ジボダン社、ベトナムのフレーバー会社、Golden Frog社を買収

天然原料分野の市場リーダーとしての地位を強化

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、取締役副社長、フレーバー事業部門管掌:増本 聡)は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニー、ジボダン社(スイス)が、2020年に向けての5か年計画の一環として、天然原料分野を強化し、アジア太平洋地域の高成長市場での存在感を高めるため、ベトナムのフレーバー会社、Golden Frog社を買収することで合意に達したと発表しました。


取締役副社長、フレーバー事業部門管掌:増本 聡


Golden Frog社は、食品・飲料業界向けにナチュラルフレーバー、抽出物、エッセンシャルオイル等を製造し、あわせてベトナムが誇る生物多様性から生み出されるハーブ、スパイス、フルーツや野菜の抽出物、エッセンシャルオイルをはじめとする幅広い天然原料製品を提供しています。ホーチミン地区にある本社と製造施設に156人の従業員を擁し、ASEAN市場のニーズに応えています。


ジボダン社フレーバー部門プレジデントのルイ・ダミコは次のように述べています。「天然原料分野の製品やサービスを強化、拡大することがジボダン社の最重要課題であることに変わりありません。Golden Frog社の製品ポートフォリオと人材、ノウハウが新たに加わることで、今まで以上に完璧かつ競争力のある天然ソリューションを、世界はもとより、ベトナムやアジアのお客様にお届けすることができるようになります。」


アジア太平洋地域コマーシャルヘッドのモニラ・コタリは次のように述べています。「人口が9,700万人を突破したベトナムは、アジア太平洋地域の中でも、ジボダン社が成長する大きな可能性を秘めた市場です。Golden Frog社の天然原料のポートフォリオと、天然原料分野における当社の長年の実績と持続可能な調達活動とを組み合わせることで、同国での当社のリーダーシップをさらに強化するとともに、ジボダン社のお客様、社員、そしてベトナムのみならずASEAN全体の地域社会に多くの恩恵をもたらすことができます。」


今回の買収条件は非開示ですが、Golden Frog社の事業が加わることにより、ジボダン社の2018年の売上高は約1,000万スイスフラン増加することになります。なお、ジボダン社は、今回の買収を手元資金で賄い、2019年後半には買収を完了する予定です。



■ジボダン社について

ジボダン社は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーです。食品・飲料・家庭用品・香水のメーカーなどと密に連携し、世界各地のお客様に喜んでいただける味と香りを開発しています。お客様の嗜好を把握したいという情熱と、革新的製品へのあくなき探求心を基に、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニーとして「engage your senses(あなたの感性を魅了する)」フレグランスとフレーバーを創り出してきました。2018年の売上高は55億スイスフランに上ります。ジボダン社はスイス本社のほかに、145を超える地域に拠点を構え、従業員も全世界で約13,600名を擁しています。日本市場には1920年代に参入し、1973年にはジボダン ジャパン株式会社を設立、幅広く日本で事業を展開しています。ジボダン社の詳細は、 https://jp.givaudan.com をご覧ください。



■ジボダン ジャパン フレーバー事業部について

1970年創業のジボダン ジャパンは、東京都心に立地する業界最高水準の技術センター兼オフィスを拠点に事業を展開しています。総床面積4,000平方メートルのこの拠点には、研究部門、営業・マーケティングおよびサプライチェーン機能が集約し、調香研究、応用研究、フレーバーサイエンス、官能評価など、ジボダン社のあらゆる技術サービスを提供しています。ジボダン ジャパン フレーバー事業部の詳細は、 https://jp.givaudan.com/flavours をご覧ください。



■Golden Frog Flavor & Fragrance社について

Golden Frog社は2002年に設立され、食品・飲料業界向けにナチュラルフレーバー、抽出物、エッセンシャルオイル等を開発するベトナムのフレーバー会社です。ホーチミン地区に本社を置き、ベトナムで156人の従業員を擁しています。同社のウェブサイト: https://goldenfrog.com.vn/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「186213」を
担当にお伝えください。