圧倒的な臨場感と映像美を実現  ORION 地上デジタル/BS・110度CS 4K対応液晶テレビ2機種を発売

株式会社ドウシシャ(本社:大阪市中央区/代表取締役社長:野村 正幸)は、ORION 地上デジタル/BS・110度CS 4K対応液晶テレビ2機種を7月から順次発売します。


OL55RD100


ORION 地上デジタル/BS・110度CS 4K対応液晶テレビ(RDシリーズ)

OL50RD100



本製品では、新たな映像エンジンを採用した新開発の国内設計ボードを搭載しています。また品質管理や性能評価は全て日本の技術者が行った「日本品質設計」のテレビとなっています。製品特徴としましては、高精細4K液晶パネルに直下型バックライトを組み合わせることで光ムラの少ない鮮やかな映像表現を実現しています。また高画質技術であるHDR(High Dynamic Range)信号への対応はもちろんのこと、さらに新4K放送で採用されているHLG(ハイブリッドログガンマ)方式のHDR信号にも対応しており、様々な4K機器が接続でき、迫力ある大画面で高品質なコンテンツを存分にお楽しみいただけます。



【高画質処理映像エンジン搭載国内設計ボード】

よりなめらかな映像表現の為にフレーム(コマ)を分析しフレーム間に予測フレームを挿入する「フレーム間補正」や、超解像処理レベルを自分の好みに合わせて調整できる「ピクチャーエンハンサー機能」。映像に応じて色の階調を自動的に調整する「ダイナミックガンマ」等の様々な美しい映像を再現する機能を搭載しています。また直下型LEDバックライトを採用することで光ムラを抑え、より自然で精細感のある映像表現をお楽しみいただけます。


全機種直下型LEDバックライト採用

フレーム間補正技術

超解像処理/ピクチャーエンハンサー



【HDR信号(HDR10,HLG)に対応】

Ultra HD Blu-rayで採用されているHDR10方式に加え、新4K放送で採用されているHLG(ハイブリッドログガンマ)方式にも対応。4Kチューナーを接続すれば、HDR信号で放送される高画質4K放送をお楽しみいただけます。

※新4K/8K衛星放送の視聴には市販の対応チューナーが必要です。


HDR信号

HDR信号イメージ


【ゲームに最適「低遅延モード」搭載】

映像処理工程を最適化し、映像がパネルに映し出されるまでの速度(応答速度)を速くします。素早く正確な入力精度が要求されるFPS(ファーストパーソンシューター)ゲーム等をお楽しみいただく際に最適な機能です。


低遅延モード



【番組表をさらに使いやすくしました】

利用頻度の高い番組表については、通常・ミニ・週間の3種の表示モードを搭載。番組を見ながら他チャンネルの番組検索をしたり、指定したチャンネルの1週間先の番組表を一目で確認でき、用途に応じてお使いいただけます。また、番組表の文字サイズをリモコンボタンで簡単に変更でき、視認性が向上しました。


使いやすい番組表



【充実のインターフェース、裏番組録画機能】

HDMI端子は充実の4系統を装備し、レコーダーやゲーム機などの様々な機器を同時に接続でき、端子不足の心配がありません。また内2系統で4Kコンテンツをお楽しみいただけます。またUSBハードディスクによる番組録画に対応。チューナーを各2基搭載しているので、裏番組の録画も可能です。


裏番組録画



【商品概要】

<地上デジタル/BS・110度CS 4K対応液晶テレビ>

型番           :OL55RD100

サイズ          :55V型

画素数          :3,840(H)×2,160(V)

音声出力(スピーカー)   :8W+8W

消費電力         :(動作)160W (待機)0.4W

本体寸法 W×H×D (約)※1:124.1×75.9×24.1cm

本体重量(約)※1     :14.5kg

壁掛け VESA       :400×400mm

希望小売価格       :オープン


型番           :OL50RD100

サイズ          :50V型

画素数          :3,840(H)×2,160(V)

音声出力(スピーカー)   :8W+8W

消費電力         :(動作)140W (待機)0.4W

本体寸法 W×H×D (約)※1:112.6×70.7×20.4cm

本体重量(約)※1     :10.7kg

壁掛け VESA       :300×300mm

希望小売価格       :オープン


※1:スタンド含む


<受信チャンネル>

地上デジタル放送(CATV パススルー対応)、BS・110度CS放送


<入出力端子>

HDMI入力端子4系統、AV入力端子1系統、ヘッドホン端子、デジタル音声出力端子(光)、USB端子(録画用)、LAN端子


<主な仕様>

フレーム間補正、ピクチャーエンハンサー、ダイナミックガンマ、HDR信号対応(HDR10,HLG)、外付けUSBハードディスク録画、番組表、週間・ミニ番組表、双方向通信対応データ放送、ブルーライトガード機能、機器連動機能(HDMI-CEC)、ARC機能(HDMI1)


<録画・再生機能>

タイマー録画、連ドラ予約録画、追っかけ再生、1.5倍速再生、リピート再生、自動チャプター機能、マイフォルダ機能



【ORIONについて】

1958年に創業、これまでに2,400万台のテレビを販売してきたオリオンが、ヒトとワザが紡ぐモノづくりの町、福井県越前市から新たなイノベーションを生み出します。大型の電磁妨害測定環境(通称:EMCサイト)を備える等、品質第一の考えを基本とし、確かな技術とモノづくりスピリッツを融合してお客様の声(ニーズ)にトコトン向き合った製品を提供します。


ORION



【会社概要】

商号 : 株式会社ドウシシャ

代表者: 代表取締役社長 野村 正幸

所在地: <大阪本社>    〒542-8525 大阪市中央区東心斎橋1-5-5

     <東京本社>    〒108-8573 東京都港区高輪2-21-46

     <東京本社第1ビル>〒140-0011 東京都品川区東大井1-8-10

設立 : 1977年1月

資本金: 49億93百万円

URL  : https://www.doshisha.co.jp/



※プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報です。

※内容は予告なしに変更されることがございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188087」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報