サン・クロレラ サイクリングチーム「SUN・CHROSS」 ナガセキ ヒロキ自転車によるアメリカ大陸縦横断再チャレンジで ギネス最速記録を目指します!

株式会社サン・クロレラ(本社:京都市下京区、代表取締役社長:中山 太)は、自転車ロードレースで、昨年、日本縦断ギネス最速認定※を獲得したロードレーサー、ナガセキ ヒロキの世界五大陸縦横断を昨年に引き続き支援して参ります。昨年のアメリカ大陸挑戦では、ケガによるリタイアを余儀なくされたナガセキですが、今年はより万全の準備を整え、走破に向け再挑戦を行います。


http://www.sakigake-project.net


※昨年7月19日に最北端の北海道宗谷岬から本土最南端の鹿児島県佐多岬まで、約2,700kmを8日間で走破し、ギネスワールドレコードに認定されました。


サン・クロレラ サイクリングチーム「SUN・CHROSS」


【アメリカ大陸 ギネス最速走破への再挑戦】

ナガセキ ヒロキは昨年、走行中の転倒による大けがで挑戦を断念した、アメリカ大陸最速走破に再チャレンジします。ナガセキは自転車による日本縦断で昨年ギネスワールドレコードを獲得した29歳のエンデュランスロードレーサー。世界五大陸各々に存在する、縦断/横断のギネス最速記録、これを制覇する『サキガケプロジェクト』のファーストステージとなるアメリカ大陸挑戦を、来たる7/7よりスタートさせます。既存記録は40日間。これを25~26日で走破することを目指しています。再挑戦となるナガセキは「去年の転倒で無傷でゴールできる自信はないけれど、それでも安全に漕げば必ずゴールできると信じている。新たな出会いと経験を求めて、ひたすらに漕ぎたいと思います」と抱負を語りました。


□アメリカ大陸縦横断の概要

期間:2019年7月7日から15日までの8日間で、アメリカ・カナダの国境の町「スーマス」からメキシコとの国境の町「サンディエゴ」まで走破(縦断)。次いで7月15日から8月1日を目途に、ロサンゼルスからニューヨークまでを走破します(横断)。詳しい行程は下記に。

https://www.google.com/maps/d/u/0/edit?mid=1BReHU_TrW5GEpjO2cE7D6fgCjtms7nWe&ll=36.064834361749526%2C-112.28565526288315&z=5


(縦断)

A:スーマス(WA)

B:ポートランド(OR)

C:ニューポート(OR)

D:ラングロワ(OR)

E:ユーリカ(CA)

F:グアララ(CA)

G:ロンポク(CA)

H:マリブ(CA)

I:ラグーナビーチ(CA)

J:サンディエゴ(CA)


(横断)

A:ロサンゼルス(CA)

B:エルパソ(TX)

C:ダラス(TX)

D:ニューヨーク(NY)



●ナガセキ ヒロキ プロフィール

永関 博紀:北海道出身 29歳

国立小樽商科大学を卒業後、東京の大手IT企業に就職。ネット番組のプロデューサーとして従事していた際に、「自分も演者として挑戦したい」と退社を決意。最初はお笑い芸人を目指したが、仕事はなく挫折と模索の日々を2年ほど過ごした。そんな中、挑戦を通してエンターテインメントを届けたい、と世界五大陸を自転車で走破する企画を実行し、日本縦断では、見事ギネスワールドレコードを樹立する。



●サン・クロレラ「SUN・CHROSS」のサポート

株式会社サン・クロレラは五大陸制覇プロジェクトをバックアップ。米国のメジャープロスポーツ選手も使用している、NSFアンチドーピング認証取得の「サン・クロレラAパウダー」の提供による健康管理を行います。サン・クロレラ サイクリングチーム「SUN・CHROSS」は、今後様々なエンターテインメントを発信していきます。



■株式会社サン・クロレラ 概要

社名  : 株式会社サン・クロレラ

代表者 : 代表取締役社長 中山 太

所在地 : 〒600-8177 京都市下京区烏丸通五条下ル大坂町369番地

事業内容: 健康食品の開発・製造・販売、輸出入等

URL   : https://www.sunchlorella.co.jp



■サン・クロレラのスポーツ支援は「サン・クロレラ スポーツ」でチェック!

https://sport-sunchlorella.com/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「187622」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報