興安計装、「サステナブルなオペレーションセンタ」の実現に向け...

興安計装、「サステナブルなオペレーションセンタ」の実現に向け、 リモート対応可能なハイブリッド環境を構築

~東京・大阪2拠点でオペレーションスタッフの50%を在宅勤務に~

クラウド・IDC・ISP事業者向けのシステムを24時間365日の有人体制で監視するシステムマネジメント・セキュリティマネジメントサービス(東京)、ヘルプデスクサービス(大阪)を手がける興安計装株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:田中 康晴)は、当社オペレーションセンタが、あらゆる状況下で継続運営するための取り組みを実施します。その第一弾として、既存業務の一部をリモート化し、東京・大阪のオペレーションスタッフが在宅で勤務可能な環境を構築しました。



【取り組みの背景】

従来、お客様のシステムやデータをお預かりする監視・運用・ヘルプデスク業務は、セキュリティが確保されたオペレーションセンタ内で実施することを前提としていました。しかし、昨今の自然災害や、今日の新型コロナウイルス感染拡大は、当社の業務継続に支障を与える重大リスクとなっています。それらのリスクを回避するため、「あらゆる状況下でサービスを安定的に提供し続け、お客様の情報インフラを始め、社会基盤の維持に努めること(=サステナブルなオペレーションセンタの実現)」が最大の使命と認識し、具体的な取り組みを実施することとしました。



【第一弾の取り組み】

「サステナブルなオペレーションセンタ」の実現における第一弾の取り組みは、「リモート対応可能なハイブリッド環境の構築」です。当社では新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、オペレーションセンタが実施する業務を、セキュリティ環境を保ちつつリモートワークで継続できる設備やシステムを整備することで実現しました。この取り組みは2020年3月より実施し、4月末にはオペレーションスタッフの約50%を在宅勤務対応としました。将来的にはオペレーションスタッフ全員が必要時に在宅勤務できる環境の実現を目標としています。



【リモートワーク対応における実施概要】

・VPNを用いたリモートアクセス環境の構築

・社内システムのクラウド化

・業務端末のVDI(仮想デスクトップ)化

・クラウドを用いたWEB会議システムサービスの導入

・チャットシステム、コミュニケーションツールの導入

・クラウドPBXサービスの導入


当社は今後、「サステナブルなオペレーションセンタ」の実現に向けて、以下の取り組みを進める予定です。

・オペレーションセンタのITインフラ強化

・勤務地に依存しない人員体制の構築

・リモート環境でのオペレータ教育システムの確立


リモートワークが普及する今日において、当社はその基盤となる情報通信サービスを支え続けていきます。



◆興安計装株式会社について

創立は1960年。プラントの運用・保守業務からIT業界にも進出し、「ミスの無い完璧なオペレーションを実現します」のスローガンと共に20年以上のオペレーションサービスの実績を有しています。東京ではクラウド事業者・IDC事業者・ISP事業者向けのシステムを24時間365日の有人体制で監視するシステムマネジメントサービス、セキュリティマネジメントサービスを、大阪ではヘルプデスクサービスを提供しています。また、当社の「Owlookセキュリティマネジメントサービス」のうち「ぜい弱性診断」「UTMマネジメント」は、経済産業省策定「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスとして日本セキュリティ監査協会(JASA)が審査登録を行う「情報セキュリティサービス台帳」に登録されています。


コーポレートサイト: https://www.koan.co.jp/

サービスサイト  : https://www.owlook.jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報