共栄セキュリティーサービス、東京セフティの株式を取得し持分法...

共栄セキュリティーサービス、 東京セフティの株式を取得し持分法適用関連会社化  -事業引継ぎ及びアライアンスパートナーを募集-

共栄セキュリティーサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:我妻 文男、以下 共栄セキュリティーサービス)は、2020年7月1日、東京セフティ株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:西岡 章夫、以下 東京セフティ)の株式を取得し、持分法適用関連会社としました。


共栄セキュリティーサービスのロゴと東京セフティのロゴ


■株式の取得の理由

共栄セキュリティーサービスグループ(以下 当社グループ)は、重要施設やビルに警備員が常駐する施設警備などの人的警備を展開しています。共栄セキュリティーサービスは、中長期的な株主価値及び企業価値の向上のため、新規エリア展開及び既存拠点充実に取り組んでおり、当社グループ参画企業の誘致及びアライアンスパートナーとの連携拡大を重要な成長戦略のひとつに位置付けています。

この度、共栄セキュリティーサービスは、東京セフティの株式を取得し持分法適用関連会社化いたしました。東京セフティは、当社グループ未進出エリアである四国・中国地方において施設警備及び交通誘導警備を展開しています。これにより、当社グループの対応エリアは大きく拡大することとなり、さらなる収益力向上が見込めるものと考えています。

共栄セキュリティーサービスでは、事業引継ぎ及びアライアンスパートナーを募集しています。


事業引継ぎ及びアライアンスパートナーを募集


■東京セフティ株式会社の概要

(1)名称       :東京セフティ株式会社

(2)所在地      :香川県高松市上天神町791番地1

(3)代表者の役職・氏名:代表取締役 西岡 章夫

(4)事業内容     :警備事業

(5)資本金      :20百万円

(6)設立年月日    :1984年(昭和59年)8月1日

(7)当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態

  <決算期 2017年6月期>

  純資産  :221百万円

  総資産  :341百万円

  売上高  :1,165百万円

  営業利益 :51百万円

  経常利益 :49百万円

  当期純利益:32百万円


  <決算期 2018年6月期>

  純資産  :244百万円

  総資産  :385百万円

  売上高  :1,154百万円

  営業利益 :35百万円

  経常利益 :35百万円

  当期純利益:23百万円


  <決算期 2019年6月期>

  純資産  :272百万円

  総資産  :404百万円

  売上高  :1,154百万円

  営業利益 :40百万円

  経常利益 :43百万円

  当期純利益:27百万円



■取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況

(1)異動前の所有株式数

- 株(議決権の数:- 個、議決権所有割合:- %)

(2)取得株式数

100株(議決権の数:100個、議決権所有割合:33.3%)


■日程

(1)取締役会決議日:2020年6月30日

(2)契約締結日  :2020年6月30日

(3)株式譲渡実行日:2020年7月1日



■事業引継ぎ及びアライアンスパートナーを募集

共栄セキュリティーサービスでは、事業承継でお悩みを抱える経営者の皆さま、警備業で共に成長していく意志を有する経営者の皆さまのご相談を承っております。

ビルメンテナンス、コンシェルジュ・受付サービス等の周辺事業についても検討いたします。

共に社員の幸福を追求し、業界の地位向上を実現させ、会社を成長させます。



■当社グループ参画によって期待できるシナジー効果

<企業の成長に関すること>

・上場企業グループに参画することで、信用力及び知名度の向上が期待できます。

・当社グループの営業協力を享受可能となります。

・当社グループの顧客が共有できるので、事業規模の拡大が期待できます。

・共栄セキュリティーサービスはセコム株式会社と業務・資本提携しており、競争力の強化が期待できます。


<社員の身分や資産形成に関すること>

・上場企業グループ社員になることができます。

・社員持株会に入会できます。当社グループの成長とともに個人の資産形成が可能です(共栄セキュリティーサービスの持ち分比率50%超)。



■当社グループ構成

<道都警備(完全子会社)>

2015年12月、株式譲渡により完全子会社化。旧経営陣の引退に伴い、共栄セキュリティーサービスより役員を派遣、現在は地元スタッフを中心に業績は堅調。当社グループの取引規模及び業績拡大に寄与しています。


<CSPパーキングサポート株式会社(持分法適用関連会社)>

2016年11月、駐車場障害対応に特化した事業を担う同社へ出資。セントラル警備保障株式会社との共同出資事業として、共栄セキュリティーサービスの持分法適用関連会社となっています。現在約1万5千箇所以上の駐車場障害対応を担当しており、20%超のシェアを誇っています(当社グループ調べ)。


<東京セフティ株式会社(持分法適用関連会社)>

四国・中国地方で施設警備、交通誘導警備を展開しています。業績は堅調であり、当社グループの取引規模拡大、業績拡大に期待。



■M&A及び各種アライアンスに関するお問い合わせ先

共栄セキュリティーサービス株式会社

担当  : 阿部、坂本、山本

電話番号: 03-3511-7780

E-mail : ir@kyoei-ss.co.jp



■共栄セキュリティーサービスについて https://www.kyoei-ss.co.jp/

共栄セキュリティーサービスは、1985年(昭和60年)、交通誘導警備を事業として、東京・池袋で創業しました。その後、2000年代に施設警備へのシフトを行い、現在では施設警備が売上高の70%超を占めており、安定した企業成長を実現しています。2019年3月、東京証券取引所 JASDAQに上場。

共栄セキュリティーサービスは、人にしかできない警備を追求し、付加価値の向上に取り組み、今後もお客様との「ラストワンマイル」で先頭に立って裏方に徹することで、成長していきたいと考えています。



■会社概要

会社名 :共栄セキュリティーサービス株式会社

所在地 :東京都千代田区九段南1丁目6番17号 千代田会館

代表者 :代表取締役社長 我妻 文男

設立  :1985年5月

資本金 :4億9,870万円

事業内容:施設警備を中心とした警備業

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報