インターシステムズ、InterSystems IRIS(R) Data Platformの 新バージョンをリリース

市場をリードするデータプラットフォームソフトウェアの最新版は、 データおよびアプリケーションサイロを繋ぎ、リアルタイム機械学習機能をもつ アプリケーションの開発と配備をさらに簡素化

米国マサチューセッツ州、ケンブリッジ - スケーラビリティ、インターオペラビリティ、スピードといった顧客の最も重要な課題解決を支援するクリエイティブなテクノロジプロバイダであるインターシステムズは、InterSystems IRIS(R) Data Platform の最新バージョンが利用可能になったことを発表しました。


最新のInterSystems IRISでは、ベータ版のIntegratedML機能が利用可能で、これを使って、アプリケーションおよびSQL開発者は、機械学習(ML)アルゴリズムの開発と、シンプルで直観的かつ拡張可能な方法で、そのアルゴリズムを高度なアプリケーションに組み込むことが可能になります。IntegratedMLはまた、機械学習アルゴリズム開発に関わる面倒な作業の多くを自動化して、データサイエンティストの生産性を高めます。


「InterSystems IRISデータプラットフォームの最新リリースでは、有用な機能拡張が行われており、データおよびアプリケーションのサイロを解消する、機械学習機能を搭載した高性能なアプリケーションの開発が可能になります。」と、インターシステムズ データプラットフォーム製品責任者のスコット・ナウは述べています。「インターシステムズは、デジタルトランスフォーメーションを積極的に推進する当社の顧客のニーズに応えるよう、これからもプラットフォーム製品を進化させて行きます。」


IntegratedML機能の提供に加え、InterSystems IRIS Data Platform 2020.1では、以下のような機能拡張と性能の改善を行っています。



■スピードとスケーラビリティ

このリリースでは、さらなる性能と効率性の改善を行っており、他社データ管理テクノロジと比較して200倍速いというテスト結果も出ています。また、分散環境の管理をする機能を追加し、より簡単にスケールアウトの配備を可能にしています。



■クラウドおよび配備

InterSystems IRISは、Kubernetesサポートに加え、パブリックおよびプライベートクラウド、マルチクラウド、オンプレミス、ハイブリッド配備オプションをシンプルに行える機能拡張をしています。


InterSystems IRISの最新リリースでは、相互運用性、セキュリティ、機能性などに拡張を加え、他のデータ管理テクノロジからの移行を簡素化しています。

詳細を記したリリースノートはこちらをご覧ください。

https://docs.intersystems.com/iris20201/csp/docbook/Doc.View.cls?KEY=GCRN


InterSystems IRIS Data Platform2020.1は、現在、利用可能です。さらに詳しい情報および無料でのお試しは、こちらをご覧ください。

https://bit.ly/33HljNm



■インターシステムズについて

インターシステムズは、世界で最も大切なアプリケーションを支えるエンジンを提供しています。人々の生命や暮らしにかかわる医療、金融、官公庁、その他の分野で、大切なことを支援する力となっています。インターシステムズは、1978年に設立された戦略的テクノロジプロバイダです。米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置き、世界中に拠点をもつ株式非公開企業です。その製品は世界80ヶ国以上の数百万ユーザーによって、日々利用されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.intersystems.com/jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報