アレルギーおよび自己抗体検査用の全自動・免疫蛍光分析装置「フ...

アレルギーおよび自己抗体検査用の全自動・免疫蛍光分析装置 「ファディア200」を日本市場にて新発売

サーモフィッシャーサイエンティフィック ジャパングループ(グループ本社:東京都港区、代表:室田 博夫)は、アレルギーおよび自己免疫疾患の臨床検査用免疫蛍光分析装置である「ファディア200」を、本日より日本市場にて販売開始することを発表します。ファディア200について、2019年4月19日に独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)への医療機器製造販売届出を完了しています。ファディア200は、年々患者数が増加しているアレルギーおよび自己免疫疾患の診断を支援するために、より洗練されたフレキシビリティと自動化処理を臨床検査室に提供します。


ファディア200


当社の免疫蛍光分析装置「Thermo Scientific ファディアラボラトリーシステム」製品ラインアップに新しく追加されたファディア200は、卓上設置が可能なコンパクトタイプの免疫蛍光分析装置です。限られたスペースを最大限に活用することで、中小規模の検査室の生産性向上に貢献します。また、検体のバーコード読み取りから結果報告に至るすべての検査工程を全自動処理することもできるため、検査業務の省力化につながります。加えて、従来機種(免疫蛍光分析装置「ファディア100」)と比較して検体処理能力も向上(最大で2倍)し、より効率的な検査運用が可能です。


ファディア200は、アレルギーと自己免疫疾患の診断補助に有用な多種の検査項目(アレルギー検査:約200種類、自己抗体検査:12種類)の中から、検査室や臨床のニーズに応じた検査項目を簡単に選択、追加、変更することができます。また、他のファディアラボラトリーシステムと同様、ファディア200は精確な検査データを提供するため、検査品質の向上にも貢献します。


ファディア200に内蔵されている「Thermo Scientific Phadia Primeソフトウェア」を使用することによって、LIS(Laboratory Information System)接続および複数のファディアラボラトリーシステムを一つのネットワークに統合することができます。一方、本体に組み込まれているタッチパネルを用いてスタンドアローンで使用することも可能です。ニーズに合わせた柔軟な運用環境の選択肢を提供することにより、検査室の効率的な運用を支援します。


サーモフィッシャーサイエンティフィック インコーポレイティド免疫診断事業部プレジデントのStefan Wolf(ステファン・ウォルフ)は次のように述べています。「アレルギーおよび自己免疫疾患分野における検査は今まで以上により速く変化しています。検査の自動化と効率化を提供するファディア200は、あらゆる検査室に対して大いなる前進をもたらし、検査室の継続的な成長を支援します」



■製品概要

販売名      :ファディア200

製造販売届出番号 :13B3X00020000002

一般的名称    :免疫蛍光分析装置

医療機器分類   :一般医療機器(クラスI)

使用目的または効果:抗原/抗体の活性値を測定するために蛍光マーカを

          用いる方法で、生体液中の成分と試薬を反応させ、

          蛍光試薬から発せられる蛍光強度を検出し抗原または

          抗体量を測定します。

寸法       :800×600×550mm(幅×奥行き×高さ)*

          *シグナルタワーを含まない



■サーモフィッシャーサイエンティフィックインコーポレイテッドについて

サーモフィッシャーサイエンティフィックインコーポレイテッド(本社:米国マサチューセッツ州ウォルサム、NYSE:TMO)は、240億ドル超の収益と世界中に約70,000人の従業員を擁する、世界をリードする科学サービス企業です。私たちのミッションは、私たちの住む世界を「より健康で、より清潔、より安全な場所」にするために、お客様に製品・サービスを提供することです。私たちはお客様がライフサイエンス研究をさらに加速させ、分析における複雑な課題を解決し、臨床診断性能を向上させ、医薬品を市場に提供し、研究室の生産性を高めることを支援します。当社の強力なブランドである、Thermo Scientific、Applied Biosystems、Invitrogen、Fisher Scientific、Unity Lab Servicesブランドは、革新的な技術、購入における利便性、包括的なサービスとサポートにおいて、他に類を見ない組み合わせを提供します。

URL: https://www.thermofisher.com

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報