出征した野球人の運命、戦時下に開かれた幻の甲子園、「昭和史の...

出征した野球人の運命、戦時下に開かれた幻の甲子園、 「昭和史のタブー」南京戦を指揮した男の生涯──。 この夏、早坂隆の戦記ノンフィクションが続々電子化!

文藝春秋電子書籍編集部は、早坂隆の著書『戦場に散った野球人たち』『昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち』『松井石根と南京事件の真実』を電子書籍として配信いたします。2019年7月19日(金)より、各電子書店にて順次配信開始です。


第二次大戦で戦死したプロ野球選手は計69名。『戦場に散った野球人たち』では、その中から巨人の沢村栄治、阪神の景浦將など6名を選び、その生涯を紹介。さらに学生野球で活躍した「伝説の大投手」こと嶋清一も取り上げている。野球人たちの血と汗と涙の、一球入魂のメモリアルドラマ。


昭和17年夏の甲子園大会は、主催が朝日新聞から文部省に変更された。さらに戦意高揚のため特異な戦時ルールが適用され、「選手」としてではなく「選士」として出場することを余儀なくされた。そして大会後、「兵士」として戦場へと向かった──。戦争によって引き裂かされた球児たちの青春の虚実を描いた『昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち』。


折り重なる屍体。過酷な戦場の現実。押し寄せる日本軍に中国軍司令官は逃亡する。軍律に厳しい松井と血気にはやる師団長の確執。中国便衣兵の無法と日本兵の混乱……。その時、南京城内で何が起きたのか? 南京事件の罪を問われ東京裁判で処刑された司令官・松井石根の生涯を追いながら、いまだ昭和史のタブーとされる事件全貌の解明に挑んだ『松井石根と南京事件の真実』。


歴史の空白を埋める丹念な作業が紡ぎだした、戦時下における壮絶なる人間ドラマの数々。後世に残すべき珠玉のドキュメントが、戦後74年目の夏、電子書籍としてよみがえる。


■書誌情報■

書名:戦場に散った野球人たち

詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1639007500000000000V

価格:1600円・税込(※電子書店によって異なる場合があります)


書名:昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち

詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1678380300000000000L

価格:720円・税込(※電子書店によって異なる場合があります)


書名:松井石根と南京事件の真実

詳細URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1666081700000000000O

価格:880円・税込(※電子書店によって異なる場合があります)


配信開始日:7月19日(金)

主要販売電子書店:Kindleストア、Apple Books、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、BOOK☆WALKER他、電子書籍を販売している主要書店


■著者プロフィール■

早坂隆(はやさか・たかし)

1973年、愛知県生まれ。ノンフィクション作家。著書に『戦場に散った野球人たち』『昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち』『指揮官の決断 満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『『松井石根と南京事件の真実』『ペリリュー玉砕 南洋のサムライ・中川州男の戦い』など。日本文藝家協会会員。



カテゴリ:
商品
ジャンル:
書籍・雑誌 野球 社会(国内)
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188541」を
担当にお伝えください。