株式会社三洋、ウイルスガードLPが「SIAAマーク」を取得

株式会社三洋(本社:東京都中央区、代表取締役社長:海渡 清、以下「三洋」という)の提供する抗ウイルス性機能建材「ウイルスガードLP」が、このたび一般社団法人抗菌技術協議会(SIAA、以下「SIAA」という)が運用する、「抗ウイルスSIAAマーク」を取得致しましたのでお知らせいたします。



1. 抗ウイルス性機能建材「ウイルスガードLP」とは

 三洋が2016年10月より提供している、家具・建具・枠材等内装建材向け化粧板等に使用する抗ウイルス機能を有するフィルムで、以下の特長があります。

(1) 「SIAAマーク」を取得。代表的なウイルスに優れた抗ウイルス効果を発揮します。


抗ウイルスSIAAマーク


SIAAマークはISO21702法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。



・製品上の特定ウイルスの数を減少させます。

・抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。

・SIAAの安全性基準に適合しています。


(2) 抗ウイルス機能を付与したフィルムを積層した構造で、活用範囲が広く長期間効果が期待できます。


ウイルスガードLPの構造


(3) 光触媒不使用、光のない場所でも効果を発揮します。

(4) 細菌に対する「抗菌性(※)」も有しています。

(※) 試験方法:JIS Z 2801「抗菌加工製品-抗菌性能試験方法・抗菌効果」に準拠

試験結果:大腸菌、黄色ブドウ球菌にて抗菌活性値 2.0以上

(5) 耐久性・難燃性などPVC樹脂の一般的な特性・特徴を有しています。

(6) 抗ウイルス剤は、SIAAで求められる安全性基準をクリアしています。



2. 「抗ウイルスSIAAマーク」とは

SIAAは、適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤および抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まって2008年にできた団体で、昨年7月から抗ウイルス「SIAAマーク」(※)の運用を開始しました。

(※) 抗ウイルス「SIAAマーク」はISO 21702法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。



3. 「ウイルスガードLP」製品規格一覧

ウイルスガードLP規格一覧


4. 「ウイルスガードLP」は、こんなところで活躍しています

(1) 介護施設や病院

(2) 教育施設 など



【施工実績例】

【東京都病院窓枠】


【宮城県幼児施設建具】


5. ご使用上の注意

・「ウイルスガードLP」を使用することで、感染症対策になるわけではありません。衛生的な住環境を維持するためのひとつのアイテムとしてご使用ください。

・すべての細菌・ウイルスに効果があるわけではありません。

・フィルムの表面にワックス塗布や各種印刷やコーティングなどを施した場合、抗ウイルス効果を発揮しにくい、あるいはできない場合があります。

・内装用途向けの為、室外・半室外での用途には使用しないでください。

・やかん・鍋などの熱いもの、また確実に擦り傷の原因になるようなものを置く用途には使用しないでください。

・表面に付着した汚れを落とす場合は、水拭きまたは薄めた中性洗剤をご使用ください。溶剤などをご使用になりますと表面を侵す原因になります。またアルコールをご使用になりますと抗ウイルス効果が低下する場合があります。

・直射日光が連続照射されるような部位や、高温が発生する熱源の近くでのご使用は避けてください。

・化粧シート表面にポスター等を止めるテープ・画鋲のような傷がつくものは使用しないようお願いします。

・長時間皮膚へ接触は避けてください。

・ご使用中に万一お肌に異常を感じた場合は直ちにご使用をおやめ頂き医療機関にご相談ください。

・肌が弱い方、アレルギーをお持ちの方はご使用しないでください。


「ウイルスガードLP」について詳しくはこちらをご覧下さい。

URL: https://www.sanyo-ltd.com/dcms_media/other/200626uirusugadoLP.pdf



■会社概要

商号  : 株式会社三洋

代表者 : 代表取締役社長 海渡 清

所在地 : 〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-13-14

設立  : 1948年6月

事業内容: 合成樹脂、繊維、ゴム、皮革等の原料・素材の販売、

      合成樹脂加工製品等の製造・販売

資本金 : 76,000,000円

URL   : https://www.sanyo-ltd.com/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。