グルメ激戦区・赤坂に「二十四節気」コンセプトの旬の味覚・季節...

グルメ激戦区・赤坂に「二十四節気」コンセプトの 旬の味覚・季節を味わう和食店『赤坂ゆうが』12月オープン  ~黒毛和牛雌牛一頭買いの“肉”が隠れ自慢~

赤坂の中でも美味しいお店の激戦区、赤坂2丁目に、日本全国から厳選した旬の味を愉しめる和食コンセプトのお店、赤坂ゆうが(運営:株式会社喰心、本社:埼玉県さいたま市大宮区仲町)が12月にグランドオープンいたします。

「ゆうが」は、日本随一の水揚量を誇る銚子漁港を主に、日本国内各地より厳選した旬の天然活魚や季節の旬菜を取り揃え、その時期にマッチした素材の味を上手に引き出せる調理法により、味はもちろん、季節感を愉しめるお料理を提供いたします。また、希少な黒毛雌牛を贅沢に使用した、和の一皿も自慢の一品です。


ある日の前菜


赤坂ゆうが│ http://yuuga.ku-shin.jp



世界中でも和食が注目される中、改めて「和食は世界に誇れる」と感じられるコンセプトでお料理を提供いたします。日本の伝統的な食文化や様々な調理法を活かして、旬を感じ、五感で味わう優雅なひと時をご提供できる空間となっており、空間・素材・調理法・職人技、そして日本のおもてなしを体感できるお店です。店内に入ると、熟練した板前の調理を目の前で見ながら会話を楽しめるカウンター席がまず、目につきます。カウンター越しに繰り広げられる熟練した職人との会話は、日本人にも、海外からの方にも贅沢な時間です。お一人様から素敵な時間をお約束いたします。また、ゆっくりと寛いでいただける個室もご用意しておりますので、特別な日のお祝い事、家族、親しいご友人達との集まりにもお使いいただけます。



【二十四節気】

二十四節気は、一年を二十四分割し、最も昼の長い日を夏至、最も昼の短い日を冬至、昼と夜の長さが同じ日を春分、秋分とし、それぞれを春夏秋冬の中心に据えることで季節を決めた暦です。そんな日常の変わりゆくうつろいを日本料理の枠にとらわれず、様々な調理法や思いやりの心を持ち、新しい価値を一皿の中に表現しました。食を通して、自然の変化に寄り添いながら、これから始まる兆しを感じられる素晴らしさを料理で表現しました。



【黒毛和牛雌牛】

「ゆうが」の隠れ自慢は、実は、肉!

季節の野菜、魚をふんだんに使って、目でも楽しめる和食の王道のような「ゆうが」ですが、コースに登場する肉が、隠れ自慢です。飼育が難しく、市場に出回る数も圧倒的に少ない雌牛の黒毛和牛を一頭買い!雌牛は、芳醇で旨味があり、融点が低くとろけるような食感が特徴です。この黒毛和牛雌牛を使った肉料理が味わえます。「ゆうが」の母体、株式会社喰心は、大宮で、高級焼肉、及び焼肉割烹を長年運営をしています。そのノウハウから、今回の「ゆうが」は、お肉も満喫できる和食が実現しています。



【コースご紹介】

ご希望に合わせて、8,000円、12,000円、20,000円のコースをご用意しております。また、アラカルト対応もしております。ソムリエが、厳選した世界中からの様々なワイン、シャンパン、ウィスキー、もちろん、日本酒、焼酎などをマリアージュ的に楽しめるのも魅力の一つです。同じコースでも、お酒の合わせ方でそれぞれの世界が広がります。



【店舗概要】

店舗名 : 赤坂ゆうが

所在地 : 港区赤坂2-14-8 山口建設ビル1階

TEL   : 03-6441-2902

営業時間: 【月~土】17:00~23:00(LO 22:00)

定休日 : 【日・祝】

WEB   : http://yuuga.ku-shin.jp



■株式会社喰心

会社概要:大宮を拠点に、焼肉喰心、肉割烹喰心を経営。大宮で美味しい焼肉を、大宮でフォーマルな和食を、といえば、喰心と言われる存在となっています。肉はもちろん、魚、野菜も、独自の仕入れルートで鮮度抜群の希少価値の高い素材を仕入れ、職人の技で、美しく、美味しい料理に作り上げ、ご提供することをモットーとしております。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。