清里フォトアートミュージアムで、9月23日まで展覧会を開催中...

清里フォトアートミュージアムで、9月23日まで展覧会を開催中の ロバート・フランク氏のご逝去を悼む

写真家ロバート・フランク氏が、2019年9月9日、カナダのノヴァ・スコシアにて逝去されました。享年94歳でした。清里フォトアートミュージアムでは現在「ロバート・フランク展 - もう一度、写真の話をしないか。」を開催中であり、突然の訃報に接し大変驚くとともに、謹んで哀悼の意を表します。フランク氏は写真の歴史に大きな変化をもたらした偉大な写真家でした。


本展開催にあたり、今年の4月18日に当館学芸員2人が、未発表作品を含む当館収蔵の全フランク作品を持参し、ニューヨークのご自宅を訪れました。フランク氏は、自身の手元を離れてから約40年が経過したプリントの一点一点に目を通しました。彼は過去の様々な苦い経験から、自分の作品の発表に関して非常に強いこだわりを持っていることが知られています。私たちはできる限り誠意を尽くして展覧会の準備にあたってきましたが、フランク氏もそれに真摯に応えてくれました。当館館長である写真家の細江英公もフランク氏とは親交があり、2010年にニューヨークのご自宅を訪ねていますが、今回の展覧会の実現に際して、写真家同士の信頼が大きな後押しとなりました。


本展は、9月23日までという残り少ない会期ではありますが、私たちは偉大な写真家の作品を日本の多くの方にご覧いただくことが叶った喜びと誇りを胸に、会期終了まで、ご来館の皆様をお迎えしたいと思います。みなさまがフランク氏のレガシーを体感し、その今日的意義を語り継いでいただくことが作家へのなによりの追悼となると、私たちは信じています。


展覧会案内


■開催情報

展覧会名:ロバート・フランク展 - もう一度、写真の話をしないか。

会期  :2019年6月29日(土)~9月23日(月・祝)

休館日 :毎週火曜日、7月・8月は無休

会場  :清里フォトアートミュージアム

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

入館料 :一般 800円(600円) 大学生600円(400円) 中・高生400円(200円)

     ※( )内は20名様以上の団体料金

     友の会・会員無料

     家族割引 1,200円(2名~6名様まで)


<交通のご案内>

車にて:中央自動車道須玉I.C.または長坂I.C.より車で約20分

JR  :中央本線 小淵沢駅にて小海線乗り換え 清里駅下車、車で約10分


▼詳細

http://www.kmopa.com/?cat=6

▼開催発表プレスリリース (※終了している内容も含まれています)

https://www.atpress.ne.jp/news/183922



■清里フォトアートミュージアム

https://www.kmopa.com/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「193284」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報