品をコスト効果の高い方法で開発するためのチーム間コラボレーションを促進します。


「Ansys Discoveryを採用したことで、当社のチームは、開発中の製品にかかわる物理現象を設計プロセスの早い段階でより深く理解できるようになりました。これは、顧客の要求に正確に応えることを可能にするだけでなく、過剰設計や不確かさの回避にも貢献しています。その結果、製品パフォーマンスと設計効率が向上し、製品開発サイクルが短縮されました。」(HAWE Hydraulik社、R&Dシミュレーション担当、Stefan Macho氏)


Ansys Discoveryは、瞬時の物理場シミュレーション、高精度かつ高忠実度のシミュレーション、そして対話的な形状モデリングを、操作性が極めて高い単一のユーザーインターフェースに統合した初のシミュレーションツールです。エンジニアは反復的な設計調査を高速にリアルタイムで行うことで、広範な設計空間を調査して、製品設計プロセスの早い段階で重要な設計問題をすばやく解決できるようになります。


「Ansys Discoveryは、当社での新製品の開発方法に大きな影響をもたらしました。構想や設計といった早期のフェーズにシミュレーションを導入することで、最善ではない、あるいは最終的に高くつくような解決策を採用する前に、設計に関する意思決定がもたらす影響を把握できるようになりました。」(TECHFIT Digital Surgery社、CEO、Mauricio Toro氏)


Ansys Discoveryは、設計エンジニア向けに直感的なユーザーエクスペリエンスを提供し、解析ステージでは組込みのAnsysのフラッグシップソルバーによる業界最高レベルの高忠実度を実現し、さらには圧倒的なスピードによって設計エンジニアリングワークフローを支援することで、シミュレーションの活用拡大を促進します。設計チームは、短期間で革新的な設計を数多く創造し、迅速に設計調査を行い、製品パフォーマンスに関する詳細な知見を明らかにすることができます。


「Ansys Discoveryは、次世代のユーザーエクスペリエンスにより、どのレベルのエンジニアであっても極めて直感的にかつ短期間に習得できるだけでなく、Ansys(R) Discovery(TM) Live( https://www.ansys.com/products/3d-design/ansys-discovery )の最初のリリースと同じように、3D設計における大きな進歩を達成しています。Ansys独自のリアルタイムシミュレーション技術とゴールドスタンダードであるAnsysソルバーの連成により、かつてないほど容易に広範な設計空間を対話的に調査して、最高レベルの精度で詳細化できるようになりました。これにより、エンジニアは製品開発の構想や設計といった早期のフェーズでシミュレーションを採り入れ、修正に高いコストが必要になる前に、あるいは変更自体が困難になる前にリスクを発見できるようになります。」(Ansys、設計ビジネスユニット、ジェネラルマネージャー、Mark Hindsbo)


Ansys Discoveryがもたらす次世代のユーザーエクスペリエンスとリアルタイムシミュレーション機能については、2020年7月29日午前11時(米国東部標準時)からバーチャルで開催されるリリースイベントで紹介する予定です。この分野のリーダーが製品に関する最新情報、最先端テクノロジーのデモ、お客様の成功事例をご紹介し、分野別セッションでは皆様からの質問にも回答します。参加登録は無料ですが、人数を制限させていただきます。こちら( https://www.ansys.com/products/3d-design/discovery-launch )から、是非ご登録ください。



■Ansysについて

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、Ansysのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。Ansysは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、Ansysは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたAnsysは、本社を米国のペンシルベニア州ピッツバーグ南部に置いています。 詳細は、 https://www.ansys.com をご覧ください。


Ansys、ならびにANSYS, Inc.のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。


アンシス・ジャパン株式会社(Ansys Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCAEソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。


ANSS - T

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。