ネイチャーカメラマンであり、GLAYをはじめ著名アーティスト...

ネイチャーカメラマンであり、 GLAYをはじめ著名アーティストのライブ撮影も行う 岡田裕介氏が数年をかけて捉えた、フォークランド諸島 に住むペンギンたちの写真集。

『Penguin Being ―今日もペンギン―』が7/20発売! 楽天ブックス購入でGLAYのTAKUROとの発売記念トークイベントご招待も。

株式会社玄光社(本社:東京都千代田区)は、岡田裕介氏のペンギン写真集『Penguin Being ―今日もペンギン―』を2019年7月20日(土)に発売します。



『Penguin Being ―今日もペンギン―』


http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=19260


「優しいけどそれだけじゃ腹は膨れない。

 愛嬌があるけどそれだけじゃ守れない。

 怖いけど飛び込まなきゃ夢は掴めない。」-TAKURO(GLAY)あとがきより



【本書の内容】

日本から飛行機と船を乗り継ぎ1万マイル。フォークランド諸島に住むペンギンたち。

ネイチャーカメラマンであり、著名アーティストのライブ撮影も行う岡田裕介氏が、数年をかけてペンギンのドラマを捉えた。

強く吹き荒れる砂塵の中を進む。ピンク色の空の下で恋をして、時に限りなく広がる青い海に一人たたずむ。空は飛ばない。海は結構泳げる。二本足で歩く。

彼ら一羽一羽の物語を、岡田氏はポートレートを撮るように切り取った。

人が人を撮るのがポートレートなら、ペンギンのポートレートはペンギンが撮ったもの。

そう、この作品は、本当に人間が撮ったのか?と思うほどにペンギンの視点で描かれている。

ペンギンたちはとにもかくにも生きている。美しく厳しい自然の中で、世界の片隅で、今日もペンギンたちは生きている。そんな彼らの姿に開くたびに優しい気持ちに、明日を生きる活力をもらえるようなかつてないペンギンの写真集。

岡田氏が長年ライブ撮影を行うロックバンド・GLAYから、プライベートでも親交があるTAKURO氏があとがきを執筆。


アートディレクション、デザイン:白谷敏夫(NOMADE)

プリンティング・ディレクション:高柳昇



【楽天ブックスにて発売記念イベント開催!】

発売を記念して著者の岡田裕介氏とTAKURO氏(GLAY)とのトークイベントを開催いたします!


参加条件:楽天ブックスで本書をご購入の上、抽選で当選した方


URL: https://books.rakuten.co.jp/event/book/photo/penguinbeing/

※参加方法は特設サイトをご覧下さい。



【楽天ブックス限定特典】

・イベントレポート閲覧権

 ※「岡田裕介×TAKURO(GLAY)トークショー」の当日イベント内容を網羅した

  イベントレポートのサイトアクセス権を購入者限定でご案内します。

  (7月末頃予定)



【本の概要】

タイトル: Penguin Being ―今日もペンギン―

発売日 : 2019年7月20日

判型  : B5変型判 96ページ

定価  : 1,400円+税

ISBN  : 978-4-7683-1212-4

URL   : http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=19260

出版元 : 株式会社玄光社



【著者】

岡田裕介(おかだ・ゆうすけ)

1978年埼玉県生まれ。大学卒業後、フォトグラファー・山本光男氏に師事。2003年よりフリーランスフォトグラファーとして独立。沖縄・石垣島・ハワイ・オアフ島へ移住を経て、現在は東京を拠点に活動中。自然写真では、水中でバハマやハワイのイルカ、トンガのザトウクジラ、フロリダのマナティなどの大型海洋ほ乳類、陸上で北極海のシロクマ、フォークランド諸島のペンギンなど海辺の生物をテーマに活動するほか、ミュージシャンのライブ撮影も行い、雑誌、広告などに作品を発表している。


受賞歴:

National Geographic 日本版 2009 最優秀賞

National Geographic International Photography Contest 2009 奨励賞

Nature's Best Photography Japan フォトコンテスト2013 準グランプリ



【会社概要】

商号  : 株式会社玄光社

所在地 : 〒102-8716 東京都千代田区飯田橋4-1-5

設立  : 1931年

事業内容: 出版

URL   : http://www.genkosha.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「187049」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報