台湾最大級の食イベント「2019台湾美食展」 開催初となる『...

台湾最大級の食イベント「2019台湾美食展」  開催初となる『日本 美食館』をプロデュース

日本の魅力が存分に詰まった10のブースを体験できる

 日本国内及び台湾で交通広告や食関連事業などを展開する株式会社エヌケービー(所在地:東京都千代田区、社長:外谷 敬之)のグループ会社である恩可比文創廣告股フン*有限公司(所在地:台北市、董事長 總經理:外谷 敬之)は、台湾最大級の食イベント「2019台湾美食展」にて開催初となる『日本 美食館』をプロデュースします。開催期間は2019年7月26日(金)~29日(月)までの4日間です。

* 会社名の「フン」は正式には「人偏に分」の漢字表記です


2019台湾美食展『日本 美食館』


 本イベントは1990年から始まり、今年で30回を迎えます。今年は「美膳台灣、探索廚藝、土地台灣、美味食光、異國美食」の5ブロックに分かれ、台湾の食の奥深さや異国の美食を体験いただく構成になっています。

 当社は昨年、台湾と日本の食文化や観光の振興を目的とした台湾観光協会との提携によりその振興の一環として、今回「異国美食」ブロックで『日本 美食館』を大々的にオープンしてイベントを盛り上げていきます。


 オープンする『日本 美食館』は、朱色を基調に、夏の縁日に神社へ向かう参道の祭りをイメージしたパビリオンで、全国から厳選された日本酒をはじめ、アジアへの進出を目前に控える北九州市のソウルフードのひとつである「資さんうどん‐SUKESAN UDON‐」を一足先に試食できる他、日本の魅力をPRするご当地グルメや観光ブースなどを多数出展します。さらに、日本酒親善大使“Miss Sake Taiwan”が来場者をお出迎えして、日本酒を振る舞います。



■“2019台湾美食展”『日本 美食館』概要

◯開催日時 :2019年7月26日(金)~29日(月) 10:00~18:00(現地時間)

       *イベントの開催に準ずる


◯会場   :台北世界中心展覧一館A区「異国美食」ブロック内


◯主なブース:

<友士地酒>

 日本酒造と日本酒の魅力をまだ理解していない台湾人に日本酒の美味しさについてもっと知ってもらうために、18年前から友士会社と日本酒造組合中央会と提携して市場を開拓し始めました。友士はお酒の販売だけではなく、これにより生活品質を高めるために他の文化経験をもたらすことを望んでいます。更に、今回『日本 美食館』では、ブースで酒造の特色が溢れる受賞酒を皆様にお届けいたします。


<ハウス食品>

 ハウス食品は長年にわたって、安心で健康的な日本の味を台湾のお客様にお届けしています。特にバーモントカレーは最も有名な商品です。今回『日本 美食館』では、昨年末から台湾で販売を開始したウコンの力を提供いたします。ウコンの力は、秋ウコンエキスを配合したウコンの飲料で、苦味を抑えた、すっきり飲みやすく、お祝いの席・パーティー・会食時、健康を守る飲料です。


<資さんうどん-SUKESAN UDON->

 北九州発祥の資さんうどん。1976年創業以来、豊富なメニューと、「幸せを一杯に。」を使命として毎日多くのお客様にご愛顧いただいております。現在北九州を中心に43店舗を展開し、今回のイベント出展は、海外進出の第一歩となります。今回『日本 美食館』にて、「肉うどん」と「ぼたもち」を提供いたします。


<雪國物語>

 「雪国物語」は日本から北海道食品を輸入し、多くの製造業者と協力して、台湾人の好みに適した高品質の商品を厳選。豊富で多様な商品を取りそろえ、北海道の自然あふれた環境から生まれた商品を是非体験してください。今回『日本 美食館』では、ケーキ、食材、調味料、調理食品、お酒、ギフトセットなどの展示と販売をいたします。


<愛天空 ANTIQUE>

 名古屋発祥の有名ベーカリーブランド、旗艦店は東京銀座にあるハートブレッドアンティークは日本で創業して20年目を迎え、日本全国で55店舗。今回『日本 美食館』では、当日焼き立ての美味しい手作りパンをご用意いたします。また看板商品の「マジカルチョコリング」もその場で、一番美味しい形で提供いたします。


<熱海温泉郷>

 熱海市は、年間300万人の宿泊者が訪れる日本を代表する国際観光温泉文化都市です。年間を通じて開催している海上花火大会は迫力ある花火を体験いただけます。また來宮神社は、来福・縁起の神として信仰され、本殿横には樹齢2100年超の大楠のご神木があります。今回『日本 美食館』では、観光旅行情報と地元で有名なお菓子やクッキーを提供いたします。


<三旺加旺 TJ Collection>

 2008年設立した丸虎国際は2015年から日本地方政府が台湾での連絡窓口として担当し始め、日台双方の観光・食品・文化などの交流を協力しております。今回『日本 美食館』では、2019年に設立した「三旺加旺」のブランドにて台湾百年老舗小春樓の秘伝のタレと高知県の玉子焼、山口県のコシヒカリを使用した、台日コラボ限定グルメ(焼き鳥丼など)やブルーベリージャム・健康茶・土佐NAKAMA酒・和歌山梅酒等を展示販売いたします。


<EVERYTHING FROM.jp>

 EVERYTHING FROM.jp はJR西日本が運営する越境ECサイトです。食品から工芸品、美容、ファッションまで「日本の地域発の良品」を取り揃え、アジア圏を中心とした世界各国にお届けしていきます。毎月8と9が付く日は送料無料のキャンペーンも実施中。


<伊勢志摩国立公園 海女のまち相差(鳥羽市)>

 三重県鳥羽市伊勢志摩地方に、海に潜って貝類を採集する専業の海女がいます。現地では海女小屋「相差かまど」では、現役の海女たちと美味しい魚介類を食べたり、団らんしたりする楽しいひとときを一緒に体験できます。今回『日本 美食館』では、鳥羽市の観光情報や海女小屋「相差かまど」の紹介もいたします。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188918」を
担当にお伝えください。